• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2017年11月09日 イイね!

重圧 クラウン・コンセプト。セダンらしさのグローバル化

重圧 クラウン・コンセプト。セダンらしさのグローバル化 現行型も、デヴューした当時は、あのグリルに賛否が渦巻いたが、今回も、これまでにない軽快な、カジュアルなエクステリアに色々な意見が話題になっている。

 そんな中、僕が大いに注目したのが、これまでトヨタが苦手としていた面の処理、面と面との集合部の処理が絶妙になった事だ。
 特にリヤのピラー付近の処理は、サイド、リヤ、ルーフのそれぞれの面が絶妙に、それぞれの面の勢いを殺すことなく、これまでだったら、おかしなプレスラインでごまかしていた手法が今回は無く実にセクスィだ。

サイドの面も綺麗に大きなRになっており、トヨタお得意のへなちょこプレスラインが無い!!


サイド、ショルダー、ルーフの面構成が集約するCピラー根元の処理がスムーズで破綻が無い。サイドの面も張り出しが自然で躍動感がある。

 実は、このデザインテイストは現代のカーデザインの王道ともいえる手法で、特に今回のクラウンの面処理はBMWのGTに近い、フロントからのショルダーラインの勢いをそのまま生かしたスポーティなものだ。
 ただ、リヤ後端のキッキアップを少なめにして、それでもカジュアル感を少しでも和らげようとしている意図もくみ取れる。

 これがアウディなら真っすぐに伸びて、微妙にラインが落ちてゆき、カジュアル感より落ち着いた雰囲気を醸し出す手法は秀逸だ。


人気の独車のサイドの処理を見よう。スポーティなBMWに、スポーティながら落ち着いた雰囲気のアウディの処理。

 しかし、クラウン・コンセプトを横から見ると、どうも落ち着きが無い。

 よくよく見るとCピラー前に、小さな三角窓があって、ピラーが乱立している。

 昔の日本車には、窓を降ろした時に、如何に窓が降りるかという命題があって、ここに三角窓が無いと、窓のガラスが殆ど降りないのだ・・・
 今となっては、そんな心配なんてしなくていいのだろうが、欧州のプレミアムカー達は、そんなデザインのクリーンさから、リヤに三角窓が無いモノが多く見受けられる。
 ちなみにクラウン・コンセプトから、リヤの三角窓を消すと、実にスムーズでクリーンな雰囲気になった。


どうも欧州プレミアムカーに比べて、スポーティだけど落ち着きが無い雰囲気の原因は・・・乱立するピラーが原因の様だ。

 しかも、この小窓があるのと無いのでは、サイドから見たどっしりとした落ち着き感の違いにも差が出てきている。

 さらに、口うるさい旧来からの日本的と言われる感覚を「ヨシ」とする連中から言われているのが、リヤが下っている、Cピラーが希薄だという意見だ。

 この感覚は、「古く」から日本車的美的感覚と言って幅を利かせており、端的な例がセドグロのY31なんだが、デヴュー当時はCピラーに、前作430からのデザインキーワードを残そうと、オペラウィンドゥがあったが、それが、「軽い」、「高級感が無い」、旧来からの感覚から「セダンらしくない」と嫌われて、マイナーで分厚いCピラーに変更されてしまった。。。


430からのデザイン・テイストを求めて、Cピラーにオペラウィンドゥを嵌め込んだのだが、430に比べて丸みを帯びた面構成が、オペレウィンドゥの存在を「蛇足」にしてしまい不評だった。

 確かに、Cピラーがしっかりしていると、そこだけでも落ち着きやショルダーラインから上の「上屋」の存在がしっかりして「セダン」らしく見える。

 実は、そうした高級車、クルマらしいクルマはCピラーがと言っているのは東洋の島国だけであって、国際的にはもはやリヤ周りの処理は実にスムージーになっているのだ。

 アルファのジュリアなんて実に美しくセクスィだ。


欧州車のCピラー処理は、どれも滑らかでクウペチックだ。それでいて高級感も漂う姿は、デザインの処理の「妙」を感じざる得ないモノだ。

 こうした欧州車のCピラーやショルダーラインやルーフラインの処理の仕方を国産車で早くからやっていたのが日産車だ。


無駄なプレスライン一本も無く、しかしサイドの面の張りが陰影を美しく引き立て、Cピラーが寝ていてもスポーティかつ高級感が漂う

 今回のクラウンのリヤ周りの処理は、実は単純なヤングユーザーの掘り起こしという、かつてのクラウンが繰り返してきたモデルの若返りの「策」だけではなく、直ぐには出さないが、グローバルの大海に放り込んでも、十分に勝負できるデザインテイストを具現化したいというトヨタの切なる願いが込められているのだ。

 このまま先細って行く国内需要だけではなく、あわよくば海の向こうの需要も取り込もうという戦略が見え隠れしていると僕は思うのだ。

 しかし、日本という先細りのローカルな需要、Cピラー命、平面直線のクルマがイイという国内の需要が少数だがまだ根強くあるのも事実だ。

そんな、かたくなな需要には、トヨタの資金力があれば、初代クレスタなんて復活させたら良いのでは!?なんて思ったりする。


パキパキの直線と平面でデザインされ、Cピラーもしっかりある。まさに新しいクラウンに満足できない層に受けるだろう。


これなら、真っ直ぐでCピラーがキチッとあって、きっと所有欲を満足させられるはずだから・・・(笑)






Posted at 2017/11/10 23:47:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年11月07日 イイね!

洗車 ひと月ぶりの洗車

洗車 ひと月ぶりの洗車 何とか今回は三連休になったので、ひと月ぶりに洗車ができた。

まぁ色が色なので汚れが目立たないが、実は結構泥跳ねなどなど気になっていたのだ。

日が登り切って庭に日が降り注ぐ前に片付けようと思っていたが少々寝坊。。。

 それでも7時前から洗車を始めた。

今年は11月になっても手がかじかむような寒さではなく、水道水もそんなに冷たくない。お蔭で気持ちよく作業が進んだ。

 カーシャンプーは、これが意外に泡立ちが良くて汚れも良く落ちる BMW の純正シャンプー。




 泡立ちも良くて、汚れも良く落ちて、すすぎも早い。今のお気に入りのアイテムだ。

ボディが終われば、実は一番気になるホイールの掃除。例の鬼人手を使っているので細かい所まで洗える!!




そしてコーティングをして完了。

 その時点で庭に日が注ぐ様になったなったのだが、何が反射してか分からないがボディにふた筋の虹が!!!


どこが反射してか分からないがボディにふた筋の虹が・・・・癒される(笑)

そんなに虹を眺めていると、民間機が飛ばない我が家の上空にボーイグ747が!!


民間機が飛ばない我が家の上空にB747が!!よく見るとエアーフォースワン!!だといういう事でスマホで激写

良く見ると、例の御方が乗られている『エア・フォース・ワン』!!
我が家の上空を2周して横田基地へと・・・・・。

 まぁ途中休み休みの作業なので、全ての洗車が終わったのが、丁度12時位。
このナチュラル・ハーブというカラーリングは、磨けば磨くほど・・・というツヤはでないが、それでも、遠目で見て塗装の深みが増すので、洗車後は日の燦々と当たる場所に出て眺めるのがお気に入り。


絶品のツヤとまではゆかないが、それでも塗装の見た目の深みが増して眺めるのが楽しみ・・・

 今の仕事の具合だと、土曜日も無い状況なので、次の洗車は来月・・・できるかでいないか。12月と言えば、スタッドレスの履き替えもあって、ちょっと忙しそう。

 スタッドレスと言えば、今年、ちょっとしたところで、お気に入りのホイールとセットで、意外なほどの上物を手に入れたので、ちょっと楽しみだったりして。

再生 ホイール付きスタッドレスを買いに行く。
 http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/39952059/



中古品とは思えない、かなり程度が良いホイール付きスタッドレスをGETしていた。

 さてさて、次はそのスタッドレス早着の話題となるか・・・



Posted at 2017/11/08 13:08:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年11月05日 イイね!

個性 クラウンコンセプトは何を語るのか。

個性 クラウンコンセプトは何を語るのか。 今回の東京モーターショーは、なかなか話題に乏しいのだが、その中で気を吐いていたのがトヨタ。
特に 「センチュリー」 と共に人だかりのあったのだが 「クラウン・コンセプト」 だ。

 これまでの日本的な美的感覚を主体として、かつてはトヨタの、いや、日本のクルマのオーナーカーとしてのヒラエルキーの頂点にあったクラウンも、バブルの時代にはいきなり免許を取った若者でも、所得が豊かになった事もあって、「ハイソカー」として、いきなり所有してしまう「高級車」の一つとなってしまった。

 そしてバブルの崩壊に至り、それまではクルマを持つ事がステイタスだった時代は終わり、個性と生活の多様化が進んだ。

 3Cと言われた時代から、長らくクルマを持つ事が「夢」だったのが、持つ事の意義を問うようになり、何が何でもクルマを持とうという時代は終焉した。

 そうなるとクルマの販売台数は徐々に下降線をたどり、一方、グローバル化の中で、国産車のメーカーは、数を売るとなると、国内向け、海外向けと言った両方とも数が出るから・・という論理では収益が成り立たなくなり、2000年代に入ると、海外の方が数も売れ、粗利も良くなってしまったので、勢い、海外向けの仕様を焼き直して、それを国内向けに投入するようになった。


2L超えても懲罰的に税金が高くなくなり、クルマもちょっと頑張れば買える価格だった・・このクルマから国産車の幅広化、排気量が拡大傾向になった。

 折しも、税制も変わり、懲罰的なオーヴァー2Lへの課税も無くなり、さらに衝突安全性が叫ばれるようになって、クラッシャブルゾーンの確保から国産車も長く幅広になって来て、何も1,700ミリの幅に拘らなくても良くなり、それまで幅広だった海外仕様のクルマを抵抗も無く国内へと投入できるようになって来たことも、本当に国内で使いやすいサイズと、日本人の嗜好に合ったデザインのクルマが減った要因となった。

 さらに、ミニヴァンが流行り出し、趣味というより「必然」という風潮でクルマを所有することになり、ますます国産車の没個性化、ミニヴァン以外のクルマは売れないから作らない・・・という悪循環に陥ってしまった。

 さてさて、かつては「いつかはクラウン」と国産車のヒエラルキーの頂点にあったクラウンも、モデルチェンジを重ねるごとに、ユーザーも年齢が上がり続け、これではイカン!という事で、若返りを何度か繰り返しながら、日本人向けに日本だけを向いて進化し続けてきた。

 しかし、天下のトヨタも、この期に及んで国内だけに特化した「高級車」づくりの限界を感じ始めていた。

 そんな時に登場したのが、モリゾーこと「豊田章男」が社長になり、これまでのがんじがらめに、しがらみだらけのトヨタの販売戦略の見直しに着手した。これまで日本だけに目を向けていればよかった「クラウン」も、亜細亜地域での需要に応じる姿、それでも緩やかなグローバル化の波を被る事になった。

 これまで国内のニーズ、速度で言えば 時速150Km/h 以下の領域で快適であればよかったが、亜細亜地域でも、それでは成り立たないという事で、クラウンで ニュル詣でまで行って新しいクラウンが開発された。


あのクラウンがニュルを攻める。もはや200Km/h のゾーンでも安定して走れる能力がクラウンにも要求される時代となったのだ。

 そうしたクラウンの グローバル化 はエクステリアデザインにも反映されることになった。



Posted at 2017/11/05 14:01:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年10月24日 イイね!

選別 i-MiEV(アイ・ミーブ)が好きな中古車屋さん

選別 i-MiEV(アイ・ミーブ)が好きな中古車屋さん 今日は仕事でさいたま市方面に打ち合わせに行ったのだが、その帰り道、ちょっと気になる中古車屋さんを発見!!

 i-MiEV(アイ・ミーブ) が 5台 に MINICAB-MiEV が 1台 。

 実は画像に見えてないが、奥には リーフ が 2台 置かれていた。

 EV を主体とした中古車という事で、さてさて、売れ行きは!?なんて考えるのは下世話か。

 これからは、ようやくEVも実用に耐えれるような航続距離に近づきつつあるので、こうした EV 専門店が増えるのかもしれないと感じた次第なのだ。
Posted at 2017/10/24 21:06:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年09月13日 イイね!

電装 二十歳のJOGの電装品をリフレッシュ!!

電装 二十歳のJOGの電装品をリフレッシュ!! 今回は、クルマはクルマでも二輪車、さらに言えば「原付」のハナシなのでご了承を。

 さてさて、ウチの SuperJog ZR は二十歳の人間で言えばピチピチの・・・ではなく、2ストエンヂン搭載で、常に高回転に晒されている事もあって、個人的な感覚では人間でいう80、90の淑女だと僕は思っているのだが。

 ボディの樹脂部品も、なんとか最近の樹脂専用のコーティング剤やWAXなどを駆使して、なんとか見栄えだけでも、最近の若いもんには負けない様にしている。(笑)

 しかし、メカの方は年齢に正直で、最近、エンヂンのかかりは悪くなっていたし、燃費もガス・グリップ!?のツキも、顕著に悪くなってきて、ここで電装系のリフレッシュをしてみようと思い立った。

 そこで買い求めたのが プラグキャップ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KN企画 プラグキャップ KN企画 3KJ JOG・スーパーJOGZ/ZR
価格:2052円(税込、送料別) (2017/9/18時点)



と、 プラグ


さらに、 強化イグニッションコイル
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

強化イグニッションコイル:YAMAHA
価格:1922円(税込、送料別) (2017/9/18時点)



を交換することにした。


クルマに比べたら、部品の大きさや構造は簡単なものだ。

 交換自体は、至って簡単なだが、そこへ至る道のりが意外に厄介だったりする。
JOG君の表面を覆っているカヴァー類を外さなけれなならないのだ。なんたって、そこに使われているネジは、「六角ボルト」から「六角ネジ」、さらに「トルクスネジ」と、まさにネジのデパート状態で、しかも年季が入っている樹脂製品だから力加減も大事なのだ。


丸裸状態の JOG 。ここまでばらす手間が・・・・・

 カヴァーが外れたら、後の作業は簡単だ。まさにスカスカという状態で、部品の交換ができる。


二十年選手の部品たち。このヤレ具合が・・・

そして、交換して2000Kmも走っていないのに、プラグは、


考えられる色々な症状が複合して表れていた・・・・

色々な症状が複合して表れており、正直告白するが、「プラグだけでも・・・」と思ったのは内証にして頂きたい(閑話休題)

 交換自体は10分もかからなかった。


クルマもそうだが、部品にカラフルな色が入ると、エラク高性能な気がしてしまうのは何故だろう!?

 交換後は、セルが軽く回っても一発で始動するし、なんたって最高速は劇的に変わらないが、ガスペダル・・・いやいやガスグリップ!?の回転に素直にエンヂンがレスポンスするようになった。

 これで、後20年は・・・は言い過ぎかもしれないが、ホンダなどに比べて華奢なヤマハのシャーシでも、今しばらくは乗れそうな気がしている次第なのだ。



Posted at 2017/09/18 04:11:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.