• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2009年04月04日 イイね!

丸線 Y12よりこっちの方がねぇ。。。

丸線 Y12よりこっちの方がねぇ。。。中国でまぁ頑張っているメーカー 奇瑞汽車有限公司(Chery Automobile) なんだが、旧型になったが 「瑞麒2」 というクルマがある。

前から見るとファンカーゴ・チックなんだが、これもなかなか面白いクルマだと思う。

一見するとコンパクトな様子なんだが、実際にはモデルの女性と比べれば分かるように、結構なハイトワゴンなのだ。

これを見ていてフト思いついたのが Y12 だ。

最近はようやく目も慣れてきたのだが、どうみても縦横比のバランスが悪く、カッコイイとは間違っても言えないクルマだ。

確かに、部分部分で見れば・・・

フロントフェンダー部が盛り上がり、そこからショルダーラインを後方にスッと流して、あたかも肉食獣が、狩りを目前にして身を構えているような躍動感を醸し出しているが・・・

Aピラーから連続的に弧を描いて後方に流れるドア上部の一連の流れは、これまで他のメーカーやデザイナーがやりたくてもできなかった「斬新」なラインなんだが・・

全体で見ると、バラバラでまとまりが無く、締まりの無いサイドスタイルに、ドア上部の弧を描くラインはCピラーでポキリと折れて見えて全体のバランスを崩しているし、全体にダラリとしたイメージが付きまとって「美しくない」のだ。

それに対して 「瑞麒2」 の方は、まだ意外にデザインがまとまっている様な気がする。

例のY12のデザインのハイライトである、サイドヴューの上方に弧を描くモチーフだが、Y12と違ってルーフまでも呼応させて弧を描き、素直にスッと後ろにラインを流しているのでY12の様に、途中でポキっと折れ曲がった様な違和感が無い。

さらに、幅に対して高さが目立つ電車ディテールながら、ショルダーラインが軽くウエッヂを描き、さらにフロントからリヤへさり気なく大きな弧を描くプレスラインがある事によって、真横から見た時に、全体がドンと腰を据えたような安定感がある。

まぁ細かい部分を言えば、機構的な制約でパーテーションラインが煩雑な気がするが、Y12よりよっぽど見栄えがいい。

Y12も乗れば、意外に広い室内に使い勝手の良い装備、よくぞ5ナンバーでまとめたな・・・そうそう、エキスパートやADが街に目立つのは、何も安いだけでなく、使い勝手や積載性がいい事が買われて・・・という事が、いみじくも、それらを証明しているのだが、これをパーソナルなワゴンと見ると、どうもデザインでねぇ・・・というのが偽ざる感想なのだ。

斬新で使い勝手も良いけど、デザイナーの意気込みもスゴイけど・・・

実際には、もっとバラバラなデザインな 「瑞麒2」 だけど、なんとか全体的な見栄えは押え様と工夫したデザインに比べると、Y12のこれで理解してくれ!と言わんばかりの、ユーザーを突き放したデザインの未完成さが残念でならないのだ・・・

ここまで来たら、Y12もムルティプラの前期型くらいぶっ飛んだデザインの方が・・というのは乱暴だろうかねぇ。。。

Posted at 2009/04/04 04:16:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 中国 | クルマ
2009年03月08日 イイね!

独自 中国で独自路線を歩む方向に。。

独自 中国で独自路線を歩む方向に。。散々中国のコピー商品の噂!?ハナシをしたが、そんな中でも最近は独自のデザインをやってみようというメーカーも存在する。

まだ、何処かしこに何処かのという雰囲気は拭えないが、奇瑞汽車有限公司(Chery Automobile)なんてよい例かもしれない。
今年注目したのは 「奇瑞QQme」 だ。

カッコイイ、そうでないは別にして、これまでコピーやら高級志向に邁進していた中国メーカーとしては珍しくオリヂナルで 「お洒落」 なクルマを造ろうというのだから頑張っている。

そしてさすがに、中国の国内資本メーカーで一番の会社である。

なんとデザインは、かの有名な エンリコ・フミア (Enrico Fumia) が手がけているという噂もあり、確かにそのテイストは、氏が手がけた「ランチア・イプシロン」や「クーペ・フィアット 」ぽくも無くは無い。

そういえばレガシィのデザインも氏でしたね・・・閑話休題

雨後の筍の如く、数多くのクルマメーカーが乱立気味の中国にあって、こうしたベクトルを持とうというメーカーが出てきた事は、注目に価すると僕は思っている。

考えてみて欲しい。

十数年前の日本車だって、デザインは兎も角、安全性では北米で散々叩かれていた事を思い出すと、今から中国のメーカーの動向を見つめる事は大事だと思うのだ。

今や日本車は敵にあらずと言う「コリアンメーカー」に並ばないとは誰が言えるのか!?

ただ・・・調べようとして迂闊にクリックすると、トラップだらけの中国のWEBページにはへきへきするが・・・・(苦笑)

Posted at 2009/03/08 15:05:54 | コメント(3) | トラックバック(1) | 中国 | クルマ
2009年03月07日 イイね!

激似 メルチェデスも黙っていない筈です。。

激似 メルチェデスも黙っていない筈です。。










かつて、日本のD社のCというクルマを使ってこんな大胆なクルマを造った国で

究極 ! 吉利 ここまでするか !? もはや職人の域だ !
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/106349/

メーカーやベース車両は違えど、コンセプト!?は同じなスポーツカーが登場した。

それが 「BYD F8」 だ!

全長4490×全幅1780×全高1405
エンヂンはインライン4の2Lで、最高出力は137HP、三菱のマニュアル5速を使い、メーカー公表最高速度は180Km/hだそうだ。。。

例によって中国のメディアを覗いてみると、美しいサイドヴューとか、オープンスポーツとか記載があったが、あからさまに 

「似てるんじゃあねぇの!」

と言うのは無かったが、「どこかで見たような・・・」という良心的なコメントは幾つか見る事が出来た。

日本でも、コミカルに似せたクルマを 「ショップ」レヴェルで作っているところはあるが、

個性 レトロチックカーを一歩進めると。。。
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/1860468/

メーカーがこれをしたらどうなんでしょうかねぇ・・・

広い広い中国大陸。

まだまだコピー製品の旅はつづく・・・・・

Posted at 2009/03/07 01:37:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | 中国 | クルマ
2008年10月23日 イイね!

大似 中国産空似車展示会VOL.2 微妙に外しているがヤハリねぇ。。。

大似 中国産空似車展示会VOL.2 微妙に外しているがヤハリねぇ。。。つい先日、某トヨタ車の「間違い探し」ができる中国のクルマをUPしたが、

空似 久々中国産空似車展示会VOL.1
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/10598380/

あそこまで露骨ではないが、やはり・・・という一台をご紹介しよう。

ズバリ!そのネーミングが憎い

「小貴族」 だ。

微妙に外しているが、見れば見るほどという「一品」だ。

まだまだ中国は広い。

次はどんなクルマが出てくるのだろうか!?
Posted at 2008/10/23 00:48:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 中国 | クルマ
2008年10月12日 イイね!

空似 久々中国産空似車展示会VOL.1

空似 久々中国産空似車展示会VOL.1久々に中国のクルマのサイトを眺めてみた。

やっぱり相変らずで・・・

皆さんは「吉利」を覚えているだろうか?初めての方々もいるので復習の意味も込めて、

疑惑 !? 中国のモーターショウにて・・・
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/105358/

究極 ! 吉利 ここまでするか !? もはや職人の域だ !
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/106349/

改心 !? 吉利 美日は変わったか !?
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/108294/

最近の「吉利」は、ずいぶんと変わったのだが、最近はそれを上回るメーカーがゾクゾクと出てきている。
ある意味では、当時より一枚も二枚も「複写技術」が向上していると言っても差し支えないだろう。

一番驚いたのが 「UFO」 というクルマだ。

彼の地の掲示板でも話題騒然となっており、内装のデザインも、 間違い探しをしてくれ! と言わんばかりに、丁寧に「なぞられている」。

しかし細かいクオリティは、今や世界一のクルマの生産台数を誇る「本家」と違って、まさに「月とスッポン」でメーターなどは、まったく日本のアマチュアが作った「ELメーター」の方がよっぽど美しく発色するしデザインも微妙に酷い。

まだまだ、凄いクルマがいるので、しばらくご紹介したいと思う。



Posted at 2008/10/12 00:28:25 | コメント(6) | トラックバック(0) | 中国 | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.