• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2006年05月31日 イイね!

定番 やっぱりコメダが好き!?

定番 やっぱりコメダが好き!?





先日の、みやこしさんの「ミニカエアーショック」の中でチラッと触れたコメダネタ・・・
どんなモンを食したのですか?という有り難いご指摘を受けましたので。。。
(;^_^ A フキフキ

空圧 エアーショック!ミニカ完成!(一応・・)
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=1983528

その前に・・肝心なエアーショックの「ミニカ」の印象を。。。

まず、元々ショックは「トッポBJ」のモノだそうで、そうなると予想されるのがリヤの設定が固いのでは?という事だが、まったく予想通り・・といえると思う。

ただ、それは不当に固いというのでなく、かなりダンピングが効いており、どんなショックも一発で収束してしまう・・・という感じだ。
合わせてバネも固い事も相乗効果として、締まった乗り心地の演出に一役買っていると思う。

ただ、それが最近のクルマのデキの良さで、不当にガタガタとか上下動がして・・という感じになっていないのには驚いた。

タイアはグッドイヤーのLS2000だ。

このタイアは、中身は住友製であって、そう「デジタイア」の「ルマン」と兄弟となるタイアだ。
グリップレヴェルはそんなに高くないが、なにより乗り心地がよく、パタンノイズも少なくて僕的には好きなタイアのひとつだ。

このタイアで、BOBさんは果敢に攻めて、いやぁ~リヤがズルズルと出ていたのだが、これが怖くないのだ。

三菱のクルマに共通して言えるのだが、素直な操縦性、それがこのミニカにも備わって、さらにエアーショックもそれをバランスを崩さないで作用している・・といえると思うのだ。

といった感じで、ミニカの試乗も行ったのだが。。

さてさてメインイヴェント!?であるコメダ三昧であるが、今回は、男四人でコメダ江田店になだれ込んだハナシは前回のブログの通りである。

珈琲所 コメダ珈琲店 江田店
http://carlife.carview.co.jp/UserSpot.asp?TownInfoID=5539

まずはBOBさんがオーダーしたのは「コロッケバーンズ」。
これは以前ブログした「ハンバーガー」の仲間である。



巨大 コメダのハンバーガーを知ってるか!?
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=1886037

フカフカのパンの中に、これまた肉厚のコロッケが入っており、「ハンバーガー」と共にコストパフォーマンスの高い一品に間違いないだろう。

そして、みやこしさんは「カニグラタン」をオーダーした。



大きさはほどほど、しかし、考えてみれば喫茶というジャンルのお店で、尚且つ¥600ちょっとの価格でこういったメニューを食せる事が驚きかもしれない。

みやこし氏曰く、グラタンの上にのっている のり が存在感を強調しすぎて、せっかくのグラタンの味をスポイルしていると、かなり辛らつなインプレッションだった。

どうも のり というモノに対しては、自然と手厳しい評価を下してしまうモノらしい・・・閑話休題。

げぺんぎんさんは、「カツサンド」をオーダーしていたが・・・これも相変わらずボリュームが凄い・・・



さぁ文句言わず喰ってみろ!と言わんばかりの量に、毎回一同寒心(本当に出た瞬間、そのボリュームに背筋がゾクッとするのだ!?)いや、関心するのだが、これも¥700ちょっとで食べれるのだから、もはや「軽食」の領域を飛び出してしまった・・という一品である。。

そして、今回初めて僕がチャレンジしたのが「エッグバーンズ」だ。



これもBOBさんがオーダーした「コロッケバーンズ」と同様に、低価格族ハンバーグ科の分類に入るのだが、確かに大きさは「ハンバーグ」と同じ大きさなのだが、「コロッケ」や「ハンバーグ」に比べると、厚みが少なくて、これは価格相応(¥360-)だと感じた。

しかし、程よいとろけ具合の卵と、ソースとのマッチングが絶妙で、美味しい一品だと断言できるだろう。。

それにしても・・・コメダに行く前は、「毎回コメダなんで他にしよう!」と言いつつも、結局はコメダに来てしまう我々は・・・

「やっぱりコメダが好き」って言われても反論の余地は無い様である。。。。

.
Posted at 2006/05/31 11:06:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 食べる | グルメ/料理
2006年05月30日 イイね!

格差 ジャグァーが大幅値下げすれど・・・

格差 ジャグァーが大幅値下げすれど・・・







最近、あのジャグァーが値下げしたとプレスリリースが出た。

ジャガーのブランドイメージを強化し、競争力の高い価格設定を実現
- 6月1日 (木)より全国一斉発売 -

http://www.jaguarjapan.com/news/154.html

まぁ、それを読むとだ、今まで日本向けに15車種を売っていたのだが、最近は余り売れてないので10車種に減らした。

さらにその内の数車に付いては 大幅な値下げ をして、よりたくさん日本の方々に買って頂こう・・・

というものだった。

徳小寺 無恒、時間を見つけて古い販売価格などを調べて新旧の差を調べてみたが・・・

少ないもので約20万円、XJに至っては290万円くらいの値下げがされたいた・・・

いやぁ、さすが天下のジャグァーだ!

300万円近くも値下げするなんて凄い!と喜んだのもつかの間、考えてみると値下げしたと言っても1000万円近い価格には代わりが無い・・・

憧れの「ラディアンスレッド」のXJは、徳小寺 無恒にはまだまだ手が出そうに無かったのであった。。

.
Posted at 2006/05/30 17:54:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2006年05月30日 イイね!

解消 ストレス解消には「大食い」がいい!?

解消 ストレス解消には「大食い」がいい!?今日はコレとコレを・・・なんて思って会社に行くものの・・・

後から後から仕事が湯水の様に湧いてきてキャー大変!!

とストレスが溜まりに溜まったお昼時、そんなストレスの発散をどうするか?

クルマを延々と走らせてストレスを発散・・午後の仕事もあるんでそれも敵わず。。。

さればどうするか?

僕の場合、本家の様に「昼食は¥3,500-以下のものは食べない・・」なんて言えない身分なんですが、わざわざ「中華太郎」まで行くんですね。

とにかく満腹になりたい方へ・・
http://carlife.carview.co.jp/UserSpot.asp?TownInfoID=5705

まぁTOP画像を見てください。。

これが日替わりの定食の一例なんですが、どんぶりいっぱいのご飯。
20cmくらいのお皿に溢れんばかりの「野菜炒め」の山!
なんとこの山の高さは、ドンブリの縁とほぼ同じ高さで、幅も半端じゃあありませんねぇ。。

これを汗をかきながら一心不乱に食す。

もう、最後の方は「無我」の境地になってします。。

決して・・美味しいという類のお店ではありませんが、大食いをして、ストレスを発散する、とにかくお腹を満腹にしたい・・という向きには最高のお店です。。。


さてさて、これから図面を10枚描きあげますぞぉ~

.
Posted at 2006/05/30 14:30:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 食べる | グルメ/料理
2006年05月29日 イイね!

不死 広島の「青い鳥」は蘇った!

不死 広島の「青い鳥」は蘇った!










惜別 広島の個人タクシードライヴァーからのメール。。。
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=1946102

復活 広島のU14ブルーバードタクシーのその後・・
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=1973912

G11シルフィが、小型車の枠に入らない事が判明して、N氏の新しいクルマ探しが始まった。。
そして運命の「赤い糸」は、神々が寄り集まると言う「出雲」の国へとN氏を招いた・・・

N氏の見出した新しい「青い鳥」は、広島へと陸送された。

ここから、また新たなドラマが始まった。。。

それは、タクシードライヴァーとしての顧客への「もてなし」を最優先するN氏の姿と、クルマへの並々ならぬ拘りが、単純な個人タクシの枠を超えたオーナーカーとしての完成度も高めたモノとなった。。。

ここからは無粋な私の文章より、N氏から僕へ送られて来たメールをそのまま拝借して皆さんに、今のN氏の「ブルーバード」の姿をご紹介しよう。



運賃メーターの取り付けですが、日産クルーやトヨタのコンフォートはタクシー専用車のため、最初からメーターの取り付けスペースは確保されているのですが、ブルーバードにはないので無理やりくりぬいてはめ込みます。

この取り付けは私の利用しているメーター屋さんの苦心の作品のひとつです。



今回、新しくカーナビを購入しました。前車に付けていたインダッシュTVは出すときと収めるときに手動でしか反応しなくなってしまいました。
カーナビの取り付けでこだわったのがモニターをインパネの右側に取り付けることです。

これもメーター屋の親父さんの作品です。

お客様からの行き先について、運転手が走りながらカーナビ検索をするのはあまり気持ちのいいものではありませんよね。
この位置だとお客様からはあまり見えないし、右下に設置した状態でのリモコン操作ですからまったく気づかれません。
タッチパネルでリモコンは必要? という購入前の疑問は崩れました。



サイドブレーキの横に取り付けられたレバー。これは自動ドアのレバーです。

普通個人タクシーは小さなボタンを引っ張るエアー式です。
法人は運転席右下のレバーを引く機械式ですが、ブルーバードにはエアー式の自動ドアなどなく、運転席右側にはクルー、コンフォートと同じ機械式を取り付けれるスペースがありませんので特注品の自動ドアをこの位置に取り付けます。

このオートドア、部品代 58,000円、工賃 19,000円 でした。



さて、こうして数々の難関を経てタクシーに仕上がりました。

横のラインはマグネット式ですので自家用で使用するときは外します。もちろんアンドンも、洗車の度に外して張ってと・・・・けっこう疲れます。



そして大切なクルマのナンバーですが、今回希望ナンバーは2006にしようかとも考えましたが、前車と同じく****です。
だから、個タク仲間では私が代替したのを気づかない方がほとんどです。

ただし、かなが、い→ に変更になってしまいました。



前車も字光式のナンバープレートでしたが今回から発光ダイオードの字光式です。

この黄色い部分が緑色に変わり明るく照らします。電球の時のように照らされた光にムラがありません。

今のところ発光ダイオードの字光式はおそらく私だけではないでしょうか。

一般車も今までの電球から変更になったのですかね。


数々の拘りと、工夫によって新しいN氏のタクシーライフは始まった。

今回、新しいブルーバードの紹介も兼ねて、色々なタクシーの装備に付いても画像を送って頂いて、丁寧な説明までコメントを頂いた事には感謝に堪えない。

特に、いかにメーカーが作り上げたクオリティを守りながら、タクシーとしての機能を損なわないかと言う工夫や心遣いには、驚きを隠しきれない。

特に右側に置かれたナヴィのモニター・・・という発想は、乗客を乗せてさらに安全に不安無く送り届けよう・・という、まさにプロの執念を見た様な気がした。

それでいて、取り外しのできるブルーのラインや、字光式ナンバーに、オーナーカーとしての自己主張を忘れない・・という、クルマ好きの心意気も忘れられていなかった。。。

僕ももう20年何がしクルマに乗っているが、いつまでもこういった職種は違えどもプロとしての意識や、クルマへの拘りは忘れたくない・・そう改めて思ったモノだ。

N氏の補足だが、字光式ナンバーに付いては私のサイトにも扱ったモノがるが、当時はまだ「LED式」は、まだまだだったので取り扱っていない。

字光式ナンバーにしよう!!
http://u14sss22ltd.fc2web.com/u14main/jikoushiki/jikoushiki.html

最近は、色々なメーカーから同じ様な製品が出ているので、検索サイトなどを駆使して探してみると面白いかもしれない。

http://www.kyoeiad.co.jp/wap/bodyflame3.htm

今回、「ブルーバード」というブランドが縁で、私へメールを送って頂いた広島の個人タクシードライヴァーの Nさん。

そのメールから、ただ「ブルーバード」に乗っていますよという、それはそれで嬉しい便りなのだが、それ以上の「ブルーバード」に対する拘りや、クルマに対する価値観に、僕はいたく感動してしまった。

本来クルマは、移動する手段という機械でしかない。

しかし、そこに多くの人たちが温かみを感じて、大事なパートナーとしての「情」を感じ取っている事は疑うべくもない事実だ。

それを、生活の生業として毎日接し、さらに多くの人々の足としてご活躍されている姿を見るにつけ、

僕は「クルマに乗っていて良かった」

と素直に感じた。

今回の三回に渡るブログを、皆さんに読んで頂いて、そこからクルマに対して、ブルーバードについて、日産というメーカーの姿勢に、ひとつでも感じる事があったとすれば、僕はNさんの思いを100%で無いにしろ、少しでも伝える事ができたのでは・・と思っている。。

あぁぁ僕も、こんなドライヴァーとしてのカーライフを送りたい・・・そう思った事も最後に付け加えて、このシリーズを一旦締めくくりたい。。そう思うのだ。

広島の Nさん。

ありがとうございました。


.
Posted at 2006/05/29 15:18:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | レアタクシー | クルマ
2006年05月28日 イイね!

空圧 エアーショック!ミニカ完成!(一応・・)

空圧 エアーショック!ミニカ完成!(一応・・)






玉砕 ミニカ豪雨に流される!?
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=1933714

時ならぬ「豪雨」や、ちょっとした組み付けの誤解から完成に至っていなかった みやこしミニカ 。。。。

一週間のブランクを経て、みやこしさんや BOBさん の熱意によってついに完成(一応・・)を見る事になった!!

これが「エアーショック」の威力だ。



これだけ車高が変わってしまうとは、まったく面白いものである。

ただ、此処に至るまでには、ちょっとしたアクシデントがあって、ホームセンターへ買出しに行く事になったのだが、買出しマシンとして白羽の矢が立ったのが 二代目白い怖い車を襲名したBOB号 であった。

購入して、ポンカムやノンアスのクラッチなどが組まれていたが、購入した段階で、すでにコレはと思われる処に手が入っており、本人曰くなかなか面白いクルマに仕上がっている・・とのことであった。。。


手前が「二代目襲名白い怖いクルマBOB号」だ

シートに腰掛ける、この頃の日産車のデフォルトで「シートベルト」が戻らず延びたままだ。

シフトは「クイックシフト」が入っているが、ストロークが短いのは良いが、動作が硬く当初は慣れが必要だ。

みやこし邸を出て、低速だがアップダウンのある道を走ると、まずSR20DEの苦手としている2000min-1以下のトルクのか細さが感じられない。下からグイグイとトルクがあって、カッタルさを微塵も感じない。

これは、ノンアスの強化クラッチも効いているだろう。

なにせ、ウチのlimited号のクラッチはノーマルなので、まともに踏み込むと滑ってしまうので、優しく扱わないといけない・・・それが、このBOB号には無用で、尚且つ、強化クラッチの恩恵でまったくロスなく繋がっている事も大きいのだろう。

そして2500min-1以上は、まさに独壇場の加速を味わえる。

もともとU14ブルのLIMITEDには「ハイオク指定」の別チューンのエンヂンが組まれているのだが、その恩恵で、これまたSR20DEのトルクスポットがある3500min-1前後の谷が無い事との相乗効果で、まさにリニアにエンヂンの回転と加速度が上がって行く。

さらにポンカムと軽量フライホイールが効いてきて、これがSR?と思わせる力強く、そう軽快に軽々といった感じでクルマを前に進めさせる。

とにかくスムーズなのだ。

クラッチを労わりながらガスペダルを踏まないといけないLIMITED号では、このBOB号の力強さは望めないだろう。。

これでECUを弄れば、とんでもない、ある意味で「大人のハイパーU14」ができる事間違いなしである。

私も家庭を振り返る事が無視されるなら、やはりBOB号を見習って手抜きした駆動系の見直しをぜひしてみたい・・と痛感した次第である。

ホームセンターへ着き、所望のモノを買ってみやこし邸に戻ることにしたのだが、ちょうど時間がお昼時・・・
お腹も減って来た事でもあるし、なんと言っても コメダマイスター の「げぺんぎん」 もおられると言う事で江田のコメダになだれ込むことにした。。

珈琲所 コメダ珈琲店 江田店
http://carlife.carview.co.jp/UserSpot.asp?TownInfoID=5539

お昼直前・・さてさて満席か?と思われたが、雨男の呪縛から開放された我々にとって「運」は洋々と開かれていたのであった!

珍しく席が空いており、さらに6人がけのテーブルにも着くことができ、ここで空腹を満たす事ができたのあった。。


作業中&冷やかし中&ケツ圧の高い人・・ミニカを囲んでワイワイの図





.
Posted at 2006/05/29 09:58:31 | コメント(4) | トラックバック(1) | クルマ | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.