• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2017年05月19日 イイね!

進化 17年の進化が直視できるか。

進化 17年の進化が直視できるか。 この手の動画は以前から盛んに UP 、再生されてきたが、今回の動画は、なかなか色々な意味で見応えがある動画だった。

 1998年式と2015年式の 「カローラ」 同士で衝突試験をした動画なんだが、かくも安全性がココまで進化しているのかと思い知らさえる動画だった。

 僕が注目したのは、車内の破壊のされ方だ。

 これまでも、色々な動画で車内の様子は UP されていたが、今回ほど広範囲の破壊のされ方が明確な動画は少ないだろう。

 ここまで、インパネが壊れるとは。1998年式が古いとはいえ、当時は衝撃テストで悪い結果ではなかったクルマだ。それが、17年の進化でここまでクルマの構造が変わった事は実に興味深い。

 これで古いクルマは乗らない方がなんて言うつもりは毛頭無いが、こうしたリスクがあるから、古いクルマを労わるという観点からも、無理をしない、大事に乗りこなす言う事が大事だと僕は思うのだ。

 
車内の衝撃のによる破壊のされ方に大いに注目して欲しい。

 そうそう、以前にもブログにUPしたが、よく、古いアメ車は鋼板が分厚くて、大きくて、重いから現代のクルマが衝突したら木っ端微塵だ・・・・なんていう声を聞くが、いやいや、現代のテクノロジーは、そんな、まやかしの言葉が、もはや現代には通じないという動画がこれだ。


デカくて鋼板が分厚くて丈夫とか言われて来たのが間違いだと分かる。

 一概にクルマの大きさなどでは、安全性が語れないという動画だろう。

ただねぇ・・・じゃあ軽自動車は言うと、実は安全性が ★5 と言ってもやり方が・・・なんで、それは・・・

 何事も勉強ですな。





Posted at 2017/05/20 22:34:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年04月26日 イイね!

劇安 1500ドルのクルマで楽しめ!

劇安  1500ドルのクルマで楽しめ! 細かい事は抜きにしてなんだか見ているだけで楽しい動画。

 「激安」と言うより、「劇」安のクルマの程度はやっぱり酷いんだけど、それでも RX-7 はやはりスポーツカーだって再確認。

もう1台のシヴィクは、ヘッドライトが付かなければ手持ちのLEDライトを使って・・・・

 最後の辺りで、シヴィクがサイドを使ってターンするシーンがあるんだけど、僕が若かりし日、広い敷地で、サイドを引っ張って、何とかクルマの向きを変えてやろうと必死になってやってたのを思い出してしまった。

なんだかクルマを楽しむっていう単純さを見ていると、なんだかうらやましい様な。

 息抜きにどうぞ。

Posted at 2017/04/26 05:38:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年04月24日 イイね!

加給 AE92 SUPER CHARGER に再会した

加給 AE92 SUPER CHARGER に再会した 今日は、子供がひと月に一回の定期診断、診察、リハビリの日で、何とか休みが取れたので、LCV E STAR で遠い遠い病院まで遠征した。

 この病院は、難病と言われる病気のエキスパート、それを研究する医療関係者が多く、うちの子と同じ病気を持つ子供たちが全国から来ていて、以前にもブログUPしたが、九州からとか待合所ではいろいろな思いが交錯して複雑な思いに駆られてしまう。

 今回は、診察が比較的早く終わり、リハビリとなったのだが、そのリハビリの最中に、ちょっと所要を思い出して LCV E STAR に戻ると、隣には AE92 が、かなり決まった姿で止まっていた。

 フロントバンパー下の、巨大な エアダムスカート 、現代風に言えば ハーフエアロ が 目立つ。

 ちょうどバブル真っ最中で、クルマの開発にも、クルマそのものにもお金が潤沢に使われたので、実に個性的なクルマが多かった。

 そうそう、トヨタが「スーパーホワイト」とか「スーパーホワイトⅡ」なんていう異常に白いボディカラーを開発して次々に新車に採用し、それがどれもこれも売れたものだから、他社も一斉に追従。

 白いクルマが溢れたのも懐かしい記憶だ。


オプションてんこ盛り時代の申し子・・・T12オースター。「半レース」のシートカバーが懐かしい・・
このオースターも美白時代の申し子だ。

 話をAE92 に戻すが、デザインは、まさにソアラで確立した、ABCピラーを延長すると交差するとか、6:4の比率でピラーを構成という手法で作られており、まさにミニソアラと言った風情だ。

交差 F31レパードとZ20ソアラの怪しい関係
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/713791/

 デザインも良いし、内装なども豪華。売れない筈はなく、たしかAE90シリーズは、歴代で一番売れたシリーズだったと思う。

 それでも売れすぎて、意外に残存個体数が少ないという皮肉な状況の中、なかなかのコンディションで生き残った、このAE92は貴重かも。

 これからも大事に乗って欲しいものだ。 






Posted at 2017/04/25 06:00:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年04月20日 イイね!

除去 プラズマクラスター と 空気清浄機ホルダー PZ603

除去 プラズマクラスター と 空気清浄機ホルダー PZ603 「超」が付くくらいの花粉症の家族のために、先代の BX-Car から使用している シャーププラズマクラスターイオン発生機 

 僕は花粉症でも何でもないので良く分からないのだが、確かに家族は シーズンになると本当に大変そうで、ならば少しでも外出時にラクになれば・・・と思って買ったのだが、カップホルダーに置くタイプは一見すると場所を取らなそうで良さげなのだが、実際には、ホルダーにピッタリとマッチしていないので、走行中にカタカタと動いたりして意外に気になるもんだ。

 なんといっても、飲み物を買って、さて、ホルダーに・・・と思っても清浄機がデンッと置いてあって不便。

 そこでBX―Car でも使用していた、こうした便利グッヅなど多数リリースしている 【ヤック YAC】 の空気清浄機専用のホルダー 【ヤック YAC】空気清浄機ホルダー PZ-603 を再び購入した。

 早速、取り付けてみた。



 ちなみに LCV E STAR への買い替えに伴って、シャーププラズマクラスターイオン発生機 も買い替えた。


さてさて、【ヤック YAC】空気清浄機ホルダー PZ-603なんだが、強力な ゲル 吸盤 という事でシボがあるインパネなどにも装着できるという事なのだが、残念ながら BX―Car では引っ付かなかった。果たして LCV E STAR は如何に!?
早速、装着。


強力なゲル吸盤は、本当に強力で、清浄機をぶら下げるような付け方でもビクともしない!! 

 普通はセンターコンソールの横に付ける事が多い様なんだが、意外にシートに座った時の足元が狭くなるので、カップホルダーの真後ろに付けてみた。

 今回は何事も無かった様に、ゲル強力吸盤は機能して、清浄機が宙ぶらりんの状態でビクともしない。
さらに、しっかり清浄機をホールドするので、走行中もカタカタなど音を立てる事もなく、更にホルダーが楕円に作られているので、清浄機の吸い込み口が広く空間が空くので、効率よく稼働しそうだ。

 清浄機の効果は、あれほど花粉症に悩んでいる家族が、クルマに乗るとラクになるのを見ると、間違いなく効果がありそうだ。

 さてさて、次はどんなアイテムを試そうかと思案中なのだ。










Posted at 2017/04/21 06:08:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年04月01日 イイね!

完成 F30(現行3シリーズセダン)フェンダー板金

完成 F30(現行3シリーズセダン)フェンダー板金 ようやく次のステップに進むために、久々に 横浜市にある 「植木モーター」(横浜市都筑区池辺町4686) へ訪問。

 すると、前回お邪魔した時に作業を進めていた、現行BMW 3シリーズセダン F30 のフェンダー加工がほぼ完成していた。

 リヤ周りの処理は圧巻で、


手叩きで、ここまでの曲面が出せるとは・・・匠の技って凄いモノだ。

ノーマルのボディとの整合性や、継ぎ足した部分の破綻など微塵も感じさせないものだった。

 255のサイズのタイアがラクラク入り、


角度を変えて見ても、曲面のスムーズさは惚れ惚れするものだ。255サイズのタイアが、これまた平然と入っている。

 前側からみても、確かにM3を参考にしているが、決して型などは取らず、見た目だけで具現化しているのも凄い事だと感心した。


ドアパネルとサイドシルとの整合性も、M3を参考にしたとしても実現できる技が素晴らしいモノだ。

 それは、フロントフェンダーにも言えて、


板金前と板金後の様子。フロントも違和感なくフェンダーが張り出している。

違和感なくフェンダーが張り出している。


ちなみに、これがノーマルの F30 の様子。比べたら、その差の大きさに驚くだろう。

 まぁ、ここまでボディに手を加える事に色々な意見はあろうが、それはそれで、板金という一つの技術で、ここまで仕上げる事が出来るという「技」は見事としか言いようがない。

 以前、某自動車メーカーに行った時、技能オリンピックで優勝だかなんだかメダルを取った方の実演があって、一枚の板から、丸いヤカンを作ったのW見て驚いたものなんだが、まだまだ、そんな日本の匠の技が、こうした小さな工場でも生きているんだなぁと実感した次第なのだ。

Posted at 2017/04/02 07:48:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.