• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2015年03月29日 イイね!

【PP1】【ECU】サウンドスコープA002 改造、取付

【PP1】【ECU】サウンドスコープA002 改造、取付2月頭に購入していたものの、忙し過ぎたり、3月はまるまるビートをキャドカーズさんに預けてたり・・・・

・・・で、購入時の状態のまま放置してた「自動車用サウンドスコープ エンジン異音発見器 A002」



ノッキング検知用。

いわゆる聴診器の先がシースになってるモノ。


ノックアンプが高価で、中古の出物がほとんどないので、とりあえず580円のコレを 笑。


洋物で、パッケージには

Mechanic's Stethoscope Item No. 01168

と書いてある。





"車載するにはホースが短いので、ゴムホースを長いものに差し替えて使うと良いよ"

とキャドカーズ社長さんに御教示頂いていたので、ホームセンターで耐熱も考えてシリコンホースを購入していた(これも2月頭)。

バーコードのタグに「4*6」と書いてあるので、内径Φ4、外径Φ6かな?





黒い球状の部分とシース部分がガタガタし、このガタもモロに、耳に異音として入ってくるので、中身を見てみた。

あまりにチープな造り。

シースの先に薄い金属のダイアフラムが接続されているのだが、シースとダイアフラムが溶接されているわけでもなく、テキトーな「引掛け」となっているので、ここでガタガタする。

「シースによりダイアフラムを動かす機能」以外のガタが生じている。

とりあえず、対策せずにそのまま組み直す。





インマニをシリンダブロックに留めているボルトにサウンドスコープのシースを共締め。

やっぱり黒い球状の部分がガタついたり、手で振れるとガタつかなかったり。
で、ガタついていないときの方が聴きやすい。

うーん。
ビニールテープかなんかでグルグル巻いたら落ち着くかな?

現状はまだ対策していない。


で、黒いホースを抜いて、シリコンホースを接続





シリコンホースをバルクヘッド貫通させるのに、運転席・助手席間の一等地の孔には空きがなかったので、仕方なく、ECUの隣の孔を使った。

ちなみにシリコンホースの肉厚が薄いので、「く」の字に折れ曲がりやすいので、折れ曲がらないようにエンジンルーム内でも車室内でも、ゆるやかなアールを描くよう取り回し、要所要所をインシュロックで固定。


2速WOTでレブまで、3速WOTでレブまで・・・など試走してみたが、うんうん、ちゃんと使えてる。
ノッキングらしい音はしていないので、点火時期はまだまだ詰めることができそう。

聴診器を両耳に入れてると、結構爆音なので、長時間使用では頭がおかしくなるのと、他車のクラクションなどが聴こえにくいので注意が必要。



●ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2015/03/29 20:10:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート ECU | クルマ
2015年03月28日 イイね!

【PP1】車検、タコメータ交換(Defi)、フロントタイヤ交換(Z2☆)

【PP1】車検、タコメータ交換(Defi)、フロントタイヤ交換(Z2☆)3月頭に、車検+もろもろ作業でキャドカーズさんに預けていたビートが昨夜帰ってきた。

とてもウレシイ。

オドメータ: 58130km


今日は、ビートで休日出勤。






車検と同時に各部の点検をして頂き、以下のメンテナンスをして頂いた。

・ショックブーツ取り外し
・ラジエターキャップ交換(リザーブ、ホース側)
・ラジエターキャップ交換(サブタンク)
・フューエルホース交換(フィルター~インジェクタ)
・フロントロアブッシュ(ガタ、異音)交換
・オルタネータベルト交換





車検ついでにお願いしていた、ショックのダストブーツ取り外し。





2015/2/28の鈴鹿南の日に限って運悪く壊れてしまったタコメータはDefiのレーサーゲージ・タコメータΦ80に交換して頂いた。





見やすさ確保と、油温計とのデザイン統一のため、「文字・目盛は白、針は赤」と決めていたのだが、うっかり、キャドカーズさんの店頭在庫を見て、「これに換えてください」とお願いしてしまった。

全て赤だったのね・・・(うかつだった)。




確かにこさとうさんに御教示頂いてたように、純正タコメータはサバ読んでたようだ。
純正タコメータで9500rpmでサージングしていたのが、このタコメータだと9200rpm程度でサージングする。





酷いフラットスポットができていて、事実上「終わって」いたフロントタイヤ(Z2)を、Z2☆にアップグレード。

フロントはZ2☆、リアは普通のZ2。



ダンロップ・ディレッツァ・Z2 Star-Spec
165-55-R14



さて、ROMのUPDATEとか作業していきたいのだが、また4月も出張続きなんだよな・・・。



●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2015/03/28 16:20:02 | コメント(3) | トラックバック(1) | ビート | クルマ
2015年03月27日 イイね!

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.5 走行ログ分析 S字2つ目~3つ目

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.5 走行ログ分析 S字2つ目~3つ目
2014.12.29の「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28」の自己ベスト 1:05.909 の反省会続き。


ブログエントリ:「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.3 走行ログ分析 1~2コーナー
ブログエントリ:「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.4 走行ログ分析 3~4コーナー、S字1つ目
の続編。


走行動画はこちら。



解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)


※グラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。




■セッティング、環境

気温11.8℃程度、湿度32%程度

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14(使用1年半、サーキット走行10回目←ただし4回雨、フラットスポット有)
R:175/60R14(サーキット使用2回目)

空気圧
 F: 不明(温間2.4スタート、このラップはそれから10周後なので・・・)
 R: 不明(温間2.4スタート、このラップはそれから10周後なので・・・)

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

スプリングレート
F:6k
R:7k

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:3段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230



■S字2つ目

S字2つ目、3つ目は、S字1つ目からの「成り行き」的なウエイトがデカいので、あまり書くことがない気がするんだケド、間違ってたらごツッコミお願いしますm(u_u)m




緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


桃: 赤い~のん?さんの、S字1つ目の立ち上がりは、過去の動画などを拝見していても、一貫して右ベタなので、私もなるべく意識していたつもりだが、ログで見較べると右ベタ度合いの差がある。




緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


S字2つ目進入に際して、桃: 赤い~のん?さん緑: mistbahnも、似たような位置でアクセルオフしているが、緑: mistbahnはS字1つ目からの脱出スピードがとても遅いので、S字2つ目ではアクセルオフなんてしなくて全開で行けたのではないか・・・?





↑S字2つ目進入の緑: mistbahnのステアリング最大蛇角。120°。




↑S字2つ目進入の桃: 赤い~のん?さんのステアリング最大蛇角。120°。



■S字3つ目



緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


茶: 前回(12/29)のmistbahnと較べると、緑: 今回(2/28)のmistbahnはかなり改善できている。

S字2つ目、3つ目のラインだけで評価すると、桃: 赤い~のん?さんともあまり変わらない。


ただ、S字を抜けてからのアドバンコーナーのアプローチは大きく異なるが、これについては次のブログエントリで。





緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


S字3つ目で、茶: 前回(12/29)のmistbahnはアクセルを抜いてしまっていたが、緑: 今回(2/28)のmistbahnはここを全開で走れており、数少ない改善できたポイント。





↑S字2つ目と3つ目の間の、桃: 赤い~のん?さんがステアリングをニュートラル位置に戻した瞬間。




↑S字2つ目と3つ目の間の、緑: mistbahnがステアリングをニュートラル位置に戻した瞬間。
桃: 赤い~のん?さんと比較してもここは悪くナイんじゃなかろうか?






↑S字3つ目の間の、桃: 赤い~のん?さんのステアリング最大蛇角。90°ぐらい。




↑S字3つ目の間の、緑: mistbahnのステアリング最大蛇角。80°ぐらい。
悪くないんじゃないかと思う。



・・・続く。




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2015/03/27 23:51:18 | コメント(1) | トラックバック(2) | サーキット | クルマ
2015年03月27日 イイね!

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.4 走行ログ分析 3~4コーナー、S字1つ目

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.4  走行ログ分析 3~4コーナー、S字1つ目体調不良で、なかなかブログアップが進まない今日この頃。。。

車検と、タコメータ交換、フロントタイヤ交換もろもろのため預けているビートがかれこれ24日ほど返ってきません。。。。(明日=金曜の晩、引き取りとなりそう)
(大阪にほとんどいなかったので、返ってきても乗れなかったんだケド)



2014.12.29の「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28」の自己ベスト 1:04.970 の反省会続き。

ブログエントリ:「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.3 走行ログ分析 1~2コーナー」の続編。


走行動画はこちら。



解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)


※グラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。




■セッティング、環境

気温11.8℃程度、湿度32%程度

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14(使用1年半、サーキット走行10回目←ただし4回雨、フラットスポット有)
R:175/60R14(サーキット使用2回目)

空気圧
 F: 不明(温間2.4スタート、このラップはそれから10周後なので・・・)
 R: 不明(温間2.4スタート、このラップはそれから10周後なので・・・)

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

スプリングレート
F:6k
R:7k

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:3段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230



■3コーナー手前ストレート



緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


「単純にエンジンの差」とした、2コーナー~3コーナー間のストレートだケド、コメント欄やメッセージでシフトチェンジによるタイムロスを御指摘頂いた(ありがとうございます)。

桃: ひろあき!号がビート純正ファイナルギアで3コーナーまで3速しか使わないのに対し、緑: mistbahn号はアクティファイナルで4速まで使っている。

このため、緑: mistbahn号は、このストレートで2→3→4速・・・と2回のシフトアップをしている。

この3→4速のシフトアップが結構なタイムロスとなっている。

動画を見る限り、そんなにノンビリしたシフトアップをしている風ではないのだが・・・。



緑: mistbahn号の4速の車速上昇勾配は桃: ひろあき!号の3速とあまり遜色ないのだが、3速どうしの勾配は、桃: ひろあき!号より寝ている。
ファイナルギアが異なるのでエンジン回転数の比較がしづらいが、高回転域のトルクのタレが顕著なのかも。



ちなみに、茶: 前回(12/29)のmistbahnは、3コーナーでの4→3→2速のシフトダウン操作がイヤで、このストレートは、回転数を頭打ちさせて3速のまま引っ張り、4速には投入していない。

なので、茶: 前回(12/29)のmistbahnは最高速が伸びていない。
ログを見る限り、シフト操作のロスはあっても4速まではもっていった方が良さそうだ。






■3コーナー~4コーナー、S字1つ目

3~4コーナーは、今回(2/28)、走っていて前回(12/29)よりも「イマイチ感」の強かった区間。




緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


ラインだけ見ても桃: 赤い~のん?さんと極端に違うことがわかる。

昨年5月に走ったログに対して、「3コーナーの進入をもっと直線的に」というアドバイスを頂いて、意識していたのだが、桃: 赤い~のん?さんの方が遥かに直線的だった。



桃: 赤い~のん?さんのボトムスピード位置(カーソル位置)から鋭角的にターンされてからの、S字1つ目重視のライン取りが印象的。

緑: mistbahnは、S字1つ目でアクセルオフしている
(※S字1つ目脱出直後にシフトアップ操作をしているため、というのもある)が、桃: 赤い~のん?さんはS字1つ目は無理のないラインでアクセル全開






緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


緑: 今回のmistbahnは3コーナー手前で4速に入れているので、4速から2速へのシフトダウンが必要。

赤い~のん!?さんの超鯱号ドライブ動画なんかを見て、4→3→2速の速いシフトダウンを練習して2/28の鈴鹿南に臨んだのだが、いざ走ってみると、4→3はOKだケド、3→2速で失敗することが多く、結局、4→2速の飛ばしシフトダウンに変更してから、それなりに走れるようになった。

ただし、緑: mistbahnは、「シフトダウンしながらのターンイン」ができず、結果としていちいち切り遅れに繋がっている。




制動Gは桃: 赤い~のん?さんの方が鋭く、でも減速カーブはなだらか。
ボトムスピード位置からの減速G→加速Gへの移行が目を疑うほど唐突。

ボトムスピードは茶: 前回のmistbahn(2014/12/29)が高く、でも立ち上がりがNGという傾向にあったのだが、緑: 今回、ほんのキモチ、立ち上がりを改善できている。



緑: mistbahn、3コーナーも4コーナーもタイヤを横方向にはシッカリと仕事させているようだから、後は「どう仕事させるか」と、「どうタテに使うか」なのかな。





↑3コーナー進入、緑: mistbahnのステアリング最大蛇角。225°ぐらい。
一度にズバッと行かず、ちょっと切り足した結果がコレ。




桃: 赤い~のん?さんの3コーナーに向けてのステアリング最大蛇角。190°ぐらい。







↑3コーナー~4コーナー間、緑: mistbahnのボトムスピード位置。







↑4コーナー立ち上がり、桃: 赤い~のん?さんがステアリングをニュートラルに戻した位置。
桃: 赤い~のん?さんは、ニュートラル位置での保持時間は皆無で、左蛇角から、ズバッと一気に右蛇角に移行している。





4コーナー立ち上がり、緑: mistbahnがステアリングをニュートラルに戻した位置。
遅いんだよねぇ。。。

S字的な区間では、ステアリングを反転させるときは、スピン防止のため、一旦ニュートラル位置で「ため」を作るようにしているのだが、見直すべきか。







↑S字1つ目、桃: 赤い~のん?さんのクリップ位置。




↑S字1つ目、緑: mistbahnのクリップ位置。ここは悪くない感じ。


前述のように、S字1つ目で桃: 赤い~のん?さんはアクセルオフせずに全開。

緑: mistbahnはアクセルオフでタイムロスしているが、ラインの問題だけではなく、S字1脱出でシフトチェンジをしている・・・



・・・から。

アクティファイナルが、個人的には鈴鹿南では合わないコーナーが多く、ここもその典型で、S字2つ目脱出時にシフトアップした方がベターにも思えるし、どこでシフトチェンジしてもアカン気もする。



・・・続く。




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2015/03/27 00:06:10 | コメント(4) | トラックバック(2) | サーキット | クルマ
2015年03月19日 イイね!

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.3 走行ログ分析 1~2コーナー

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28 part.3  走行ログ分析 1~2コーナー・・・相変わらずの栃木生活。
毎日遅くまで残業でクタクタなのと花粉症と腰痛が酷いのと・・・で、なかなかブログアップが進まない。。。


2014.12.29の「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2015.02.28」の自己ベスト 1:04.970 の反省会。

走行動画はこちら。



解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)


※グラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。




■セッティング、環境

気温11.8℃程度、湿度32%程度

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14(使用1年半、サーキット走行10回目←ただし4回雨、フラットスポット有)
R:175/60R14(サーキット使用2回目)

空気圧
 F: 不明(温間2.4スタート、このラップはそれから10周後なので・・・)
 R: 不明(温間2.4スタート、このラップはそれから10周後なので・・・)

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

スプリングレート
F:6k
R:7k

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:3段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230



■1コーナー~2コーナー



緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)


↑まず、緑: mistbahnは、前Lapの最終コーナーでハーフスピンしてド減速してからの立ち上がりなので、メインストレートの車速が伸びていない。

hiko673さんに、「0.5秒ほど損している感じ」とコメント頂いたが、まさしく0.5秒ほどロスしている。(グラフは横軸が距離だからわかりにくいが)






緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)

今回のmistbahnのラインは、前回より改善できている。

赤い~のん?さんが1コーナーをオーバーシュートしているようなラインを取っているのは、1コーナーのインに砂が撒き散らされていたため、これを避けてのライン取り。






緑: mistbahn(ドライ、1:04.970)
桃: 赤い~のん?さん(ひろあき!号をドライブ。1:02.133!!!)
茶: mistbahn(2014/12/29 1:05.909)

前回のmistbahnの傾向は「ボトムスピードはやたら高いケド、立ち上がりがダメ」というものだったが、この1コーナーを見ていると、ボトムスピードも圧倒的に 赤い~のん?さんが高い!


赤い~のん?さんの1~2コーナー中間部分での1.9G程度の強烈な横Gがナゾ。


2コーナーのボトムスピードや立ち上がりは、 赤い~のん?さんと較べても悪くないのだが、1コーナーで頑張っていない分、本当は2コーナーをもっと有利に運べたハズ。


メインストレートで0.5秒程度ロスしていると前述したが、2コーナー脱出まで既に1秒差を付けられている。





mistbahnの1コーナー、ボトムスピード/横G最大位置。




赤い~のん?さんの1コーナーへのターンイン。






赤い~のん?さんの1コーナー出口。
この時点で、既にステアリングはセンター位置に戻っている!




↑ほぼ同じ位置でのmistbahnは、ステアリングをまだ120°ほど切った状態。戻せていない。
目線もよろしくナイ。




mistbahnはやっとここでステアリングをセンター位置に戻せている。


・・・この差なのだ。








2コーナーのアプローチ、ステアリング蛇角、ボトムスピードは、 赤い~のん?さんmistbahnも良く似た感じ。








2コーナーからの立ち上がりも、 赤い~のん?さんmistbahn、良く似た感じ。
このあたりは、前回より改善できている。






2コーナー~3コーナー間のストレートで更に差をつけられてしまっている。

脱出速度の問題などではなく、これは単純にエンジン差だと思う。

mistbahnはタコメータのトラブルで、勘と音だけでシフトチェンジしているので、パワーバンドを使いきれているか微妙なところだが、それを差し引いてもパワー差がある。
鈴鹿南だからこの程度の差で済んでいるが、鈴鹿フルなんかだともっと重たい差。

ここはmistbahn号のパワートレインをもっとUPDATEしていきたいところ。




・・・続く。




●サーキット走行 関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2015/03/19 23:40:11 | コメント(1) | トラックバック(1) | サーキット | クルマ

プロフィール

「【ビート】ハチマキ施工 http://cvw.jp/b/242406/44218061/
何シテル?   07/26 20:21
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

KENJI-Fさんのスズキ エブリイワゴン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/07/21 07:14:14
mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.