車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月01日 イイね!
英国 1971年240Z 英国で戦う。 youtube を眺めていたら、懐かしい動画を発見した。

 1972年の RAC ラリーの画像なんだが、写っているのが DTSUN240Z の勇士なので思わず釘付けになってしまった次第なのだ。

 この年の RAC のリザルトは

1.Ford Escort RS 1600 MKI
2.Saab 96 V4
3.Opel Ascona

で、我らが DATSUN は

11位に ラウノ・アルトーネン、イースター・ポウル
18位に、この動画に一番出ている Fall Tony と Wood Mike が入賞した。

まぁ、アルトーネン はフィンランド人で、 Fall Tony と Wood Mike は両名とも英国人という事で、ランクは下だが、RACということもあり、扱いが上だったのであろう。


あの ロングノーズ のS30Z を、よくぞここまで手なずけているものだ。

それにしても、ラリー用の L24は良い音を奏でている。

何度、見ても良いものだ。
Posted at 2017/02/04 19:27:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | フェアレディ | クルマ
2015年02月22日 イイね!
訃報 巨星墜つ。Mr.K 片山 豊 亡くなる。 まったく彼らしいというか、彼だからとも言えるのだが、彼の訃報は、最初に亜米利加からもたらされた。

 日産からフェースブックで発表されたのは、ほぼ半日遅れ。

彼の死は、日本の自動車史にとって大きな損失だ。

彼が居なかったら、モーターショウだって、510だって、Z だって、いや、もっと言うなら北米での日産の今、INFINITHIだってなかったかもしれないのだから。

 今や世界に冠たる「東京モーターショウ」も、彼が1954年に提唱して企画、そして開催された 「第1回 全日本自動車ショウ」 がきっかけになったモノだ。

 日本ではエラク、デザインが不評だった410も、実は北米ではソコソコ売れていたのを、もっと売れるのはこうした方が良い!と本社に直談判して 510 のコンセプト に影響を与えたのも彼だった。


一見すると鋭い直線と平面でデザインされている様だが、それは違う。微妙な曲線とまろやかなエッヂ処理が見るモノの感性に響く510のデザインの神髄だ。

 彼は、410の車内から、両手を大きく広げて、両手を広げたらクルマから出てしまう・・・海外では410のサイズでは小さすぎる!と写真を送りつけたのだ!!
これは、当時の日本人ではかなり大柄だった片山だからできたアッピールだった!!

 だいたい、北米日産を成功に導いたのも彼の存在が大きい。


北米日産、いや日本車の輸出の礎も彼の功績が大だ。彼が居なかったら今の日本車の姿は無かっただろう。

それまで日本車なんて、安いけど壊れる、性能が悪いと冷淡だった亜米利加での市場で、彼は彼の足で販売店になり得る中古車店を一軒一軒歩いて回り、DATSUNを、まずは置いてもらう事から始め、どんな些細な声も漏らさず日本に伝え、日本からエンヂニアを呼んで、本当の現地の声を聞かせ、日産車の性能やクオリティのUPに努めた。

 そんな彼の努力の結晶が、510ブルーバードと、何と言っても Z の登場だった。


安くて高性能。しかも居住性に富む。こうなれば誰が買わないでおこうか?Zは世界一量産されるスポーツカーになった。

 510ブルーバードは、コンパクトな車体に、遥か高価なBMWと同じ OHCエンヂン、フロント:マクファーソンストラット、リヤ:セミトレーリングアームの四独を採用したスポーツセダンとしてアメリカ人に熱狂的に受け入れられた。


単純なセダンとでは無く、高性能なスポーツセダンとして、彼らの週末のサーキットのツゥールとして510は愛された。

 速いクルマが欲しい・・でもポルシェは高価だし、ブリティシュ・スポーツは居住性が・・・、そんな彼らのフラストレーションを敏感に嗅ぎ取り、何よりも安く、高性能で、普通に走るときには快適という、クローズド・スポーツ・クウペ、「Z」のコンセプト造りにも彼の意見が大いに影響した。

果たせるかな、Z は、それまで北米で主流だったブリティッシュスポーツを駆逐して、一時は販売が追い付かずにプレミアムが付くまでになった。

プアマンズポルシェなんていう陰口も囁かれたが、北米のサーキットでは、Z の姿を見ない日は無いとまで言われる様になった。


Zがブリッシュスポーツやポルシェ、コーヴェットなどを従えてサーキットで暴れた!!Zはアメリカ人の憧れになった

なにより、Zの存在は彼らアメリカのスポーツカーマインドだとも言われる様になった・・・・

 一時期は、戦略と言う謀略で「DATSUN」ブランドが消されたり、彼の存在そのものが煙たがれて、消されそうになったが、多くのファンの熱意によってフェニックスの様に Mr.K は蘇ったのだ。

 実は十年くらい前に、片山氏と、ブル510の主管であった太田昇氏と昼食を共にする機会があった。くちばしの青い僕のハナシにも真摯に耳を傾けてくれて、答えを返してくれた事は、僕にとって一生の思い出だ。

 日産が、Zが、日本車がこれからも彼の意思を汲んで、世界に羽ばたく事が、彼へのはなむけになる筈だ。

晩年は杖を突きながら、愛車に乗って、色々なイヴェントにやって来る姿が目に焼き付いている。



さようなら Mr.K 。

僕たちは、貴方の意思を伝え、日本車の未来を見続けて行きます。

ありがとう。


Posted at 2015/02/22 11:29:39 | コメント(3) | トラックバック(3) | フェアレディ | ニュース
2015年02月21日 イイね!
淑女 Zの父亡くなるだって!?ウソだろ!?まだ日本ではニュースにもなっていないよ!! ウソだろ!

アメリカ人は本当に悪い嘘を言う。

明日になったら、このニュースが嘘だって笑いたい・・・・


Mr.K こと 片山 豊 氏亡くなるだって、悪い冗談だ!

Nissan executive known as 'father of the Z' dies at 105

 http://news.yahoo.com/nissan-executive-known-father-z-072608644.html;_ylt=AwrSyCWff.hUvUIA17_QtDMD
Posted at 2015/02/21 21:58:28 | コメント(0) | トラックバック(1) | フェアレディ | ニュース
2013年06月14日 イイね!
対決 S30 240Z VS Leaf どちらが速いか!? 対決モノで有名な Autoexpress なんだが、またまた面白いモンをやっていた。

1971年式の S30 240Z と LEAF を、よーいドンしたらどうなるか!?という企画だ。LAEF が本気で加速したら意外に速いというはつとに有名なんだが、じゃあ、軽量でコンパクトな 240Z と競争させたらという趣旨だ。

 しかし・・・いつも言うけど、S30 に比べたら、LAEF の巨大さが目に付く。

さてさて、勝負の行方は!?

Posted at 2013/06/16 10:08:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | フェアレディ | クルマ
2010年08月14日 イイね!
精密 流石に買えませんが・・・このZは、ぜひ実物を見てみたいモンです。今回、東京駅のトミカショップへ行った、もうひとつのキッカケは、今、買えないけど加工技術者なら一度は実物を見てみたい・・・といわれている、入曽精密 が加工した、トミカ40周年記念の  超微細加工アルミ製トミカ の何かを見れるかも思ったからだ。

まぁ8月20日からとメーカーが言っているので、殆ど期待していなかったが、やはり気になるものは気になるもので・・・結果として実物等見る事が出来なかったが、何時かは見て見たいという思いは募るばかりであった。

まぁアルミA5052を強調しているが、特段特別なアルミじゃない、極普通のアルミなんだが、トミカの画像を見る限り、加工に関しては、恐ろしく精密で手の込んだ加工がなされているのが分る。

これを実際に触って確かめたいと思うのは、生産技術をやっている者であれば当然だろう。

時間ができれば是非(見るだけ・・・閑話休題)と考えている今日この頃なのである。
Posted at 2010/08/14 17:52:23 | コメント(7) | トラックバック(0) | フェアレディ | クルマ
プロフィール
「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 
ファン
171 人のファンがいます
愛車一覧
日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.