車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2009年12月31日 イイね!
浮華 何が正しく何が間違っているか。慌しい一年が終わろうとしている。

今年も色々とあった一年だった。

我らが日産はどうだっただろうか?

2008年11月の新装開店なったZ34を皮切りに、2008年12月にはV36スカイラインのマイナー、明けて2009年1月のR35GT-RスペックV追加、6月Z34バージョンNISMO追加、NV200の登場、7月スカイラインクロスオーバー登場、11月フーガモデルチェンジ・・・・・

と、やはり大きな排気量、大きなクルマの何某かが目立つ。

そのどれもが、大きなクルマをして良好な操縦性を持ち、大排気量エンヂンの恩恵で並外れた動力性能を持っていた。

もはや、オーヴァー3L排気量の世界では間違いなく欧米の名立たるメーカーのクルマたちと肩を並べる、いや、ある部分に置いては超越したクルマを持つまでになったと言えよう。

それでは、我々が購入にも、税金などの維持を考えて、経済的に手が届き、自分の技量の範疇で自由気ままに操れる、そう、大きさで言えば5ナンバーサイズ前後、特にMクラスというカテゴリーに於いてはどうだろうか?

ティーダは、なかなか豊かな居住性を持っており、内装もこれまでの日産車みたいに、標準的な国産車の見栄えよりショボイという事も無い。
シルフィも、ちゃんと5ナンバーサイズに納まっていながら、特にリアシートの足元なんて下手な3ナンバーのクルマより立派なモンだ。

じゃぁ、中は広いし価格もソコソコの、これらのクルマを買おうかとなると、正直躊躇してしまうのだ。

まず、見た目が確かに他とは違ったデザインを擁しているが、カッコイイとかワクワクするような感性に訴えるきらめきが無い。
乗ってみても、操縦性は素直で過大なアンダーや、加減速に伴うイヤなハンドリングの変化も無く穏便なんだが、スティアリングからの路面からの情報が乏しく、まるで電気仕掛けの間接的なスイッチの如く、自らがスティアリングを回してタイアが動いている感覚が乏しくて、運転しているというフィーリングが希薄でまったくもってツマラナイ。
乗り心地も、ヒョコヒョコした感じで、確かに足が動いているけど安定感とか路面の凹凸をいなしていると言った「足回りが仕事をしている」という充実感も味わえない。

単純に、A地点からB地点へ移動する、電車とか他人行儀の快適な観光バスの様で、乗っていて実に面白味の無いモノだ。

これが前出の、デカイクルマ達なら、実に快適であって、まるで運転が二倍三倍に上手になった感覚で、さらにガスペダルを軽く踏込むだけで、周りのクルマ達を遥か後方に押しやってしまう怒涛の快感を得る事ができるのだが・・・・

単純にクルマとして見るのなら、オーヴァー3Lの日産車たちは非常に魅力的で、かつ現実的に速く、面白いように向きを変えてくれる。

ただ、その大きさゆえに誰もが所有でき維持できるかといえば、残念ながら日本という現状を考えれば「NO」と言わざる得ないのが現実だ。

都市部や郊外の住宅地に於いても、大多数の日本人が車庫証明を取れるサイズかといえば、それも甚だ疑問である。

グローバルに見れば、間違いなく売れセンで、売れる範疇のクルマなんだが、メーカーの母国である日本を考えた時、多くの日産車は良いのだけど所有はねぇというクルマが多いと感じるのだ。

正直、どこのメーカーのクルマも売れていないが、特に日産の幅が1700前後のクルマ、排気量で2L前後のクルマで魅力的なクルマは皆無だ。

日産のラインナップを見れば、売れセンのクルマは確かに揃っているが、高性能で現実的に購買できるクルマ、さらに日本で扱い易いサイズで楽しいクルマが無いと感じているのは私だけだろうか。

今、世界で一番クルマが売れる中国や、欧米に於いては、今の日産車たちは非常に魅力的で実際にも売れており、それが瀕死の重傷で明日をも分らない状況だった日産を、ここまで立ち直らせたのは間違いの無い事実だろう。

しかし、日本国内で多くの人を「真」の楽しいとか、「楽しみたい」という欲求で積極的に「日産」を選ぶユーザーはどのくらい居るのだろうか?

企業として、一番売れる場所、一番売れる地域に合わせれば、間違いなく利益も出る事は良い事なのだが、果して日本生まれの企業としての「日産」としてはどうなのだろうか?

いみじくも、あの80点主義だとか、買うユーザーのニーズに媚びたクルマを造り続け、面白味とか刺激的と言った、その大多数が、その場その時、最良のクルマを造りつづけて来た某社のトップが、驚くような発言をしていた。

「若者のクルマ離れというが、メーカーこそクルマから離れていた。どんな時代であれ、クルマ本来の楽しさを追求するのがメーカーの使命。」

これまで、何かあると、ユーザーの指向が代わった、クルマ以外に所有欲を満たすものが増えた・・・と、あたかも

「自分たちは昔と変わらず良いものを作っているのに、買う人間が変わったから売れないんだ」

みたいに、自らには責任が無いみたいな発言を繰返してきたメーカーが、いや売れないのは自分たちの努力が足りないからだと言った発言は大いに注目すべきだろう。

まさに、「金太郎飴」の如く、ミニヴァンやエコカー減税に引っ掛かるクルマばかりを大量に造りつづけてきた日本のメーカーのクルマに、「クルマ本来の楽しさ」なんて正直皆無だった事は間違いの無い事実だ。

日産に言わせれば、 「世界」 に通用するサイズと排気量のクルマに付いては、間違いなく魅力的なんだけどなぁとなるのだが、そうそう、以前にもブログしたが、 「魅力的なクルマを作れば、それを見に人がディーラーに集まり、他のクルマも売れる」 と豪語していたことからも、何で世界的に売れるクルマを作っているのに日本じゃ売れないんだろう!?と頭を抱えている姿を容易に想像できる。

このまま行ったら、日産は本社を、売れない日本の横浜から、窮地を救ってくれた仏蘭西のブーローニュ・ビアンクールか、中国の北京辺りに移転する事を真剣に考えそうな勢いだ。。。

一体日産は、何を目指しているのだろうか?

歴史と伝統と、これまで多くのブランドを持ち、そして、不器用だけど見て乗って楽しい日産車のファンはたくさんいるのだが、現在に至って日産のファンは、旧車の集まりか、オールドカーフェスティバルでしか輝けない状況にメーカーは気付いているのだろうか?

大きなクルマばかりが目立った2009年だったが、さて新しい年の日産はどうなんだろうか?

このまま、世界に売れセンのクルマばかりを造り続けるのだろうか。。。

日本の日産はどこへ。

2010年は、そんな日産の行く末を見極める、大切な一年になると僕は感じているのだが、どうなんだろうか。

日産として、何が正しくて、何が間違っているか、問い直す新しい年だと感じているのだが・・・

さて2010年は日産にとってどんな一年になるのか、またジリジリとした一年を迎えそうだと感じているのだ。



Posted at 2010/01/01 02:18:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2009年12月30日 イイね!
和膳 たまには贅沢を露天風呂の後は、夕食を堪能。
期待していなかった(失敬)だけに、これはもう最高の夕食の始まりです。
Posted at 2009/12/30 19:22:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べる | 旅行/地域
2009年12月30日 イイね!
屋外 あ~さっぱりしました。え~ブログにも書きましたが、今日は長野県の某所に来ております。
実に肌触りの良い湯です。
詳細は後日と言う事で……
Posted at 2009/12/30 18:52:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 見る(観る) | 旅行/地域
2009年12月30日 イイね!
直感 子供の直感に大人は目覚めるのか!?2009年もよいよ後二日。

急な話しだが、長野県の松本にある温泉旅館の宿泊券が入手でき、帰省しない代わりにとは言っては何だが、一泊二日の温泉旅行に行く事にした。

八王子経由で3時間ちょっとのプチ旅行だ。

そこで、少しでも朝早く家を出る為に、朝食を作らないで、出来合いのモノを食べて出発しようという事になり、夕方に、そそくさと街へ食材を求めて繰り出した。

小さなスーパーで買出しを終えて駐車場に戻った時に子供が 「綺麗」 と叫んだ。

最初は一体何事か理解できなかったが、駐車場の目の前にマンションがあり、そこの外灯がモノの見事に整然と並んで煌々と輝いている様と、それが駐車したクルマのボンネットに写し出されているのだ!!

残念な事に、5年落ちのオンボロ携帯しかなく、こんな画像しか撮れなかったのだが、それでも、その時の様子が伝わって来るだろう。

正直、子供が 「綺麗」 と言わなかったら、まったく気にも留めなかったかもしれない夜の景色。

こうした景色を「綺麗」と感じる感性と、それに気付く直感に、ただただ驚くばかりであった。

冬晴れの暖冬とは言え、冷たい空気の中、暗闇と人工的な光が織り成す様は、まさに美しいと感じた次第だ。

Posted at 2009/12/30 01:00:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2009年12月29日 イイね!
星座 とクルマの怪しい関係ってなんだ!?






よいよ2009年も終わりに近づいてきましたなぁ。

この時期になると、まぁクルマのネタも枯渇気味なんですが、久々に 「ピーター・ライオン」 の 「Carルチャー・ショック」 のバックナンバーを読み返してみると、日本人好みの面白いのがあった。

ズバリ!タイトルは

「星座とクルマ選びの相関関係!?」

というもの。

内容はと言うと、

「英国のカーディーラー、カークラフト社(Carcraft) が、顧客がこれまでにどんなクルマを買ったかと、その顧客の誕生の星座をアラッてみると、次に買うクルマの選択がわかってきた」

というもの。

血液型や星座による占いが好きなのは、どうも日本人だけでないようで、遠くユニオンジャックの御国でも、同様に人気があるらしい。

カークラフト社(Carcraft)社 の マーケティング・ディレクターのジュリア・フィップス曰く

「もちろん、この星座と好きなクルマの相関関係は、面白いからやってみた調査なんですよ」

と軽いノリであった様なのだが・・・・・・・さて、英国での調査結果と、貴方の経験は一致するのか!?

以下、結果を転載するので、ぜひ楽しんで欲しい。

魚座(2月19 日~3月20日生)
選ぶのは何と言っても、ぜったいにスタイリッシュなモデル。クルマに名前をつけて、友達としてつきあう。

牡羊座(3月21日から4月20日生)
派手めでスポーティな、目立つ物に惹かれる傾向があるという。どうも、真っ赤なマツダロードスターや黄色のサーブ・コンバーチブルは、牡羊座が大好きなモデルだそう。

牡牛座(4月21日~5月21日生)
現実的なあなたが選ぶのは、環境に優しく大人数乗れるクルマ。ある場所からある場所まで、あなたの仲良しを乗せていけるスペースが欲しい人。

双子座(5月22日~6月21日生)
軽快でキビキビしたシルバーのクルマ。楽しい仕掛けが沢山あると大満足。

蟹座(6月22日~7月22日生)
曲線的なボディの、乗り心地のいいクルマが好き。あなたを守ってくれるコクーン。

獅子座(7月23日~8月22日生)
外観が自分よりもカッコいいクルマ。何かしら自分の主張をできるモデル。

乙女座(8月23日~9月23日生)
爽やかで実用的なタイプ。でも、スウィッチ1つで一瞬にコンバーチブルに変身するようなところが好きなのは、実はちょっとカッコつけたがる性格だから。

天秤座(9月24日~10月23日生)
クルマだけでなく、天秤座にとって所有するものすべては美意識を満足させるものでなくてはならない。カッコよくない、うるさいクルマに乗るのは苦痛。

蠍座(10月24日~11月22日生)
漆黒の神秘的な雰囲気のある、洗練されたクルマならぴったり。どこか官能的でありながら、それがあからさまでないモデル。あなたは、あからさまな物は絶対にイヤ。

射手座(11月23日~12月21 日生)
自由な精神と冒険心を満足させるようなクルマがお好き。彼らが選ぶのは、4x4やMPVが多いらしい。

山羊座(12月22日~1月20日生)
実用的でしかも冒険的な4x4に惹かれる。どんな路面コンディションや天候でも、操作できるクルマが好き。

水瓶座(1月21日~2月18日生)
小さめで変わったモデルが好きらしく、彼らが選ぶのはフォードKaとか、ミニがぴったり!

さて、貴方の星座とクルマの関係は如何に!?

Posted at 2009/12/29 02:53:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
プロフィール
「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2009/12 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
リンク・クリップ
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 
ファン
171 人のファンがいます
愛車一覧
日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.