• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年11月30日

必読!!憲法9条の本当の脆弱性! 紛争と係争【a disupute で消え去る迷路】

■実は物凄い意地が悪いと言われている私
古くからの知り合いだけが知る
『黒いなあ』とあきれられる^^;
満面の黒い笑顔があるらしい


特定の人物にだけ浮かべてしまう笑顔
そんなのないはずなのにね。
『こら落ち着け』って何だよ^^;

さあて、
2013年11月28日
憲法9条のお勉強と、マスコミの罠と基本姿勢。

の続きを始めますよ!!!!

*************************
■さて憲法9条の脆弱性


紛争に対しての威嚇を拒否する、が
スクランブルに影響を与える事を説いた所
御反論めいたものを頂いた



ほほう、係争と紛争の区別がついてねーじゃねーか・・と
あまりに節度がない言動が目立ったので無視していたつもりだが
見かねたのかヒントを頂いた。



**************************
■さすがだねもの凄いヒントをありがとう^^
と言う事で早速係争と紛争を比べてみようじゃないか!!!! 

そうだこの方確か猛走峠さんとのやりとりで
結構法律に詳しそうな事を述べていた事を思い出したので
まず日本語からね

係争


紛争


確かに日本語では違うよね。
日本語ではね


******************************
■じゃあ、英語に直そうじゃないの?? 

今度は紛争から。


次、係争


(a) dispute, a conflict
え、これって紛争じゃん。
そう、英語では係争≒紛争なのでございますよ。

******************************
■さあ、某新聞の記事をもう一度よーーーーーく見てみよう



そしてわが国の9条をよーーーく見てみよう。


手抜きで意訳すると、
a disuputeを認めよう。いい知恵求む (某新聞)

憲法には a disupute には
武力で威嚇は出来ない。放棄しちゃうぞ


と捉えられなくもないし
(別に逃げ道がない訳じゃないけどさ)
まあ、係争と紛争の意味が
結構違うのは日本であって
世界は違わないってことよ。
(一緒と見なされる)。


*************************************
■ちなみにフォークランド紛争はあっても
フォークランド戦争はない


もう分かるよね。
迷路も何もそんなもんはない訳よ。
相手は国際社会
なんだからね。

************************************
■これが元9条論者の診る
「憲法9条の重大なぜい弱性」
だって言いたいだけで
それを皆がどう感じるかはお任せするし
その憲法を考える権利があるのは
国民投票=国民なんだ。

売国奴のせいで
9条の脆弱性が隠せなくなったのが
自分は非常に悔しい。

そして、それを補完すべきものが
集団的自衛権と言う国に
国連憲章で与えられている権利なんだ。

そこまで考えて、防空識別圏の話を見まわすと
平和ボケしている訳に行かないと
言う事が分かるよね。



************************************
■ちなみに伝統的に警察権は海上保安庁が
そして自衛権を防衛省が持つ訳で
その連携と統合も、今後当然議論される事になる。

■そうやって憲法9条を眺めると
この短い文章の中に多彩なロジックがある事
が分かる。


これは自分の思いこみもあるけど
憲法9条を作った人達は憲法9条の寿命も
考えていてくれたってことなんだ。

9条を愛している
あるいは愛した事がある人間なら
そのメッセージを受け取れるはず。

だからこそ、これは「元9条論者」が
発しなければならない
十字架みたいな物なのかもしれないね。


…キリスト教徒じゃないんだけどね。

*******************************
■そして、この人はどうだか知らないけど

日本語という多彩な言語の意味合いを生かして
言葉遊びをしかけてくるのが、
言葉をつかさどるマスコミの
やり口なんだよね


KYって誰だ。
ここのサンゴは別の意味で
危険にさらされかねないってことだ



危ないのは戦争じゃなく紛争だ。
そしてその準備を着々と進めているのが中国だ
だが先に南沙の後で尖閣にくる。



そして迷路にはまっているのは
日本だけで中国は既に迷路から
抜け出そうとしている事を知るべきだ。
もっともアメリカが弱るまでまだちょっと時間はある。
まずは情報漏洩をとりあえず罰する法律が大事で
「情報を出さない触れない」そういう「心掛け」を
まともな日本人が持つ事が大事なんだと
自分は思うよ


【前後一部訂正しました】
ブログ一覧 | 未来を明るくする為に | 日記
Posted at 2013/11/30 15:58:51

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

憲法第9条と集団的自衛権 その2」 From [ 風がのページ ] 2013/12/02 22:17
この記事は、必読!!憲法9条の本当の脆弱性! 紛争と係争【a disupute で消え去る迷路】について書いています。 憲法9条の脆弱性? それにしても、コメントに対する、返答には、、、興味が ...
ブログ人気記事

【バイク部】新商品!?小さいゼロフ ...
シュアラスターさん

祝令和 太閤出世紅白祝い餅
伊勢さん

そろそろ夏タイヤに交換と思ったら・・
huracan_kazuさん

㊗️デニプチ会13周年🎵
kazupulさん

オアシス🌴に向けて、本部長からの ...
jet74744さん

Rddキャンペーン♪‼ TECH- ...
TECH-Mさん

この記事へのコメント

2013/12/01 12:10:29
こんにちは

また凄い理論を展開してますね。

<(a) dispute, a conflict
え、これって紛争じゃん。
そう、英語では係争≒紛争なのでございますよ。>

日本語なら
係争=裁判などで争う行為

紛争=話がもつれて揉めること

係争はあくまで合法的な解決であり
紛争は実力行使も含むことですよね。

英語に直すと係争も紛争も同じdisputeまたはconflictと訳せますが

dispute= 互いの意見や立場が違うこと
conflict= 互いにぶつかり合う事(武力衝突も含む)

disputeもconflictも 広範囲に及ぶ言葉ですが
当たり前ですが前後の言葉で意味が強調されていきます。

例えばconflictにarmedを足すと

armed conflict=武力紛争

フォークランド紛争=Falklands Conflict
民族紛争=ethnic conflict
領土紛争=territorial disputes
国境紛争=Border Conflict

余談ですが
現時点では尖閣は日本国が以前から実効支配していますから
国際法上の係争地ではなく 「領土問題は無い」とするのが
良いのでしょう。

国際法上如何に英語で表記されるのか知りませんが

係争=dispute
紛争=conflict で宜しいかと・・・
私の英語解釈が間違いであっても
係争と紛争を区別する英語があるのだと思いますよ。

【問題が無い】 または 【係争中】 または 【紛争中】
大きな違いがあると言う事ですね。

問題が無いのに 攻めてきたら 自主防衛可能(一種の警察権の行使)
また国連憲章に違反する行為です。
また係争が武力紛争に発展すると 
自衛権を行使できない可能性があるのでしょうかね。

コメントへの返答
2013/12/01 13:37:23

領土問題がないのは当然ながら日本の公式見解ですよ。国際法上120%日本の領土であることは言うまでもありません。
マスコミや鳩が認めようと言っているだけですよね。
惜しむらくは文意を読み込まずにコメントなさることです。
人を揶揄する前にもう少し、全体を眺めて、明らかに関係のないコメントを遠慮された方がよろしいでしょう。

問題がないのに攻めてきたら国連憲章違反だからこそ、日本国内の一部が係争地と認める方法がないかと言っていると考えればつじつまがあいますね。

中国側の戦略の話ですから当然憲法の脆弱性を突いてきます。
反論したいあまりこちらの論拠を固めて下さるのはありがたいのですが、今は大丈夫だからなにもしないと言うのは、甘いと考えますし、衝突があり漁船をぶつけてきたり、一応国連軍と戦ったり、チベットやウイグルを弾圧するような国に対して無防備であることが問題に将来的にはなりかねない。

その為に、係争地にしようと必死なのが中国やマスコミの姿勢で、偶発であれ衝突を偽装されたり、あるいは尖閣を不法占拠されれば、中国は係争地とより一層主張を強めますし、国際社会も紛争地帯と判断する可能性が高まります。

残念ながら、あなたが判断するなら苦労はないし、あなたが保証しても、欠片も価値はないのですよ?同じことは、私にも言えます。

国際社会におけるロビー活動は、正論だけでは通用しません。区別ができるから大丈夫って誰か、国際社会で保証してくれるのならいいですけどね。
2013/12/01 15:15:51
お返事ありがとう御座います。

<領土問題がないのは当然ながら日本の公式見解ですよ。>

それが一番現状では事を有利に進めるのでしょうね。

<国際法上120%日本の領土であることは言うまでもありません。>

120%の必要が無いからですね。100%で十分なんでしょう。

係争や紛争となると 100%で無くなる可能性が発生することは
誰でも想像出来ますよね?

<マスコミや鳩が認めようと言っているだけですよね。>

学者や政治家の中には
『係争に持ち込め』『係争に持ち込むな』 のふたつの意見が見受けられます。

ようするに 平和的に『国際司法に訴える』べきか?
またそれは係争の原権なり権原を認めることになりますから
日本は不利だとする考えの2種類が存在するのでしょう。

<中国側の戦略の話ですから当然憲法の脆弱性を突いてきます。>

たぶん 9条を変えて 日本が戦争できるようになっても
中国の尖閣に対する戦略は何も変らないでしょう。
紛争に発展すれば 中国は儲けモノですから・・・

9条を変えて 中国への脅威に備えるなら 良いのですが
欧米利権のアラビアの国で 米軍の下請けをするのは
なんか複雑な気持ちになりますね。

余談ですが
自衛隊を国防軍化すると
戦死者が出た場合 今は公務員法で確か9000万円の保障金が出るらしいですが
軍隊となると どうなるんでしょうね?
昔湾岸戦争当時米軍は戦死者に80万程度の支給
最近は困る人が出るので2000万円くらいらしいです。
国防が国民の義務になると
人件費や人身保障は安く済むのでしょうけど・・・

自衛隊の名誉と活動の自由を高めるため 
国軍化と主張するネトウヨな人がいますが
そのあたり どう考えてるのかな?
と思うことがあります。


<国際社会におけるロビー活動は、正論だけでは通用しません。>

そうなんでしょうけど
下らない論理を世界に発信すると
日本は恥をかくのだと思います。

コメントへの返答
2013/12/01 23:11:41
こんばんは、今日は9条愛好者に戻ってコメントしますけど、おっしやられている通り、係争地でなければ、自衛権が使えます。でも係争を認めれば、紛争地と見なされかねない(英語だと概念の差が少ない)
係争を認めようと言う動きは9条にと止めを差す様なものなんですよ。

集団的自衛権がアメリカなの下請けであることもバレバレですが、アメリカが裏切って尖閣を係争地化する可能性も十分ありますから、憲法の脆弱性と言うわけなんです。

使えないならなくそう、って今の世論ではなりがちですから脆弱性たと改善は9条を残したい人が、手打ちの改善案を出さないと、その内根こそぎなくなったあげく、戦争に巻き込まれたりしかねないんじゃないかな?という考えもあると言うことです。

最終的には、憲法さえしっかり変えられていれば実効支配の上で国際司法に待っていっても問題ないのでその辺りで手打ちができれば一番合理的ですよね。

9条の理念じたいは今でも素晴らしいとも思いますから、9条のせいにされないように、今のうちから一部を変えて紛争に巻き込まれても対応できる様にすることはそんなに悪いことじゃないたと思っていますよ。

あと、ロビー活動は、やっぱりそれなりに効果があります。公的な活動じゃないので、恥はかきすてで活動されちゃってるんですよね、真似する必要はないですけどもうちょっとがんばる必要はありそうですね。

それと前後しちゃいましたが、さっき書いたエントリーは、頂いたコメントをターゲットにしていませんので、誤解しないでください。

こんな感じでいかがでしょう。
2013/12/02 12:15:15
係争=dispute
紛争=conflict だと感じますって事を
上で説明しています。

英語のニアンスよくわかりませんが
私の拙い英語力で考えて

CON=互いに
FLICT=ぶつかる

Dis=否定・違い
Pute=考える・意見 

Dispute と Conflictは意味合いが違うと感じますけどね。
言葉は前後の修飾語で意味が変りますから
辞書じゃ同じような訳の付く
dispute、conflict でももっと明確に
することは可能なのでしょう。

簡単な英語訳で 
複雑な外交問題を『係争』と『紛争』を同じくするのは
ダメでしょう?って 話です。

<最終的には、憲法さえしっかり変えられていれば実効支配の上で国際司法に待っていっても問題ないのでその辺りで手打ちができれば一番合理的ですよね。>

↑は尖閣防衛の問題で 中国の脅威に対して軍備なり憲法を変え
国防を備えた上で 国際司法に係争を持ち込む と解釈して宜しいのでしょうか?

どの方法が日本に取って有利なのか知りませんが
例えば 隣の家が 自宅の庭を自分の土地だと言いがかりをつけてくる
隣の家は拳銃で武装をしている。
それに対抗して こちらも拳銃を購入したあと 裁判所に訴え出る・・・

拳銃を購入して防衛の準備をしたことが
相手側の権原を認めたことになるのじゃないかと 感じます。

今の尖閣の現状では 実行支配しているのはまぎれも無く日本
相手の言い分を出来る限り無視して『係争』に持ち込まないのが得策なんでしょう。
実際それを 政府は行っていますよね?

まぁ そんな話はどうでも宜しいですが

係争と紛争は違うということですね。
係争は 互いの主張の違いを現し(英語でも)
紛争は武力衝突も含むって事です。

また 日本が憲法を変えて再軍備しても私はかまわないし
一国民としてそれに従うだけです。

ただ今それを求めるかと言えば求めません。
なぜなら それだけ国民負担が大きくなるからですね。
また尖閣の脅威をネタに 実は米軍の下請け軍隊を作るのが
本当の目的な感じもしますよね。
もちろん 国民がそれを望むならそれでも良いです。

ついでに言うなら

<まずは情報漏洩をとりあえず罰する法律が大事で
「情報を出さない触れない」そういう「心掛け」を
まともな日本人が持つ事が大事なんだと>

たぶん 秘密保護法と言われると
国家戦略的なスパイ活動を思い浮かべてしまいますが
実際福島原発事故処理に この法案は有効なんだと想像します。
今後処理が進むに連れて政府として秘密に出来るのは
良いことなんでしょうね。

もちろん私は一国民として 
なんとも言い様がありませんけど・・



コメントへの返答
2013/12/02 22:35:04
…それを解釈するのは国際社会のお仕事ですし、当然中国側はdisputeで押すでしょうね。

日本人の語彙は他の国よりもはるかに多彩すぎるので、こういう事が可能になります。

日本人のどの人がどう言おうと、自分が中国側のスタッフであればそうします。ロビー活動とはそういう物ですからね。少々間違っていても訳したもの勝ちです。

係争地ではない所で、conflictが起きれば、侵略ですが、係争地で、conflictが起きれば、ただの紛争です。その為には法的に日本の物であっても「日本が係争を認める」と言う事が必要になります。

あと、実際には秘密保護法なんて有名無実です(笑)、但し、秘密を漏らした人を裁く事は出来るようになります。何も知らない国民ではなく、知っている『身内』に対しての法律ですから、その『恣意的に使われるかもしれない』と言う恐れこそが、抑止力になる法律です。

何処までが秘密で何処までが秘密じゃないかなんて分かる訳がありません。実際にはUSB等でデータを持ち出したケースがそのケースに当ります。
それこそ尖閣のビデオ流出が一番のターゲットであって、裁く法律がなかったからこそ、sengokuさんは普通にテレビに出ている訳です(本人は死ぬ気で裁かれる覚悟だったのに、裁く法律がなかったんです(笑))

流出する情報とその人物によっては、赦免を求めるケースも多発すると思います。そもそもsengokuさんが重罪にならないと言う事は同様に機密情報を外国に流した人間も重罪にならないと言う事で、これは大変に組織として問題がある事です。

なので普通の一般市民は心配する必要はないと思います。『公開されないままにもみ消される』事が一番の問題なのですからね。

マスコミなどはその辺り、内部のスパイのリークに多くを頼りますから、『情報筋』が協力してくれない事が怖くて騒いでいるだけです^^;
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@Mikkola さんこんにちは。「防犯カメラの目線が嫌らしい」って万引き犯が言うような風景を想像。」
何シテル?   01/27 09:45
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ちょっと、お墓参りにいってくる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/19 20:33:09
レッカー・・・orz 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/13 20:55:46
中東に悩む 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/02 08:15:15

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.