• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2016年10月18日 イイね!

【巨大遺跡出土】息長の系統かな?

神社をうろうろするようになって
(参拝ですが)
歴史に対する見方が色々変わったりしました。

歴史って言うと、ウリが発祥ニダ
天皇家は高句麗ニダとか
応神帝は朝鮮人ニダ、間男の子だ
とかそんなのが多いんですが

一時期そう言うのに腹が立っていたんですが
考古学を「待てばいい」と
教えられたことがあります。

この度彦根で3世紀頃の遺跡が出土しました。


大和朝廷成立時、謎の部族が
高い地位を示し続けた事が
日本書紀にも記されています。

息長という部族です。
ここからは敢えて尊称を廃して書きますが

代表が、息長足姫 (いわゆる神功皇后)
後、桜井の奥の忍坂を有して、
雄略帝の母、忍坂大中姫、等も輩出しています。

忍坂は尚、敏達帝とも縁深く、
大化の改新、そして、天武帝との関わりが
指摘されています。

尚、この地域、例えば伊勢内宮の
元伊勢伝承に関わる、倭姫命
も、母系は息長に繋がっていた、という部族で
日本武尊はその甥に当たります。

日本武尊はその最後、息吹、おっと伊吹
の猪を討ちに行って、力尽きることに
なりますが

その血の流れからすると
親戚に会いに行ったけど、体調を崩した
ともとれます。
(ただしその時期、
大和と対立があった可能性もありますが)

そんな訳で、遺跡がないゆえに
謎の大族、と呼ばれ続けた息長に
ちょっとスポットが当たるのかな?
とも思いますし、

一方で、また…、神話の伝説が
チョーセン至上主義に揶揄されるのは、
イラつきますが
(そもそも、古墳時代にチョーセンはまだ、
国の体を成してない、中国&遊牧民蹂躙地域)

静かに待ち続けたいとおもいます。
Posted at 2016/10/18 04:44:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 歴史話 | 日記
2016年02月11日 イイね!

建国記念日はそれなりに過ごしました。

春は南天が綺麗ですね。


心穏やかに、でも三月辺りに二荒れあるでしょうが、
それでも春は間近です。


今日は建国記念日ですが、
おおよその主張は、赤旗の言うことは
遠くはない、ということでしょうか?


根拠があろうがなかろうが、
それくらい長い歴史があるので、
史書に頼るしかないんだよ?というのが日本の
建国記念日ですね。

嫌だったら、明治天皇の即位日とか
そうですね、スメラギノミコト、ということであれば
天武天皇の即位日(227)でもいいかとは思いますが、
天武天皇に関しては、226に近すぎますし、
ウリナラ起源をほざくアホもいるので、
そうなると無難に紀元節で落ち着くしかないのかな?
なんて思います。

はっきりと解らないくらいの歴史があるから
その歴史に思いを馳せるのが恐らくは
正解なんでしょう。

結論からいうと、今後も天皇制を続けていく事が重要で
その血を歴史に則って紡いでいくことが
重要だと思います。
狂信も火病も必要ありませんし、
醤油業を被差別に直結させるような
そういう文化を貶めるような
片棒を担ぐのは罷めましょうね。

其を言えば歌舞伎も河原者ですし
阿国躍りから来たとか来ないとか?
そもそもの被差別自体が、支配強化の
材料と使われたものです。
当時はマニュフェストもなく、穢れの文化です。

残念ながら人の心こそ、
差別を産み出すもので、
今はそれが金になるから
なぜか特権化しているだけですしね。

武士なんかヤクザの殺人狂な訳で、
その極道イズムを、矯正し
支配体制に用いるのに葉隠れ等が
編纂されていきました。

そりゃ黙って死んでくれた方が
仕えられる側には有り難いですし、
清原がヌル山がのさばってちゃ
世の中は安定しません。

人切り以蔵も、只の殺人者な訳で
そういうのに対抗して新撰組が、
郷士の三男坊等で作られたわけで
つまりは必要とされる価値観と
人材は変化するものと言えます。

と言うわけで、明治の世に武士は要らぬものとされ
その中で政商になるもの、或いは反乱を
起こすものもいました。



平民の軍隊が組織されていくのもこの頃です。


つまり、やはり要らなくなれば、
役に立とうがたつまいが
煮られてしまうんですよね。


その中で血を継ぐと言うことは、
尊いことでもあり、
また本当は意味のないことでもあります。
大事なのは祀りを続けていく事が
重要なのですから
血が全てではありません。


でも意味がなくても、それが一番
説得力を持つものだから
血は継がれてきました。


だったら、継承者が血を継がないことに
仕立て上げれば、其を信じる人は
国に仇なすもの、となります。

必死になって国威を否定する、
そーいう陰謀系は、そうですね
米中双方が好きなやり方ですね(苦笑)

敵を使って敵を損なえば、
これほど楽なものはありません(笑)
陰謀を用いて、陰謀を仕込み、
後は、レンジでチンで放っておけばいいので
お手軽に使われてます。

それに左右される人が多いとも思いませんが
例えば…
気温を聞くなら、桜の花(気温への感受性)
季節を聞くなら、梅の花(光への感受性)
等と一寸したことを知っていれば、


カルトな知識に惑わされることもなく、
世の動きを知りつつも、のんびりと眺めることも
叶いましょう。

兎も角も、祭り上げすぎず、
蔑みすぎず、日本の国のあり方を考えるのが
建国記念日の意義であり、
植民地でもない限り、この日が解放記念日
みたいなのは明確には存在しません。

その制度を貶めることなく、
読み応えに惑わされずに、
謙虚に手を合わせられることの
幸せこそが、建国記念日のもう一つの意義に
感じます。

だからといって、共産党の肩を持つことは
永遠にあり得ませんけどね(笑)
Posted at 2016/02/11 21:33:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 歴史話 | 日記
2015年12月07日 イイね!

杉原千畝と松岡洋右から垣間見える、日本のバランス政策

【追記】奇しくも真珠湾攻撃1208の前日なんですよね。
明日公開にすればよかったかな?【追記終】

この記事は、【映画】『杉原千畝 スギハラチウネ』 の件について書いています。

杉原千畝は、「松岡洋右」派閥だった、
というのは比較的よく知られている。

国際連盟脱退や日独伊三国同盟他
により東京裁判で死刑となった、松岡洋右は
あたかも、親独派、の極みと見られている。

************
■であるが、杉原千畝は松岡を敬愛し
また松岡洋右は、杉原千畝を保護していた。

ここに日本の隠された「バランス外交」とその破綻が
隠れていたりする。

**************
■最近AIIBで、ドイツ、イギリスが
中国にすり寄った。

実は地政学的に、真反対の様な場所にある場合
「ねじれ」が起きる。
強者は強者と組み
弱者は弱者と組む

或いは政治的に相いれない勢力と
組む事はよくある事だ。

*************
■つまり「ナチスドイツ」は
「習近平」の中国と考えると

日本が「ナチスドイツ」と組んだのは
むしろ地政学的差を生かした
バランス同盟的な意味合いを有する。

同時にそこに「仲介者」としてのうまみが出る可能性がある。
但しそれは半島の朴おばちゃんの目指す
バランス外交と同じく
「コウモリ的」にみなされる要素がある。

*****************
■さて、日本が日露戦争で勝利したのは
高橋是清等が、走り回って
ユダヤの支援を受けたのが大きい。
資金面で日本はもうボロボロだったのは有名な話だ。

≒ロックフェラーを始めとする
アメリカ系のバックアップをも受けた。

つまり「戦費」においては
「ユダヤ」の存在感は大きい。

ドイツの「電撃戦」
「ユダヤ人隔離」は
英仏に対しての
明らかにユダヤの戦費獲得への楔

でもあった。

途中から手段が目的に変わったが
(その為集団はどうあれホロコーストの一部が発生する)
それはヒトラーの自意識の拡大が
自己統制をしかねたからで、
当初の目的は「合理的」であった。

*****************
■一方の日本、は
どうも、ユダヤ系金融の機嫌と
そしてバックアップを欲しがる一方


独ソ満鉄の
輸送路の確保
を求めていたようだ。
現実に、杉原千畝のリトアニア経由での
ユダヤ人の移動はその経路で行われている。

同時にドイツのユダヤ人迫害は
ある意味独ソ開戦がない限りは、
日本に利益をもたらす可能性すらあった。

即ち同盟者である以上
「ヒトラーの抑制」が効くのは
あの時日本だけだったと言える。


*****************
■しかし、独ソは開戦する。
それは輸送網の途絶と、
日ソの微妙な緊張をもたらす事となった。
同時にユダヤの救命も途絶える事
になる。
増して日本にはノモンハンの失敗があり
無理に戦線を拡大できない。

そしてドイツ軍の進撃は冬将軍で止まる…
この時に至って、日独伊三国同盟は
完全に裏目に出る。

日本は「ただの同盟国」になり下がった。
つまり「ドイツのお仲間」
になった訳で

その後に至って
「対欧参戦」を嫌うアメリカ世論を焚きつける為に
日本への挑発が激しさを増す。

*************
■結果としてルーズベルトの執拗な、
外交的嫌がらせ
が起きる。
(あるいは一因は日ロ後の満鉄分割を
日本が日露のルーズベルトの際に
拒否したからというが証拠はない)

どちらにしろユダヤ権益を守るには
「グレートブリテン」が陥落しては元も子もない


***********
■この期において抑止力戦略で
均衡を保って戦力を向上し
平和を保とうという動きも、無駄
になる。

「嫌がらせは
日本を屈服させるためではなく
日本を参戦させるため
」に
行われてしまったからだ。


物量戦と石油における経済封鎖
臨界点に果たして
日本の先制攻撃が発生する。

「真珠湾攻撃」である。

*************
■何が言いたいかというと
別にアメリカが悪と言う訳ではなく
そして日本が悪と言う訳でもない。

ユダヤという金脈と、抑止力戦略の中で
バランス外交のせめぎ合いが起き

その中でユダヤの封じ込め(戦費調達の妨げ)
を図るドイツと

「ユダヤ権益」の危機に際して、
とにかくアメリカの参戦を望む
イギリス、アメリカ政府、そしてユダヤ人脈
の中で

日本は大戦の導火線のターゲットになった、
というだけの事だ。

****************
■戦争は常に兵力と兵站の体力勝負だ。
そしてそれらの維持には非常に金がかかる。
しかもその中で兵器は急速に発展する。

貧乏な国はアレキサンダー以来の
拡大戦術で搾取によって無限膨張を試みる以外ない。
それを止めて見せたのは、
モンゴルというよりは元のクビライだけであるが
彼もまた元寇やジャワ遠征失敗などの
失敗を積み重ね、国を衰退に追いやる。

***************
■日本は当時としては
驚異的なバランス外交を試み
最後まで軍事力を高め、
そして防衛均衡を持って
参戦しない事に注力
した。

但し、それは膨張政策の必要性を表し
日本は大陸進出を重ね、
それは日本の勢力圏の巨大化と
欧米利権との軋轢を意味していた。

だから日本の参戦は、大きくずれ込んでいる。
その一環に、杉原千畝のユダヤ人保護があり

それは鳩山的チェンバレン(イギリス首相)の
無能と対照的な輝きを保ってはいる。

**********
■但しそれはユダヤにとっても
「本丸」あっての事
である。

あの時期(日露戦争時)平和であったからこそ
ユダヤ資本は日本に金を貸した。
同時に不平等条約の撤廃
(関税自主権の回復)という
経済権益、および将来性
にも賭けたとも言える。

「奇貨居くべし」
利用すれば思いがけない利益が得られる品・機会。

とは言うが、ユダヤは別に日本に
特別な感情があって援助した訳ではない。


増してや東洋の猿に、
同祖と言われても「まず間違いなく迷惑」なだけだ。
(日ユ同祖論)

****************
■対照的にヒトラーは
アウトバーン政策などで見られるように
当初有能であった
…が
自らの自意識をコントロールできず、
何と「ぱよぱよちん」を引き起こす。


肥大した自意識は自信過剰と暴走を産む。
(その証拠がロンメルなど
ドイツ軍における数度の暗殺騒ぎとも言える)

気付けば日本は「有能な改革者」のパートナーでなく
「パヨチン」を引き起こした狂人の、同盟者になっていた
という訳だ。

****************
■実はヒトラーがポーランドと
フランスを占領したのには
説得力があるデータがある。

それは食料生産力で
フランスとポーランドは広大な農地が広がっている。
故に当初の占領は非常に
順調に進んでいる。

だが、結局はドイツは膨張政策の元
ヒトラーなどの自意識が異常拡大し
独ソ開戦に踏み切ったのが
大きな痛手だったと言える。

そして日本側はヒトラーが
「自己欲望の膨張」に狂うとは思わず
独ソ開戦は当初ない
と思っていた節は否めない。

ドイツの国力で二方面作戦は
余りに無茶な事は明らかだが…

****************
■この様に考えると
独ソ開戦前夜、松岡洋右を始めとして
ユダヤに援助をするのは意外と論理的でもある。。

独ソ開戦は日本の地位を大きく落とす事件であり
戦費を獲得する伝手を残す為にも
むしろ、ガンガンユダヤを救おうとした節がある。

もちろん日ロ以来の戦費の問題があるんだけどね。
**************
■という訳で、現代に置き換えれば
「習近平の自己欲望が膨張」すれば
ナチス化するのはどの国か考えるまでもない。

とにかく何が善か悪かというよりは
必死のバランス均衡策があり
その中の一つに、「杉原千畝の人命救助」
があり、その大胆さは、他国の追随を
許さなかった事は紛れもない事実、でもある。

そして杉原千畝が、
「戦費目当てのパフォーマンス」にしては
とんでもなく孤軍奮闘して
ビザを書いた事もまた事実
である。

要は「ウラジオストク等で判別せよ」BY下っ端
と連絡して、機会拡大に彼は全力を尽くした。

それは政治的思惑を超えて
明らかに官僚人として行き過ぎであったし
同時に確信犯だった節
もある。

少なくとも人権派を標榜する日本人たちは
何故か彼を戦後70年間も
「かなり」ほったらかしにしてきた

もちろん人道的な日本人が、
反日には不都合だから
気に食わなかったから、なんだろうけどね。

少なくとも
「アメリカ」「ユダヤ」「アラブ」
「半島」等という「人格」は
(当たり前だけど本当は)存在しない。
だからイチイチ「陰謀」なんかする訳がない。
それだったら、高尚を気取るおバカを
自滅させる方がはるかに簡単だしね。

説明しづらいから単純化するだけなんだけど
勝手に「人格化」すると
独り歩きが始まるからメンドクサイ
というのは個人的な本音だ。

そして、杉原千畝が確信犯的に
ビザを発行しまくるだけの言質を
松岡洋右は与えていたらしい。
そしてリトアニアの他の国の領事館は
積極的にユダヤを救おうとしなかったのも
また事実である。
Posted at 2015/12/07 22:25:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 歴史話 | 日記
2015年09月15日 イイね!

決壊は理にかなう

今回の雨も決壊も実はそんなに難しくはないんだよね。
確率な話。
ソーラーの越水も同じこと。





治水の何たるかを薄々でも知っていれば
見当をつけることも難しくない。


シュミレーション箇所から少しだけずれるのも、お約束
ほら前に雪道は一切の滑りを許さない危険だなの
セカンド減速という安全な技術を煽り車に使う
インテリジェンスとそのお仲間が絡んだこともあったけど

安全に、どれだけのエネルギーを曲げるのか
と言うのは、意外と揺らぎの要素が強くて
揺らぎを作るのは前進を左右の動きに
少しだけ散らすこともある。
勿論比喩の部分も多いけど、
理論を応酬するつもりはないよ。

皆がベストの動きだけをすれば、
スキー場のコブのようにえぐれてしまう。
応力が集中するからね。

つまり、ベストを落とすことで選択肢は広がるし
それをまた打ち消す、なんてことをすれば
より多くのものを、スピードを下げて
路の中で処理することができる。

堤防はコンクリートだけではなく
土なんだから、そういうことをしないと
特定箇所がえぐられて(だから治水は継続作業だ)
やがて、何十年に一度の時に、弱いところだけを
一気に抉るんだ。



シュミレーション箇所は強化されていたから
その手前で、応力が集中したって考えると、
凄く理にかなった決壊なのが解るよね?



とにかく、民主様の埋蔵金はなんと治水で、
その額はなんと6割カット。


決壊が民主のせいかはさておいて
民主様の目指す世の中は水害多発だったのは
明らかだよね。
デマだって言うなら、メンテ費用を激減して
トラブルを減らす手法位は明らかにしなきゃ。

車検も任意保険もなくても
車の事故率はそんなに差は出ないけど
でも事故ったらどうするのさ?

原発の時に民主や一部の人達は
意気軒昂だったけど、
せめて己のやったことの、それこそ
左翼的総括位してみた方が
いいんじゃないかなぁ?

デマは訴えるとか吠えるのはいいけど
数年前のことも責任取れない輩が、
中韓さまへの70年前の冤罪をどうのこうのとか
最低でも県外とか余計なことをいったせいで
娘婿中国インテリジェンスの知事が
民意無視でごねてるわけで
其を支持する不思議族が一杯いるのは
仕方ないとはいえ、悲しいことだよね。

でも何度でも騙される奴は騙されるし、
下の世代に冤罪を押し付けて
自己満足に浸るのも人間の悲しい性なのかもね?
Posted at 2015/09/15 22:41:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 歴史話 | 日記
2015年09月12日 イイね!

水害がさらしたソーラー利権の正体

2011/06/15
【是非読んで】エネルギーとは水である【治水家の統】


でも取り上げたりしてるんだけど
水って凄い。
どこかのインテリジェンスは、水なんか凄いものか
って言ったけど、凄い。
でもこういう形で証明してほしくはないな。

治水はバランスである。
ひとつの利益を求めれば
もうひとつの利益が壊される。

例えば佐賀の成富兵庫は筑後川に
千栗堤防を築き、300年も壊れなかった。
代わりの対岸の堤防は何度となく崩壊した。
この不合理こそが治水なのだ。

それを、エコエコお花畑で、自然堤防を
削れば、水はそこを襲うのは
自明の理だ。


だってそれは堤防がなかったわけではなく、
自然をいかして治水をした、江戸時代の知恵なんだから。


実はスーパー堤防自体はあまり賢いものではない。
既設の堤防の強化とシステム化の方が意味がある。
それを拒み手を抜いたのはみんなも大好き
小泉とヘーゾーだ。

だが、その調査費を削る愚を犯したのは
民主党だ。


インテリジェンスで誤魔化すからダメなんだよね。
嘘をつけばつくほど、目立つことになる。


実際にはそういうことで、
民主党のせいで堤防が破れたわけではないが
インテリジェンスゼロとまで言われる
自分ごときに分かること、書けること
それすら民主とその支持者は、言わなかった。

知らないし学ぶ気もない。
金のなるソーラーに夢中になった。
その前は二酸化炭素の削減のために
原発を増やそうとほざいていた民主党がだ。

責任逃ればかりで、揚げ足をとることしか
考えてないからかもね。

じゃあ水没した太陽光は
感電危険施設になる。


ソーラー施設には初期段階で
少し噛んだからね。
諸条件、法律の不備などは目についた。
構造計算モデルも簡易化してこっそり載せたりもした。

儲けようとする業者は、
法律を越えた提案なんて受付けやしない。
安ければいい。といってこんなに儲かると
出資者を募っていた。上前だけを跳ねようって腹だね。

雇用は、なんと出資者の家族
だったみたいだけど(苦笑)

無人で金の入るATM
これがソーラー発電の実態だったって訳。

そもそもソーラーの半導体を作るには、
膨大な熱量がいる。
だから、怪しげな業者が儲かるように
してしまえば、中華ソーラーパネルになる。

当てにしたシャープは
息も絶え絶えだよね?サンヨーに至っては息絶えて
バラバラにされたよね?

そして半導体技術は見事に中韓に流出した。
いいじゃないか?これを機に日本の森林を伐採し、
河川敷にソーラーを並べればきっとすべては解決する。

そうだろう?
やってみなければ判らない、
まずは原発を止めればすべては解決する?


彼らの一部はIDを変え、彼らの一部は
主張をなかったことにした。
実にインテリジェントな話だ


民主党とその支持者は、
それこそが原発と、それにまつわる
諸問題を全て解決する、
このインテリジェンスゼロが
みたいなことを言っていたよね?

さあ、今こそあの熱狂を思い出そうじゃないか?
国会を取り囲めば、世の中は変わると
志位るズのようなことを、一部は嘯いていたよね?


ま、そんなわけで、無事にしっぺ返しが起きた
ってだけなんだよね。

2012/12/21
【もうしらねー(苦笑)】エコは原発を救う【こうなった以上、ついてくか…】


三年がかりの仕込みが
思わぬ水害で早めに発動しちゃったかな?

聞き分けのないエコ戦士には
スパイの呪いでもかけて、貢献してもらうのが吉と
それ自体は予想以上だった。

ただ、幾ら彼らの勝手な暴走のせいとはいえ罪もない人が
水害に苦しむのは見たくないね。



でも、クリーンな電気と
素敵なデザイン利権とかのために
一般国民が上級国民の罪を背負うのは
きっと国民の責務だよ♪


思いだそうよ。皆鳩山を信じて景気回復とか
言っていたじゃないか?
自民党に投票した人間を
せせら笑っていたじゃないか?
コンクリートから人へって信じていたじゃないか?

それなりに自民にはいいお灸にはなったけど
割にはあわなかったんじゃないかな?

とにかく時は戻らない。


民意は時に間違いを起こす。
特にマスコミ様や民主様の
明るい未来は地雷率が高い。

しかし、集団的自衛権でも
流される国民は多い。
備えなければ決壊したときに
多大な犠牲を伴うのに、

目先の金や、かっこよさに
囚われて、防壁を削ったりもする。

堤防を作るから水害が起きる
ダムを作るから水害が起きる。
似たような論理なのは気のせいだといいな。

それは全く違います。
中国の軍靴は幸せのタップダンスなんです。
彼らはそういうけど、あの軍事力の頭数は
まるで水の暴力のように見える。

気のせいならいいんだけどね(苦笑)
少なくとも雲行きが怪しい以上
中州でのキャンプで、
無防備なら雨が降らないジンクス(9条神話)は
自分は嫌だ。

堤防があっても決壊はしうるんだからね。
Posted at 2015/09/13 02:08:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 歴史話 | 日記

プロフィール

「@黒猫ライダー AGITΩ さん、こんばんは。民進党らしさが出ていて、むしろ安心できます。本人はかつて、在日中国国籍と仰ってるので、台湾籍はそんなにこだわらなくていいと思うんですけど(笑)」
何シテル?   07/20 21:00
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

車がないから京散歩その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 16:16:15
アルミテープ記事について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/22 06:25:28
日勝峠よ永遠に・・・・・(´;ω;`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 14:57:29

ファン

189 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.