• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2017年02月25日 イイね!

惜別 さらば BX-Car

惜別 さらば BX-Car 今から5年前の今日、彼女は僕の家へとやって来た。

 キラキラと輝く美しい群青のボディカラーは、天気や時間によって、濃紺の青から、強い光を反射して真夏の海のような明度の高いブルーまで、彼女は姿形だけではなく、そのボディカラーでも僕のハートを鷲づかみしてしまっていた。

 この日から、彼女との濃密な時間が始まった。

そして、彼女が僕の元にやって来て、ちょうど5年目の今日、彼女との最後の時を迎える事になった。


決してきらびやかではなく、凛としたシンプルだけど機能美に満ちたコクピトが、何時ものように僕を迎えてくれた。

 何時ものように、クルマの周りを一回りして、ドアを開けた瞬間、よいよ最後なんだ・・という現実がヒシヒシと僕に迫って来た。
 いつもは、早く乗りたい、早く彼女と走りたいという衝動にかられる瞬間も、このシートに座ったら終わりの始まりなんだという気持ちで、初めて座る事に躊躇してしまった。

その瞬間、彼女が優しくささやいた気がした。 「さぁ、行きましょう」 と。


新しいオーナーの為に新しいデータをレーダにインストールして、ナビとレコーダーの記憶を消した。

 次に乗るであろうオーナーの為に、レーダーのデータを最新にアップデートし、自宅データや走行軌跡、ドライブレコーダーの走行データをリセットした。

これで彼女との思い出が全て消されてしまった。

 改めて前を向くと、いつものシンプルで無駄のない素顔の彼女の姿がそこにあった。

 僕は一瞬ためらったが、静かにスタートボタンを押した。

 何時ものように、何事もない、なかったように彼女の心臓は鼓動を始めた。


いつもと同じ道路なのに、ひとつひとつの景色や路面の様子がハートに響く。

 クルマを動かし始める。
 その瞬間から、今日の彼女のご機嫌や体調が分かる。

「今日は、少し重いなぁ。」などと話しかけながら、最後の30分のデートを始めた。

 最初は、ちょっと渋滞した国道から、大きな排気量のストレイトシックスの心臓は、ハイウェイに合わせられたギアレシオとも相まって、ちょっと苦手な部分だ。

 そのうち、郊外へと進むと、道路の渋滞は緩和され、バイパスに入ると一気にアベレイジが上がった。その間、無意味にシフトダウンやアップを繰り返して、彼女の鼓動を楽しんだ。

 バイパスの眼前がクリアーになった。

 僕は右足に渾身の力を込めてガスペダルを踏み込んだ。

 彼女の美しいイーブンファイアの鼓動が静かなキャビンに静かに伝わった。

 気持ちが良い。

 路面の様子がスティアリングにコツコッツと伝わる。

 長い長いバイパスも、そうして彼女との会話を楽しんでいるとあっという間に終わり、目的地へと着いてしまった。


今日の30分は本当に短かった。ショップに着くと、彼女をしずかに横付けした。

 彼女の新しい嫁ぎ先を紹介してくれたショップに着いた。あぁ、これで本当に最後なんだ・・・
彼女をショップの前に止め、僕はショップの社長にコンタクトを取った。


改めて彼女を眺めてみる。姿形も美しいが、早春の光に照らされたルマンブルーがキラキラと輝いて美しい。

 もう一度、彼女の姿を目に焼き付けようと、真横に行って見る。

 春近い柔らかい日差しに、彼女の群青のボディカラーはキラキラ輝いて一層の美しさを放っていた。

いい人にもらわれなよ。

 それから、色々な手続きを進め、最後に社長が、僕を助手席に乗せて、本当の最後のデートを楽しませてくれた。

 そんな至福の時間はあっという間だ。

 短い、欧州車独特の響きの良い短いクラクションを鳴らし、彼女は僕の目の前から去っていった。

改めて彼女の走る姿を見て、その美しさにしばらく姿が見えなくなるまで姿を追ってしまった。

 
最後の彼女の後姿を見る。やはり彼女は疾走する姿が美しい。

彼女との、甘くも、はかない5年目の早春の1日が終わってしまった。

 ありがとう。

 君は本当に素敵なレディだ。新しいオーナーにもきっと気に入ってもらえるハズだよ。

 さようなら。

 僕は声にならない心の声で彼女を見送った。周りは、いつもの足早に過ぎる多くの人たちで溢れていた。

 夕方近くだというのに、今日はなんだか、余り肌寒くないような気がした。春が、そこまでやって来ているって感じた2月の1日の終わりだった。



Posted at 2017/02/26 11:11:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | BX-Car | クルマ
2017年02月19日 イイね!

五年 ちょうど5年目の土曜日に向けて。

五年 ちょうど5年目の土曜日に向けて。 今から5年前、和光市にある小さな中古車屋さんの店先に、一台の目の覚めるような「ルマンブルー」のE90がたたずんでいた。

 少し寒い日だったが、綺麗に洗車され、僕が来るのをじっと待っていたのだ。

 画像を何度も何度も、それこそ、穴が空くくらい眺めて来た筈なのに、彼女の姿は本当に僕にとって新鮮に映った。

 恐らく、僕が手を入れたいと思う部分はほとんど手が入れられており、程度もかなり良かったので、実は他の店で決めかけていた 335i のアルピンホワイト の彼女を振って、この目の覚めるような「ルマンブルー」の彼女との生活をスタートさせた。


小さな中古車屋の店先に、ピカピカの姿で僕が来るのを待っていてくれた。

 それからの5年は、家族みんなの笑顔を運び、廣島までの帰省や、色々なところへの旅行へと大いに活躍してくれた。

 そんな彼女との濃密な時間も、あと一週間ちょうどとなってしまった。
彼女と出会って、ちょうど5年目の2月25日に、彼女は僕の手を離れて行ってしまう。その前に、次のオーナーに気持ちよく、彼女との時間を過ごして欲しいと思い立ち、最後の彼女との時間を過ごすこととした。


ココはこう、あそこはこう、あぁ、そこもそうだったよなぁと、彼女との会話を楽しんだ。

 ひとつひとつの部品を眺めてみて、触ってみて、あぁ、ここはこう、あそこはこうだったなぁと、5年の歳月にあった出来事をクルマと話しながら、ゆっくりと時間は過ぎていった。

 大して彼女には着飾るドレスもあまり買っていなかったような気がしたが、改めて彼女と会話をすると、結構、彼女の為に買った小さなアクセサリーがたくさんあった事を思い出した。

 そうした彼女との大事な時間の終わりが近づいてくると、国産車とは比べ物にならないくらい、部品一つを止めるにしても、数多くのネジやナットを、スパナやドライバーで回していると、なんだか涙が止まらなくなってしまった。


彼女との静かだけど濃密な時間が終わりに近づくと、なんだか涙が止まらなくなってしまった。

 もう少し長く・・・とも思ったが、幸いに、次のオーナーが決まってしまった。

きっと、素敵な女性だ、新しい彼氏の元でも輝いてくれるだろう。

 あと一週間、最後の5年目がやって来る。
Posted at 2017/02/20 00:00:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | BX-Car | クルマ
2017年01月04日 イイね!

一息 ボディカバーを新調したけど・・・

一息 ボディカバーを新調したけど・・・ 今まで使っていた 「栄光産業 カードレス」 のボディカヴァーも5年を経過して、さすがに雨水染み込みや、縫い目の裂けが酷くなり代替えを考えた。

 色々とネットを彷徨うと、 「Velocity Oxford 300D」 がコスパが高くて良いという評判を聞きつけて年末に購入した。



 早速、カヴァーをかけて、みたがちょっと寸足らずな場所もあるが、フィッティングはなかなかだった。ボディへの固定は、前後のゴムによる絞りと、中央のカプラー付きのベルトによるものだった。

 カヴァーをかけた夜半から、ちょっと強めの風が吹いて、カヴァーがボディから吹っ飛ぶんじゃないかと心配したが・・・
朝起きて確認すると、まぁ新品という事もあるのだろうか、びくともしていなく一安心したのだが、これまでに経験したこのの無い現象が!!

なんと縫い目が裂けていたのだ!!

これまで、純正も含めて何十枚もボディカヴァーを購入したが、一晩にして避けたのは初めてだった。


まさかの購入一日目の破れ・・・・他の部分は、かなりシャキッとしているのに工程上の問題だろうか!?

 後、気になったのが、カヴァーを固定するベルトを固定するカプラーがボディに擦れる事だ。
風が強かったせいだろうか樹脂部分に擦れていたのだが、傷とまでは行かないが、擦れた跡が付いていた。


カプラー方式は便利なんだが、むき出しなので、プラスチックとはいえボディへのアタックが気になる。

 そのカプラーも矢印の部分のエッヂが立ちすぎて、一度嵌めると、半端な力では外れない!!
この部分をサッとヤスリを掛けて、エッヂを丸めてやると、外れ難いが(外れない)、外すときは簡単に外れる様になった。


整形の精度が今ひとつで、一度ハマると、テコでも外れようとしないカプラー。エッヂを落としたらスムーズに。

 不良率は0.01%、つまり100枚売って1枚しか不良が出ないと言っているが、買ってからカヴァーを広げると返却ができないともある。
現に、今回の破れが購入時からあったとしても、カヴァーを広げたらOUTなので返却ができないのだろう。
 売った方にしてみれば、売った数100枚分の1、とか1000枚分10枚だろが、買った方にしてみれば 1分の1だという事を分かって欲しいモノだ。


品質を超え高々に謳っているが、残念ながら、まだまだユーザー不在と言わざる得ない。いい製品なのにねぇ。

 モノとしは、正直、これより高価な製品と同等のクオリティを感じるが、ちょっとしたユーザーの不満などを、もっと掬い取ってくれれば、かなり良心的な製品となるのだが、今回経験した「破れや」、「カプラー」の使い勝手を、もっとユーザー視点で改善してくれなければ、せっかく、良い線まで行っている製品なのに、もったいないような気がするのだ。

 こうした、些細な問題や、使いにくさを、自分でクリアーできるユーザーなら、買っても良い製品というレヴェルだろう。

 販売元が、このブログを読むことは無いだろうが、ただ安いだけ、ただ不良率が少ないだけでは、本当に買う人の立場に立った製品とは言い切れないと僕は思うのだが、如何だろうか。

 ホント、この価格でモノは良いのにねぇ。あと、一息です。



Posted at 2017/01/04 20:42:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | BX-Car | クルマ
2016年12月31日 イイね!

弄納 スタッレス BLIZZAK REVO2 への交換

弄納 スタッレス BLIZZAK REVO2 への交換 毎年のように言っているのだが、新潟時代から数えて、一体何度タイアを季節ごとに交換したのだろう!?という事で、新潟時代ではありえない、この時期のスタッレスへの交換と相成った。

 去年はスタッレスの出番が殆どなかったのだが、果たして今年は・・・・

まずは裏庭に行って、去年の春から眠りについていた BLIZZAK REVO2 のカヴァーを引っ外して庭まで運ぶ作業を開始。


ここから数メータータイアを移動するのだが、純正のホイールが重いので意外に一苦労・・・

 純正のホイールは耐衝撃性などの厳しい条件から、意外に重く、移動だけで人生半世紀以上生きてきた体には堪えてしまう・・・(笑)

 スタットレスを移動すると、一応半年保管していたので、外観などをチェック!!


中古で買って3年が経過。溝はまだまだあるのだが、そろそろコンパウンド的に限界か・・・

 チェックが終わると、良いよジャッキアップなんだが、低い車高が災いして、ジャッキが入らないので、 _Meltec/メルテック ジャッキサポート にまずBX-Carを載せる。


ホームセンターで木を買ってきて作るのもいいけど、この値段でしっかりしたものが買えるならという事で購入して愛用している。




 _ ジャッキサポートにタイアを載せ、ようやくジャッキアップを完了して、交換に取り掛かり、せっかく下回りを見渡せるので、ホース類などをチェックして、


タイアを外したついでにした周りをチェック!!

 そうそう、サマータイアに履かせているホイールは社外品なので、ハブリングが嵌めているので、それを変形しないように取り外し、


固着しないようにグリースを塗っているのだが、それでも注意して外さないと意外に苦労する。

ようやくタイアの交換が終了。

 保管の為にエアーを抜いていたので、ここで、僕のお気に入りの  でエアーを注入!!

 コイツ の凄いところは、とにかく静かな事だ。

 どんなに静寂な早朝などでも、エンヂンの音の方が響くくらい静音なのだ。さらに、大型車のタイアでもコンプレットシングできるパワーも魅力的だ。

 BLIZZAK REVO2 は、ロードインデックスが 「94」 なので、BX-Carのタイアのコーションラヴェルを見て、この時期のフル乗車も考えて 250kPa 注入。


 ちなみに、ロードインデックスについては

誤認 タイアの空気圧の間違いに迫る!
 http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/1178694/

を参照して欲しい。(閑話休題)

 そして忘れてならないのが、保管するタイアの空気圧を下げる作業だ。


僕は保管する場合 150kPa くらいにして保管している。
(画像はエアーを抜いている最中なので 150kPa を下回っている。)

 さてさて、今シーズンはスタットレスの出番はあるのか?どちらにしろ、しばらくは大人しいドライヴィングに心がけないといけないだろう。

 春が待ち遠しいモノだ。
Posted at 2016/12/31 21:05:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | BX-Car | クルマ
2016年12月30日 イイね!

洗納 洗車納め

洗納 洗車納め 少々寝坊してしまって、予定より一時間ちょと遅く洗車をスタート。

いつもの年なら、とっくに洗車なんぞは終わって悠々と買い物などに行っているのだが、今年は、ここ数カ月終電生活を続いて精神的にも肉体的にもきつくて、洗車もままならなかったのだ。。。


六時から洗車を始める予定だったのだが、気が付けば7時・・・。それにしても気温が低い。

 結構ボディが汚れていたので、流水でしっかっりと表面を撫でてやって・・・ところが、時間が経過するにつれ、気温がどんどん下がって、ボディにかけた水があっという間に凍ってしまった!!

 そこで、流水を流す、素早く拭く、バケツに殆ど熱湯に近いお湯を入れていたので、それに マイクロファイバーウエス を浸けて凍る前に 




【シーシーアイ CCI】スマートミスト で処理。

 それも、朝の九時くらいになると気温も上がって、ようやくサクサクと作業が進んだ。


写真写りがいいモノで・・・・




写真では分からないが、バンパーやボンネットは飛び石で傷だらけ・・・救いは写真写りが良い事だろうか・・・

 まだ時間があったので、ついでにと言ってはなんだが、スタットレスへの交換を始めた。
Posted at 2016/12/30 21:41:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | BX-Car | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

170 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.