• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2018年12月07日 イイね!

【プチオフ】Tatsuya.さんを訪問

【プチオフ】Tatsuya.さんを訪問2018年12月4日の火曜日は、浜松方面での仕事が終わってから、Tatsuya. さんを訪問した。


ずっと以前から、軽トラ・軽バン世界一決定戦のチャンピオンマシンのアクティを見たかったのだ。







■ATAWORD Honda HA6 ACTY Truck

Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



「モデューロ・カラー」のイメージが強い、Tatsuya. さんのアクティだが、今は一旦、次のカラーリングに向けて、白/黒になっていた。

コレはコレで「圧」があるなぁ。





Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦 E07A MTREC

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦 E07A MTREC

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



ビートE07Aのヘッド、MTRECなどにスワップされたエンジン。

DI化+Haltech制御!


(そういえば、私のビートも、11/11のセントラルでのレース後にDI化するつもりで、DIやらヘッドカバーやら準備済だったのだが、そもそも11/11のセントラルに出走することすら叶わなかった。。。)



Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)






→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)





→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)


↑大量の軽め孔だけでなく、窓もアクリル。





■EVOLTECH ATAWORD Honda HA6 ACTY Truck

Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



我々の知る Tatuya. さんのアクティに見えるが、こちらは、Tatuya. さんがビルドしているエボルテックさんのアクティ。

カッコ良すぎです。



Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)





■Honda PP1 BEAT + JA4 TODAY



→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)


最近はトゥデイでのサーキット走行や、今後のアップデート計画が進行中とのこと。

楽しみです。


=======================


短時間でしたが、会話ができて、見たかったアクティをじっくり拝見、写真撮影ができてとても楽しかったです。

ありがとうございました m(u_u)m


Honda Acty HA6 ATAWORD ホンダ アクティ 軽トラ・軽バン世界一決定戦

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)






●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2018/12/07 00:28:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
2018年06月23日 イイね!

【ビート】【プチオフ】TA3さんとプチオフ

【ビート】【プチオフ】TA3さんとプチオフTA3さんのガレージ近辺に出張することは、ちょくちょくあって、一度お邪魔しようと思っていた。

昨夜、ようやく実現。










■Honda Beat TA3号

Honda Beat PP1 ホンダ・ビート

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda Beat PP1 ホンダ・ビート

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda Beat PP1 ホンダ・ビート

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda Beat PP1 ホンダ・ビート

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda Beat PP1 ホンダ・ビート

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



昨夏2017年7月30日の「烈 at MLS」でハジメテ拝見して、サーキットで良くご一緒する他のビートとは異なった文法、かつ、シッカリと考えられたアプローチで、丁寧に仕上げられたこのビートのファンになった。


昨夜は試乗機会、また、TA3さん運転の助手席機会も頂けた。
ありがとうございましたm(u_u)m




■Honda CR-X SiR EF8 TA3号

Honda CR-X SiR EF8

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda CR-X SiR EF8

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda CR-X SiR EF8

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda CR-X SiR EF8

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)




Honda CR-X SiR EF8

→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)



・・・・と、TA3さんが、ジムカーナSAクラス参戦に向けて、レストア、準備作業中のEF8 CR-X。


私も20年以上前にCR-X(SOHCのEF6だケド)のに乗っていたこと、

今でも大好きなデザインで、見かけるといつも激しく心惹かれること、

私が手放してから20年間、目にする機会はあっても、乗る機会はなかったこと


・・・などから、CR-Xをじっくり拝見して、駅~TA3のガレージまでの短距離とは言え、運転席も助手席も体験させて頂けたのは、とても幸せだった。

ありがとうございましたm(u_u)m

クルマの仕上がり、楽しみにしています。



20時ぐらいから始めたプチオフだケド、気づいたらAM4までダベっていました。。。。(AM1:30ぐらいのつもりで時計見てビックリした)


同じ車種、同じホンダ車でモータースポーツに取り組んでいる・・・・と言っても、みんなそれぞれに、

・異なるバックボーン
・異なる流儀
・異なるポリシー
・異なるアプローチ
・異なるプライオリティ

があって、どっぷり会話したり、クルマを見たり、試乗したり・・・・は、良い経験、知見、刺激が得られ、有意義だ。



TA3さん、長時間のプチ(?)オフ、お疲れ様でした+ありがとうございました!




●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2018/06/23 20:18:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
2018年05月24日 イイね!

【JSAE2018】人とくるまのテクノロジー展2018 | 1: HONDA、TOYOTA、AISIN

【JSAE2018】人とくるまのテクノロジー展2018 | 1: HONDA、TOYOTA、AISIN今年も、パシフィコ横浜「人とくるまのテクノロジー展2018」に来場。


興味があるモノをじっくり観察したり、写真撮影する時間が捻出できないので、大味で、写真映えするモノを中心に撮影。








■ホンダ

●HONDA N-BOX ボディ骨格

HONDA N-BOX ボディ骨格



●HONDA GOLDWING エンジン

HONDA GOLDWING エンジン





■トヨタ

●トヨタ 新型 3.5L DI ツインターボ V6 ガソリンエンジン



→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)





→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)






■アイシン

●アイシンAW 高容量FR用 10速オートマチックトランスミッション AWR10L65



→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)


↑Lexus LC500用



●AISIN AW 高容量FR用マルチステージハイブリッドトランスミッション AWRHM50



→ 高解像度画像(リンク先のPHOTOHITOで更に写真をクリックするとフル解像度写真に)


↑Lexus LC500h用



今日はもう寝ます。続きはまた今度。





●自動車技術関連関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2018/05/24 00:30:00 | コメント(2) | トラックバック(3) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
2017年08月23日 イイね!

【ビート】【プチオフ】ビート・りぼ菌♪号

【ビート】【プチオフ】ビート・りぼ菌♪号今、浜松(眠い)。


クルマ(FD2)移動で浜松に夜入りだったので、前日の夜アポで、私のVPROの師匠である、りぼ菌♪さんを訪ねた。

VPROでは随分いろいろ御教示頂いてきたが、実際にお会いするのは、2回目。
2015.04.29の烈ビート+トゥデイ以来。





夜のフラッシュ撮影は練習不足で、写真のクオリティが低いのだケド・・・




弱ウエットのアップダウンの激しいワインディングで、E07AターボでLINK制御な、りぼ菌♪号を試乗させて頂いた!






↑リアのフェンダー処理が美し過ぎて感心した。





【感想】

- 「盤石」って言葉を使いたくなるぐらい、剛性感があって、ドッシリしたふんばり感のあるシャシーと足回り。
かなり安心感がある。そして、乗り心地も良い(今晩は街乗り用に減衰はもっとも緩い設定だそう)。
ドイツ車っぽい。(911ってほどではナイのだが、軽自動車とは思えないドッシリ感。)
かと言って、鈍重な感じではない。

- コントローラブルで、フロントのグリップレベルが掴みやすい。
ブレーキングが本当にコントローラブルで、安心感がある。
改めて自分のビートの足回りの残念さを痛感した。

- ターボエンジンが本当にパワフルでカルチャーショックだった。
「盤石」で「破綻しそうにない」足回りなのだが、それでも、有り余るエンジンパワーによって、雑なアクセルワークをするとパワースライドしてしまいそう。
何も考えないで運転するとON/OFFになってしまうので、丁寧なアクセルワークが必要。

- 今まで運転したことのあるビートで1番速いクルマだと思う。
クルマ造りをする上で、かなり勉強になった。


(※なんか「テキトーに褒めときゃイイ」みたいな感想で嘘臭いんだケド、感じたままを書いています)




試乗後にオッサン二人で夜景を見ながら♪

LINKも見せて頂きました♪



りぼ菌♪さん、貴重な体験+遅い時間までお付き合い頂き、ありがとうございましたm(u_u)m





●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/08/23 02:19:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
2016年05月27日 イイね!

【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 3: DENSO、アイシン

【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 3: DENSO、アイシンUKの朝です。

レンタカーのボルボの撮影会しました。



ブログエントリ: 「【JSAE2016】人とくるまのテクノロジー展2016 | 2: MAHLE」 の続き。





■DENSO(デンソー)

世界No.2のメガサプライヤのDENSO。
統廃合でコロコロと勢力図の変わるメガサプライヤ業界の中で頑張って欲しいものだ。

あまり目新しい展示はなかった。
(それぞれに何か改良点はあるんだろうケド)





何か(搭載車種の確認忘れた)のMG(モータジェネレータ)とPCU(パワー・コントロール・ユニット)。



DENSO ディーゼルエンジン制御システム

いわゆるディーゼルエンジンのコモンレールの制御システム。

あまり目新しさは感じないのだが、説明パネルには

"ディーゼル燃料の超高圧化(2500気圧)と、噴射量フィードバック制御システム採用により、燃焼効率を飛躍的に向上させ、クリーン且つ低燃費を実現するディーゼルエンジン制御システムです"

と書かれており、噴射量のフィードバックがどうも新しいらしい。




■アイシン系列

●アイシンAI BG6 高容量FF用6速マニュアルトランスミッション

アイシンAI BG6 高容量FF用6速マニュアルトランスミッション

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

BMW 2シリーズ アクティブツアラー、グランツアラー
MINIクラブマン
に搭載。

世界のBMWやポルシェにマニュアルトランスミッションを供給するアイシンAIが日本人として誇らしいケド、日本車にはMTのニーズがナイのがなんとも寂しいところ。



●アイシンAW BG6 高容量FF用8速オートマチックトランスミッション(AWF8F35)

アイシンAW BG6 高容量FF用8速オートマチックトランスミッション(AWF8F35)<br / />

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

レクサスRX350 に搭載。



●アイシン精機 電気式4WDユニット



→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

「HV4WD(E-Four)」というヤツか。

新型プリウス(4代目プリウス)に搭載。



・・・じゃ、仕事行ってきます。
Posted at 2016/05/27 16:29:43 | コメント(0) | トラックバック(1) | イベント・展示会・オフ会 | クルマ

プロフィール

「【ビート】ハチマキ施工 http://cvw.jp/b/242406/44218061/
何シテル?   07/26 20:21
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

KENJI-Fさんのスズキ エブリイワゴン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/21 07:14:14
mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.