• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2019年08月11日 イイね!

サンダーバードと生ガス

うわー…。


笑えないけど
これは推進派にも反対派にも
触れづらい話題だよね(笑)

というか。
代謝の悪いこの地域で
よくこんな事するけど…。



よくチェルノブイリと福島を混同する
どうしようもないおバカがいるけど、
その時点で理解する脳みそはないわけだし(苦笑)
この話題は難しい。

ただ、生ガスと、許容量を越える蓄積が
放射線によって見えるからこそ
原子力と言うのは
風評と無関係ではいられない。

残念ながら理解する能力のある人の
減少は手の打ちようがなくて
半導体同様、いずれ
半島にすら日本の技術は遅れをとるだろう…。

生ガスを撒き散らすのがヤバイのは
車と変わんないんだけど
説明しても騒ぐだけのおバカと
あの時期は相手をせざるを得なかったから
そして、社会が事なかれとなっている以上
後世からは
あの頃の日本人は猿のようにバカだよね
って言われるだろうけど
それは甘んじて受けなきゃだろうね

しかしロシアはオソロシアをやるねぇ…。
Posted at 2019/08/11 13:41:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 原発事故の対応 | 日記
2019年02月09日 イイね!

そういやいたねぇ。福島は終わりだって人(笑)

最近は手抜きですが
考えるともう8年近くもブログが続いた
と考えると不思議なものです。

親韓反原発、親朝日という
お決まりのクレーマーに
難癖つけられたこともしばしば
名前を定期的に変えてましたけど(苦笑)

彼らは原発を止めれば
すべては解決する、とか
福島はもう終わりだ、
子供はやられてしまった。
とか
政府の信用はできない、
福島は捨てるべきだ。一年以上たってからも
食材は汚染ニダ
と世迷い事を拡散し、



風評被害を高め、何かあると
悪いのは自民ニダって叫びました。

まぁ、それらはブーメランで
彼らの心の祖国の半島系に突き刺さりますが
言いがかりや難癖の類似性もよくにてましたねぇ。

もちろん交わってアカくなった人も
多そうでした。

と言っても、彼らの難癖や
その論法は昔っからでしたけどね。


さて、十年くらい経ったら
暇があれば彼らのコメントを
改めて敬意を称して
陳列するのも悪くはないかもしれません。

多分そんな暇はないんですけど(苦笑)

その間に我が国の原子力技術は
大きく減退しました。
一言で言えば、すでに手遅れです(苦笑)

事故直後にもっと保護できればよかったのですが…。
アレバ信仰とかもありましたし、
フランス政府がーとかもありましたねぇ。
(今も昔もフランスはああいうお国柄)
どちらにしろ、割と素人な自分が見てもド素人が
原子力を熱く語っていらっしゃいました。

ウリに任せて、これからは
韓国の原子力ニカとかまで言ってました(苦笑)

今時になって、守らなくてはーとか
言ってますが、一線級の技術者はすでに
転用完了しつつあります。

まぁ、結果として…。
後は国が何とかするでしょ(笑)
(そう言う意味では国もこの波を止めがたく
国民の無能化実例に
遠い世ではなるかもしれません。)

かといって、使いこなせる技術者は
異国にも出てきていません。
ノウハウがない国が野望ごときで
こなせないのは、
民主系の政治家が、いくら美辞麗句を述べても
その馬脚を現すのによく似ています。

大事なことは、相手をするなかで
自分自身も結構恥ずかしいことを書いたりしますが
それに怯えず、アホの書き残しを残すことです。
こういう人が大手を振っていた、
と記録することで、かれらが
被害者ニダ、威嚇されたニダ、
謝罪だニダ、賠償ニダと騒ぐのを
防ぐことができます。

一言で言えば、南北マスコミによる
エア被害者詐欺を未然に防止する、
という効果は、割とSNSにはあるのかもしれません。

但し、アホバイトの犯罪自慢、みたいな
名自爆も生まれますが、
それは彼らが死ぬ気で働いて返すと信じます。


ただ、今の日本は余りに失敗の出来ない
レッテル主義になっているのではないでしょうか?
成功し続けるのには、
運と、根回しと、インチキがほぼ不可欠です。(苦笑)
つまり、お膳立てです。
その時点でイレギュラーには
どんどん弱くなっていきます。

とにかくイレギュラーの発生時に
再発防止より、謝罪と賠償を叫び続ける輩は
要注意です。

かけがえの無いものを
謝罪と賠償で補おうと言う発想が
そもそも、ウリニダの始まりです。

とはいえ、一部地域は未だにそれなりの数字が
残ってはいます。
ですが、その事をもって地域全体を揶揄する
手法はあまり誉められたものではありません。

勿論、それを厭わない組織体には
同じことをしてもいいよね?
なんて主旨のエントリーは無いとは言いません。
放っておくと、威嚇なの謝罪せよ、なの
ファビョエスカレートしますからねぇ。

信念も大事ですが、相手にあわせつつも
相手のアカやアカヒ色に染まらないことも大事です。

その辺りは日々経験、という面もありますけどね。
Posted at 2019/02/09 16:26:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 原発事故の対応 | 日記
2017年02月24日 イイね!

【菅直人自爆】めでたしめでたし、と

めでたく、歴史に認定されそうですね。


民主党政権もそれなりに
(ワクチンとして)役に立ちました。
タダチーニとか、いい感じに化けの皮が。

ちなみに原発ルネサンスは
民主党の構想だったんですよね。
東芝くず会社買って自爆しましたけど。

世の中、理想でないと
良いこともあります。
売春婦を騒ぎ立てる工作員は誰かとか


皇室もそう。
気に入らなければ、皇室を揶揄するのは
彼女達と同じ。


ゆめゆめ騙されてはなりません。
世間の眼なんてそんなもの。
いやいや、世間の眼は厳しいのです(苦笑)

組織員以外誰も助ける人が、
いなくなって、基地害教徒は産み出されます。


Posted at 2017/02/24 08:24:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 原発事故の対応 | 日記
2013年12月24日 イイね!

連休の旅をチラッとと、いつの間にか加わっていた第五の壁(笑)

たまには原子力ブログっぽい事も書きますよー。

■皆様連休はどのように過ごされましたか?
ちょっとお仕事兼ねて西に行くチャンスがありましたので、連休中
旅をしておりましたよ。

■と言うか疲れたけど(苦笑)
どこに行ったかと言えば…岡山他に行ってきました。
色々用事があってね。

美観地区にも夜行ってきた。
あそこは昼行くとこじゃないからね。


ちなみに上からも微妙に見下ろせたりしますよ。


**********************
でね、何で、チェルノブイリと違って
日本は大丈夫だったかと言えば…
原発に石棺が「最初っからおまけされてた」からなんですよね。

2011年04月06日
【嫌な発見】チェルノブイリの石棺とは格納容器の外殻であった


■ついでに山陰まで行って来たのですが
特別リクエスト(自分)で、人形峠によってみた。


とは言っても、雪が綺麗なトコなので
上がっただけなんだけどね、ついでにブログでもネタにしてしまう。




********************
■で、一瞬だけ、アトムサイエンス館によって見た。
まあ、展示内容に当然ながら大した変化はないけど
除染の事とかがチラッとだけ書かれていたかな?

面白かったのが…いつの間にか
第五の壁が出現していた事(苦笑)

要するに格納容器外殻の事なんだけど^^;


まあ、裏返せば第五の壁にもひびがあったりする訳でね。
指差した所吹き飛んだじゃねーかとか突っ込み禁止で…


地獄の釜の蓋、と自分は呼んでいるんだけど、開かなくてホント良かった(汗)

*********************************
2011年06月06日
戦前と一緒だけど、何と戦っているかが分からない?


でも書いてるんだけどね。
「ぶっちゃけを書く事」と、その先の判断ってちょっと違ったりする。

もしかするとろくでもない存在を容認するのって…
凄く難しいのかもしれない。
意外に素直につけ足しているサイエンス館を見てバカ受けした。

ついでに今後のネタに、写真をちょこっと撮って来た。
オリジナルの文章だと、100%の間違いだのなんなのうるさいからね。
意外と「素直にちゃんと」書いているのがウケるんだよなー。

人によっては100%科学的に間違いな内容が多いんだろうけど、
思った以上に自分のブログと内容がかぶっていた(苦笑)
説明が面倒な時には使えそうだ。

しかし…2011年は物凄くぶっちゃけていたのだと、
改めてびっくりする。そのクセほぼ安全、容認論を言う訳だから
分からない人には一生分かってもらえないと思うけど…
(別に分かってもらう必要もないし)

所詮個人のブログだから言論の自由だと思う。
大体決めるのは国民の意志…でしょ?
Posted at 2013/12/24 21:11:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 原発事故の対応 | 日記
2013年12月14日 イイね!

沸騰したやかんに水が入るわけないじゃん!

マスコミがなんか100%の化学みたいな寝ぼけたこと言ってるよ。


結局、安定した化学反応や、物理法則が継続的に為されるには、ラボのような安定した継続環境が必要なんだよ。

トラブルっていうのはその真逆。
なぜうまくいくのかは、慎重を期して計算を精緻にしなければいけないけど、うまくいかない理由は、少々手を抜いても問題ない。

水が入るようになったのは、穴が開いて圧力が下がったから。圧力鍋がバカ鍋になったからなんだよね。

その蒸気が出たのが3月15辺りな訳。そして人が近づき続けるために、レスキューが放水したのさ。
でも鍋の蓋までは飛んでいかなくて、水蒸気やスプレーがある程度、蓋をしたから日本は助かった、って訳。

簡単でしょ(苦笑)
それを経験で知っているかどうか、なだけのお話で、こういうトラブルには誤差が付き物。変に計算であわせようとすると、頓珍漢になる。

当たり前の事を当たり前に考えて、勝手に計算でパニクる事を避けるために、統計で補足する、原発は高度な化学議論どころかローテクの塊だからね(苦笑)

化学式や反応環境はうまく成り立たせるために必要であって、うまくいかないときに、手当てができるかどうか?は、そんなのでいいんかい、って事が多い。

トラブるの際には北朝鮮の様に内ゲバをしている暇はないんだよ?
いつどこで正しい知識が必要なのか、これの見極めが一番大事なんだよね。逆に、こんなのでいいのとういうような間違った環境で、正しいプロセスが起きるときもある。

今回の話はだからなんなのの典型だよね。


高度な化学議論とやらはものすごく時間と手間がかかって、だから、この世にはプロセス屋さんがいる。計算されちゃえば後は判断して単純化するだけ、なんですよね。

だからこそ、化学式を出しても仕方がないわけで、ぼかす、或いはフェイクで方向性を間違えないようにするには、統計の目と大局観が必要なんだよ。


水が入る時間こそが危険時間で、何度も繰り返し続けたのは大正解。チェルノブイリと福島の差はそこなんだよね。因みに高度な化学議論だけで動かないのが再処理の難しさ。棄てるにしても同様だよね。なんとか動く欠陥機械は後が面倒なんだ。
Posted at 2013/12/14 06:06:00 | コメント(1) | トラックバック(1) | 原発事故の対応 | 日記

プロフィール

「サイトカインによる死者続出とか結構共通点があるんだよね。GIGAZINE人類史上最悪の伝染病「1918年インフルエンザ」に関する10の誤解
https://gigazine.net/news/20200330-10-misconceptions-about-1918-flu/
何シテル?   04/01 12:44
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ちょっと、お墓参りにいってくる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/19 20:33:09
レッカー・・・orz 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/13 20:55:46
中東に悩む 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/02 08:15:15

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.