• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2020年07月07日 イイね!

【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量

【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量ブログエントリ: 「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ撤去

の続き。

無駄に精度の高い電子秤で、撤去部品の計量をした。



alt

ブロア: 2353.9g



alt

ヒータユニット: 3480.4g



alt

エバポレータのケース: 480g



alt

金具類、ホース、ボルト類: 942.5g



以上合計、7257g。

うーん、思ったより軽い(-_-;)


全部を大きいゴミ袋に入れて運んだ感じは10kg以上ある印象だったケド。

捨ててしまったセンタートンネル内配管や、LLCを足すともう少しあるんだろうケド。

あ・・・エアコンの操作パネルの計量忘れているな。ほとんど足しにならないケド。


【参考】

ブログエントリ:「【PP1】【軽量化】コンプレッサ、ブラケット、周辺ホース重量

ブログエントリ:「【PP1】【軽量化】エアコン コンデンサ、リキッドタンク、配管重量




●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2020/07/07 17:45:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビート軽量化 | クルマ
2020年07月05日 イイね!

【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ撤去

【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ撤去alt

ビート mistbahn号の最後の人権「ヒータ」を撤去することに。



alt

ブロアとエバポレータの取外し手順は、私の過去の整備手帳がわかりやすかったので、自分で自分の過去整備手帳を見ながら作業。

整備手帳: 「【PP1】【軽量化】エバポレータ撤去1

整備手帳: 「【PP1】【軽量化】エバポレータ撤去2



alt

エンジン修理時に、ASLANさんに

・エンジン側のヒータ送り配管のメクラ

・ラジエータ側のヒータ取合配管のメクラ

・ヒータユニットの配管バイパス

・センタートンネルのヒータ用LLC配管の撤去

を済ませて頂いている。

ヒータユニットの入口ポート、出口ポートをバイパスしているホースを取り外す。


alt

ヒータユニットを固定しているナットを外す。



alt

ダッシュ部の左右に渡っているバーのボルトを全て外し、バーを自由位置にして、ヒータユニットを引っ張り出す。

ついでにバーを黒系塗装したかったケド、時間がなかった。



alt

ヒータユニット撤去!

かなり爽快感アリ!!!



alt

まだ計量していないケド、10数kgあると思う。
会社にもっていって後日計量する。
7/6追記: 実際に計量したら7267gしかありませんでした。。。

センタートンネルの配管は、ASLANさんに捨ててもらったので重さ不明。

モノの重さだけでなく、LLCの重さもあるから、結構な軽量化だよね。



alt

エアコン関連のハーネスをどうするか、メンテナンスマニュアルも見ながら悩む。。。

不要な配線がどれかはわかるんだケド、コネクタによっては、必要な線も共存しているので。

皆さんは不要な線はどう間引いているんだろう?
必要なコネクタに関しては、不要線をコネクタ付け根で切断とか?

軽量化のためにも間引きたいが、それだけでなく、

・不要なケーブルがあると見苦しい
・不要なケーブルがあるとトラブルシューティングしにくい

ので、間引き作業をしたいが・・・

・・・今日は長考して、結局何も間引かずに仕舞い。

アドバイスください!




alt

エアコンの操作パネルがなくなったので、インパネ類を整理。

時間のあるときに一枚モノで作り直したい。

ハザードスイッチなんて両面テープで貼って、インシュロックで固定しているだけの仮設感炸裂だし。

純正ハザードスイッチが自作パネルに埋め込みにくい形状なので、別のものに交換したいのだが、ハザードスイッチになんか結構な本数配線されているので、どうして良いのかわからない。。。




alt

ガバッと空間ができているので、本当にスッキリ。
コレがそもそもあるべき姿だと思える。

デフロスタは、Amazonに1400円~3500円ぐらいで、

・12V駆動
・ヒータのON、OFF付
・ファン付
・350~500gぐらい

のものがいろいろあるので、選んで買う予定。

本来は、暖機に時間がかかる際に、暖機を待たずに、ダッシュボードに取り付けて、窓の凍結とか結露を除去するための製品群。

SHORAIのバッテリーで電力量は足りる計算。




ビート、トゥデイ、S660、その他ホンダの軽自動車の皆様、

2020年8月31日(月曜)のHONDA VTEC ONE MAKE RACE 鈴鹿フルコース

に参戦しませんか?(mistbahnはエントリー済)





●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2020/07/05 19:47:34 | コメント(6) | トラックバック(0) | ビート軽量化 | クルマ
2020年06月25日 イイね!

【ビート】運転席側エアインテークを塞ぐと弊害はあるのか?

【ビート】運転席側エアインテークを塞ぐと弊害はあるのか?先日のブログエントリ:「【ビート】運転席側ブラインド・エアインテーク 自作」

で、ドラッグ低減軽量化のために、ビートの運転席側のサイド・エアインテークをFRP成型した部品で塞いだことを公開した。

alt

alt


みんカラ、FaceBook、Twitterなどで、いくらかコメントを頂いた。
(皆様、ありがとうございます)

「以前、燃料タンクの冷却(気流あり)に貢献していると何かで読んだ記憶があります。」

「運転席側のダクトですよね。
昔、あるビート乗りの友達が燃料タンクを冷却している…と言ってた覚えがあります。」

「このダクトは、燃料タンクを冷やしていると、聞いた事が…夏場燃費のパコレーションを引き起こすとか…
未確認情報では、有りますが…」

「燃料タンクの冷却とは聞いてましたがあまり関係ないのでしょうか…」




mistbahnは、これまで、

「助手席側のインテーク(エンジンの吸気用)に意匠を合わせただけの意味のないダクト」

「燃料タンクがあるからエンジン冷却に貢献しない意味のないダクト」


と聞いてきたのだが、実際のところ、どうなのだろうか?



燃料タンクの冷却用途だとして、燃料タンクの温度が上がるとどういう弊害があるか、考えてみた。




■質量燃料流量(マスフロー)が変わる問題

ビートの燃調はアイドリングや低回転・低負荷領域以外は、オープンループでのスロットル制御。

回転数とスロットル開度のマップに基づく燃料噴射量は、燃料噴射時間で決まる。

燃料温度上昇
 ↓
燃料密度が下がる
 ↓
燃料噴射時間が同じ場合、体積流量(ボリューム・フロー)としての燃料流量は同じだが、質量流量(マス・フロー)としての燃料流量は減となる。
 ↓
燃調がリーン側となる。


・・・という問題というか現象を真っ先に考えた。


mistbahnビートは、フルコン(HKS F-CON VPRO)で、運転席側エアインテーク・ダクトを塞いだ状態(=燃料タンク温度高)で、狙いのA/Fとなるよう、燃調や点火時期などのセッティングを行ったので、問題はないように思える。
A/Fは質量流量で決まるので、適正にセッティングできているように思える。

ただし、V PROには燃調の「吸気温度補正」や「水温補正」などは存在しても「燃料温度補正」という機能がない(そもそも燃料温度センサもない)ので、運転席側エアインテークを塞ぐことで、「単に燃料温度が上がる」だけでなく「燃料温度の変化量が大きくなる」のであれば、ダクトがある場合よりも、負荷条件などにより、A/Fの変化が大きくなる可能性がある。





■パーコレーションの問題

mistbahnは知らなかったのだが、ググってみると、ビートの持病として「パーコレーション」というものがあるそうだ。

夏場になると炎天下の状態でエンジンを停めてしばらくしてから再始動するときに、ガソリンの気化により、燃調パイプ内に気泡が生じる・・・そうだ。
エンジンが冷えるまで症状が回復しないそうだ。

「停車前の走行中に燃料タンクを冷却しておかないとパーコレーションを生じやすくなる」のであれば、ダクトは必要に思える。

「停車中のエンジン温度」が問題だとすると、運転席側の小さいエアインテークダクトがエンジン冷却に貢献しそうなイメージがあまり沸かない。

走行中ではなく、始動時だけが問題なのであれば、夏場にいくらか走ってみて、始動時のパーコレーションが生じないことを確認できれば、ダクト不要?


いろいろググっていると、

「それ(パーコレーション)は給油口を開けてプシューッと圧を抜いてやると問題なく始動してくれます。」

などの情報もあり、その程度の問題であれば、何もしなくても良いようにも思えてしまうのだが・・・。





さて、どうしたものか。

実際のところ、燃料タンク冷却用途なのかを知りたいところ。

エアクリBOXや吸気管のように、燃料タンクのエンジン寄りの面に、DEi REFLECT-A-GOLD を貼り付けてエンジンやエキマニからの輻射熱の対策をするだけで良かったりするとウレシイんだケド。。。

alt

alt


有識者のみなさまの見解をお聞きしたいです。



●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2020/06/25 23:43:42 | コメント(10) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2020年06月21日 イイね!

【ビート】ダッシュ 黒塗装

【ビート】ダッシュ 黒塗装

ダッシュボードを撤去してから、シルバー色のダッシュのフロントウインドウへの映り込みが激しすぎるので、ダッシュを黒塗装することに。

(ダッシュパネルのことはもっとノンビリ考えて取り組みたい)





養生が大変だった。





黒塗装。

プラサフ無し、
ニッサン・スーパーブラック塗装。
ウレタンクリアも無し。





なんかプロみたいにキレイに塗れた。







良い感じだが・・・・

・・・黒でも艶のある塗装だと、エッジ部分がそれなりにウインドウに映り込む。

純正のダッシュボードは良くできているんだな、とか、
レーシングカーで黒スエードを貼る理由も納得だな、とか、
考える。





サーキット復帰への最低限の準備はできた。(まだあれこれ煮詰めていくケド)

秋からのタイムアタックシーズンまで、お金の温存とクルマ作りに集中したい気持ちもあるケド、ボケ防止とマシンのテストを兼ねて、

8月に美浜と鈴鹿フルを計画中。





●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2020/06/21 22:51:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | ビート | クルマ
2020年06月21日 イイね!

【ビート】【軽量化】ロールケージパッド 不要箇所 撤去

【ビート】【軽量化】ロールケージパッド 不要箇所 撤去alt

mistbahnビートは、ロールケージ全周にパッドを巻いていた。

パッドってかなり軽い素材だから・・・と思って、そのままにしていたんだケド、mistbahnビートは一人乗り登録だし、不要部分を撤去してみることに。




alt

ドライバー周辺以外を撤去。

パッド無い方がレーシーでカッコイイな。




alt

撤去したパッド。

計量してみたら、
撤去分の合計が1076gもあった。。。

お金をかけずに短時間でできる、速く走るための努力をできていなかったと反省。。。





●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2020/06/21 19:49:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート軽量化 | クルマ

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.