• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2016年02月20日 イイね!

オイルミスト放出装置(苦笑)と、自然愛護の実態

可愛そうなラプラスカワイルカの赤ちゃん。


ちなみに普通のいるかはこんなのじゃ死にません。
良くはないでしょうけど、
食害の宝庫ですので(増殖中)
蒲鉾などで美味しくいただきましょう。
揚子江カワイルカはめでたく中国様に絶滅させられました。
いい絶滅、ってやつですね。
ま、報道もほとんどありませんでしたけど。

そのくせイルカが可哀想?
ふざけんなと思いますが、
これがデータ上の人間なので

そういう集団が、日本人の民度(キリッ)
と言っているのもまた事実、なので
あんまり持ち上げすぎるとバブルが崩壊します。

好感度ベッキー♪#さんでも見れば
解りやすいですね。

勿論、動物愛護のもと
欧州ではすべては愛護なのです。
アーメン。

白人様の絶滅はよい絶滅、
中国様の虐殺はよい虐殺。
でも、日本人が悪いニダで何度でも騙せます。

さて、蚊を退治する凄い装置が。



何やら無毒な殺虫油を
排気熱で噴霧して、オイルミストにして
蚊を減らすそうです。
PM殺虫オイルミスト…。


何だか喜んでますが…。
蚊は減りますけど、何だかなぁ?
オイルミストは退治しにくい上に
計測しにくいので、環境基準はあまりありませんが、
無、無毒って言われたら信じましょう。
日本人が悪いニダ半島人は可哀想とか、
で騙される人たちと同じようにね(苦笑)

もちろん車からも出ていたりします。
最近は排出規制が厳しいので
ついでに減りつつありますけど、
とりあえずは黙っておきますか?

車文化がーって言われちゃうと困りますからね。
勿論ディーゼル車はもひとつ難しいんですが
でもはっきり言うと、それを騒ぐのは
車禁止で中韓車万歳な輩なんですよね。



だからテレビはドラマだらけ。
創作で刷り込めるなら
安いものです。

創作と言えば、ペンの力(捏造力)
逆ギレしてますね。


アカヒが認めてるからと、
変な人たちに絡まれた記憶もありますが、
まぁ戦地にいけば女を襲いたくなるのは仕方ない(キリッ)
とか断言できる経験者には
なりたくないものです。(理解できないなぁ)

嘘の証言を載せただけで、
嘘はついてない!、グルだっただけニダ。


と言うわけで、丸山さんはドレー扱いから
大統領として選ぶ民度を一応誉めたらしいのですが
(不用意ですけど、大体オバマ家は新参じゃ?)
それを切り取ったのを意外と信じて、怒っている人が
いるのはちょっと不思議でした。

言葉狩りで、差別がなくなるとか、
そういう発想に意外と日本人はやられてますので
言葉狩りで事を済ませたり、
罷めさせて誤魔化せば、支持が上がるのは
お手軽ですけど、国際的には
そういう偏狭性よりも
きちんと主張して誤解を解く法が有効です。

日本は世界の国の一つってだけですからね。

世界にはいろんな国があります。
アフリカは可哀想とか、随分ざっくりした
認識能力だとたまに感心しますが、
アルビノは呪い用とかこれも文化です


どこかの国が犬を食べるのと一緒というわけには
いきませんけどね?
おぞましく思いますが、異文化とはそういう面も
少し含みます。食人もそうですし、
生き残るのに不具合がなければ(クールー)
もうちょっと蔓延していた可能性があります。

大麻信者が、健康にいいと言い張るようにね。
自分も大麻(御札)は何枚か持ってますけど。

人は信じると何でもします。
とても怖くて危険な生き物でもあります。
しかもあっちいったり、こっち来たり、
定見がないのが一番面倒です。

ただ勝手に矢面には立ちますので、
害のない程度に洗脳して焚き付けると
便利です。

武士道をもてはやし出したら
武士道にハングル文化でも混ぜとけば
武士道はコンスである!とかなるわけです。
他にも司馬史観もかなり偏見と創作が混じってます
あいつはいい奴悪い奴。
創作混じりの小説が歴史に早変わり。

結局道は自分で見つけるものです。
例えば激情も必ずしも敵ではありません。
ただ怒りとして出していいとき、
悪いときはありますよね?
激情と対話しその範囲を取り決めること、も
神域では普通に行われます。

増して、日本は習合が長かったので、
歴史ある場所にいけば、そのような場所は無数にあります。


その境が神域にあり、常世、とか
ウツシヨ(幽世)とか呼ばれていますが


自覚はともかくとして、初詣や冠婚葬祭、
観光等を通じて、知る、触れる機会があるのは
日本人にとっての、宝物ですが
残念ながら、居座りや開発、権利の暴走、
等でそれらが漸減しているのは、残念ですけど

それらを強要すると、却って新興宗教化して
災いを為すようで、
その距離感というのは難しいものかもしれませんね。


知れば知るほど謙虚にならなくてはいけない。
但しそれは内面であって、唯々諾々とは違うのは
なかなか難しいものだと思うのでした。
Posted at 2016/02/20 18:33:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 温暖化 | 日記
2016年01月31日 イイね!

春遠からじとオイルミスト

昨日の荒れは信越でしたね。


これで一息つきましたね。
春遠からじと言えます。もうじき立春。
何気にそこまで天気はおかしくもなく。



同じものでも、時間が違えば、また違う見え味をします。


昼には昼の、夜には夜の。


温暖化は何故と言うと、二酸化炭素と
思い込んでいる人がいますが
ちょっと違うのが実情で、


どうも油煙オイルミストが怪しいです。
排ガス規制はそのめやす、にすぎないと


環境保護装置で取り辛いのが油煙です。
活性炭を使うと取れますが、取り替え手間が半端ではありません。
排出されると、軽いので舞い上がり、煤と違って
雨でも落とせません。


光は通しますが、熱は通しづらい。


だから、強力な温暖化効果とそして
熱対流を妨げる働きがあります。


これはまだ仮説にしか過ぎませんけどね。
煤煙を取り去ると光は遮断されなくなります。
皮肉な事ですが、
地球が温暖化されているわけではなく
冷却効果が下がって、排熱がされにくくなっている、
と言うわけで、温暖化が正しければ
温暖化は温暖化を呼ぶのが歴史上なので
この仮説は当たっていてほしくないですね(苦笑)




さて、もうじき立春ですね。


まさに春遠からじ。


光はほんのわずかな時間に角度を変えます。


人の営みは別として四季は巡るのです。


もちろん食欲も(笑)


皮肉にも物に意味を持たせるのは
人の意思と思い込み、
川と思うか、石と思うか、庭と思うか、借景と思うか?
見えたときこそ、万全の分析を。


泳いでいるのか、立っているのか、溺れているのかは
じっくり見てみないと分かりません。


故に小心であり続けようと思います。
特に時は翻りませんから、あとから偉そうなことを
書くよりもタイムリーな分析と予想をして
反省と補正を掛けるのは、目を磨くのにも役立ちます。


頭にためるよりスッキリしますからね(苦笑)
Posted at 2016/01/31 11:51:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 温暖化 | 日記
2014年06月04日 イイね!

頑張って技術を磨こう!

これも一つの国際協力。


でもどうもこの辺りからの
労働者と移民は覚悟しなくちゃいけないのかも。
ただマレーシアは友好を深めるに値する国だ。

本当に二酸化炭素を騒ぐなら、
原発動かして老朽火力を入れ換えた方がいいぞ(苦笑)

ところでバカ鳩山ルーピーのの25%カットを保古にしたせいで
日本はずいぶん責められた。
常に切り札を持つって大事だから、
こういう技術を大事にしたい。

って書くと、ネトウヨ扱いされちゃうんだ。
こんな感じで迫ってくる。
コワイヨー


小学生以下のちょこばでも知っているから
みんな覚えなきゃダメだぞ!

というのは冗談で、
日本の技術は捨てたものじゃないから、
その技術を繋げていかなくちゃいけないってこと。

平和憲法と
どちらが大事かよく考えればいいと思うよ。
機嫌が悪いのがにじみ出ているのは
自覚してる(苦笑)
Posted at 2014/06/04 22:06:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 温暖化 | 日記
2013年10月07日 イイね!

【表層水の温暖化】対馬暖流の根元って何ですか?【ちゃいな!!】

■近年温暖化詐欺の連中がうるさい。
そんな単純な計算式が成り立つなら苦労はいらないんだけどね。

でも暖流って何?
海水に浮かぶ、塩分濃度の薄い水である事は
考えれば誰だって分かりそうなのに
意外と分かっている人は少ない。



******************************
■例えば近年水温の面では別として
温暖化はちょっと収まっている節がある。
温度は高くなっているが総量は減ったという訳だ。

その原因の一つは、実は長江や黄河淮河等
どうも中国の河川にあると言われているのだが

マスコミ様にはタブーだ。
スポンサーで上司で母国だから仕方ないけどね。

そもそも海水の熱循環については
まだまだ研究の域を出ない。

***********************************
ただ、そこには熱循環が大きくからんでいて
ちなみに今年原発は
ほぼ停止状態だったような気がするよね(笑)

止めてみたから分かる事もある。
温暖化のせいだーとかフリーエネルギーとか
訳のわからない事を言ってる場合じゃないんですよね。

************************************
■その日本海があるから日本には
『乾季』がない。

少なくとも日本人が何か電気をぱちっと消せば
世界が変わるという妄想をやめた方がいい。

『諸悪の根源日本人』妄想
をまずやめる事
ですよね?

************************************
■覚悟しておかなきゃいけないのは
CO2はともかくとして、日本のせいじゃ無く
温暖化は『今後』起きるし
そもそもその変化は予測すら難しい。


『氷』が解けている間は
基本温度は一緒なんだよね。
無くなったあとこそが重要。

CO2にはセシウムと一緒で
「マーカー」としての役割があって
CO2が温暖化を起こすんじゃなくて
温暖化がCO2を増やす。

地震雲が地震を起こすんじゃなくて
地震が大きさに関らず地震雲を起こす事が多い。

雨の前は、膝が痛くなるけど
膝が痛いからと言って雨が降る訳じゃない(苦笑)
 


**********************************
マーカー神話
マーカーを悪とするボケ発想。
それらがどれだけ私達の判断を過ってきたかと考えると
ホント「罪深い」よね。

まあそういう連中に限って
「お前は罪深い」って呟くんだけど。


結局うまくいく時だって
うまくいかないときだって
要因や原因はいつだって複雑で
そこには、いくつもの偶然がある。

カッコよく原因を特定するのは
一見カッコいいけど、
実はそんなに物事は単純じゃない。

でもそれを詐欺的手法含めてでも
或いは勘違いでも
クローズアップできる人間が

結局みんな大好きなんですよね^^; 


****************************
それがいいとか悪いとかじゃ無くて
それらが積み重なって、怖い事に常識が出来る。

だからマスコミがいっつもプロパガンダしてる訳で
プロパガンダをぶっ壊すのは
新しいプロパガンダだったりする^^;

面白い事にこの世にはそんな単純な物は
無い訳で、自分はそれが面白くてしょうがない


*********************************
但し、人と言うのはいつだって
何故か敵を求めているし
敵を叩き続ける事で
精神の平衡をバランスする傾向
がある

だからこの世が平和になるなんて事は無くて
誰かが永遠のいじめられっ子でパシリで財布なら
みんなが丸く収まる、という考え方もあって

そういう輩のしょうもない綺麗事が
たまに自分は虫唾が走る。

と言うか、日本や日本人が
永遠のいじめられっ子でパシリで財布になる必要
はない。

世の中は人ひとりの考えで把握できるほど単純では無くて
自分はそれでいいと思うしそういう世の中は
嫌いではない。

*******************************
ちなみに海水表面温の変化は気象にも密接にリンクする訳で
テレビスタッフはなぜそこまで偉そうに全てが分かるのか??
分かる訳ありませんよね(苦笑)

でもテレビスタッフには全てが分かる…んですって
売春婦をどうやって連れてきたかとか
(心当たりがあったりして)
Posted at 2013/10/07 09:58:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 温暖化 | 日記
2012年10月24日 イイね!

タラレバ恐怖症と原発問題とエネルギーと温暖化?

■原発については手を下すまでもないと思ってます。
むしろ使う中で、いずれ減っていく以上、
イデオロギー的に騒ぐ意味はないからです。

そして多分・・・核廃棄物は輸出なんか出来ません。
そんなもん輸出したらマスコミが騒ぎ立てて
謝罪と賠償10万年
をプレゼントしてくれるでしょう^^;

*******
そういえば…
■福一同様の事故のシュミレーションに、
恐怖している人達がいますが、
今まで、何の疑問も感じずに何十年も生きてきたことの方が「偉大」です。

■今すぐ日本を脱出して、
中韓に住めばきっと全ては解決すると思います^^
中韓の原発や放射脳はきっと体にいいんですから(皮肉)

■そしてそんな報道ステーションのゲストは、
あのユニクロの柳井でした(笑)
もうただの売国奴です(苦笑)
まあ張り紙はどうでもいいんですけどね^^;

中国インドが、中産階級になるとか言ってますが、
10億人がエネルギーを消費し出せば、素晴らしいことになるでしょうね^^
温暖化を謡う、古館が10億人のエネルギー消費を是認する。
もうただの笑い事ですよね。

********
■温暖化を促進するのは温暖化そのものであるということが既に
分かりつつあります。
何が原因であろうと、温暖化が進めば温暖化が起きます。

あえて言えば、人間の活動そのものがエネルギー消費であり
人が温暖化に影響を与えているとすれば
資源だろうが、リサイクルだろうが、太陽光だろうが
エネルギーに変換された時点で「熱源」な訳です。

■マスコミの言うことが本当で、
人の活動が温暖化の主原因であれば、
エコかどうかは関係なくて、反射されているエネルギーが
吸収されれば、地球単位では、熱収支は黒字、
熱がたまることになるわけです。


ところが地球全体の熱収支なんて、
今の科学では分かってません。
増してや人の住むわずかな範囲の熱収支すら謎
です。

家計簿すらつけられないのに、
スーパーのレジ袋を気にしているのが、
今のエコやマスコミの考えです。

2012年08月28日
【頑張っても良くならないから詐欺が有効】温暖化詐欺と、エネルギーの話【共同幻想】
で書いたとおり

■でも、海水に、淡水の温水を注げば
あっという間に対流を妨げる、熱水の層を作る事が可能です。
つまり、海洋表面温暖化は
実に容易に実現できる訳です。

2012年06月01日
【温度差】大事なのはΔt(デルタティ)【異常気象が今後頻発?】
お風呂のお湯が上だけ熱い、というあれですよ。

だから原発を作ってお湯の表層を大量に作って
CO2詐欺をしかけるなんて芸当が簡単にできます。
だって温水膜作って、CO2のせいだといえば
永遠に温暖化詐欺が可能ですからね(笑)

エネルギー問題というのは、
資源問題や、自然エネルギーの
問題というよりはむしろ
熱量と滞留、あと光の反射と、
断熱層の位置および
その相関関係の問題です


グリーンランドなどの氷床の問題で言えば
氷の温度が0度近くになれば、勝手に藻が湧いて、
吸収率が上がって氷が溶けるということも
最近分かってきました。

CO2は原因でなく結果にしか過ぎないというわけです

■その逆がスノーボールアースという訳です。
2011年09月22日
スノーボールアース?!!


人類の活動が本当に温暖化を起こすのかどうかは
まださっぱり分かりません。
温暖化した現代よりも、
巨大な台風が戦後来襲していた事実もあります。


■結論的には未だ熱収支はよくわかりません。
一方でCO2詐欺は、
人の熱量や温水、淡水利用が
温暖化に影響を及ぼすと仮定した
「タラレバ」に基づく熱量規制と、
擬似通貨を狙ったものだったと推測します。


■中印の発展はすなわち、
温暖化の賽の目が既に振られたことを意味します。
日本人が我慢しようがしまいが
結果が変わらない以上
我慢することが即ち敗北です。


■一言で言えば、人の手で温暖化が始まっていたとすれば、
もう手遅れです^^;温暖化が温暖化を促進する訳ですからね。

そして言える事は
人が活動することによる淡水利用と
水を通じた熱交換が、CO2なんかよりもよほどやばいということです。

(大)アラル海の消滅」なんかが代表例ですよね。

そういう意味では、日本人は十分に
自らを律している訳であり、これ以上
マスコミの馬鹿話に載って萎縮していても
百害あって一利もないわけです。


カッコつけて衰退するのに
何のメリットもありませんが、衰退したいという意思を国民の
大部分が持つのであれば、
それを実現するのが民主主義であり
実際そうなってるような気がします。

衰退敗北奴隷主義は
思ったより日本を包み込んでいるのかもしれませんね
Posted at 2012/10/24 23:30:27 | コメント(0) | トラックバック(1) | 温暖化 | 日記

プロフィール

「こんばんは、そんな無能なら文科省なくしても大丈夫そう。
貧困解消省として再出発すりゃいいのに。」
何シテル?   06/23 21:41
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29
名曲の風景25 Chasing Cars / Snow Patrol 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/25 08:00:47

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.