• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2012年05月31日 イイね!

不慣 軽自動車に「T」マークは、まだ慣れませんなぁ。

不慣 軽自動車に「T」マークは、まだ慣れませんなぁ。 ようやくと言うか、やっと公道を走る 「PIXIS」 を拝めました。

しかし、取り敢えずラインナップしましたというトヨタのやる気なさに比例して、市場での人気度は今一つどころか、今三つというところ。

 こうした点では、最近、商社行為に目覚めた日産は実に商魂たくましく、本家より数を売ってしまうという OEM 専門メーカーとしての道を確実に歩んでおります。

 
 いやぁ・・・それにしても軽自動車に 「T」 マークは似合いませんなぁ。
Posted at 2012/05/31 21:33:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2012年05月30日 イイね!

誤握 シフトミス(笑)

誤握 シフトミス(笑) 短納期対応で、ドライヴァーが出払い、ピンチヒッターで、只今配送の応援中。

渋滞の最中、ブラインドタッチでシフトを握ったら……

思わず空振り!!


握ってはいけないモンを、シフトレヴァーと間違えて操作してしまった。

誰も見ていなかったが、木っ端恥ずかしかった事は内密に願いたい。
Posted at 2012/05/30 15:06:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年05月29日 イイね!

当然 あたり前田の クラッカー

当然 あたり前田の クラッカー




 最近は、仕事量こそ多くないが、納期明日!の様な短納期対応が多く、ここ数日は帰宅が23時前後が珍しくない状況で、まぁ仕事が無いよりはマシなんだがねぇ。

 さてさて、そんな殺伐とした状況が続く職場で、職場の仲間が週末関西方面へ行ったという事で、お土産をもらったのだが、いやはや僕らの世代には懐かしい

「あたり前田のクラッカー」

で、これで一気に職場の雰囲気が和んだ。

 凄くストレイトなお土産なんだが、ある意味 センス を感じたひと品だったし、しかも気軽に食べれる!

 

 ごちそう様!でした。
Posted at 2012/05/29 02:35:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年05月28日 イイね!

再生 シーマ降臨。何がシーマなのか。

再生 シーマ降臨。何がシーマなのか。



 さてさて、もう話題の中心では無くなった感がするが、あの懐かしいブランドが帰ってきた。そう「シーマ」だ。
初代シーマは、バブル期と言う事もあって、


スケッチを通り越して、いきなりクレイから造形された。それが逆に個性的なエクステリアを生んだ。

それまでオーヴァー2Lは数が出ない、売れないのジンクスを破って、怒涛の勢いで売れていった。まぁ、それまでの高級車ときたら、「威厳」とか「見栄え」ばかりを追求した物ばかりで、なかなかオーナーカーとしての高級セダンというのは皆無に等しかった。

(確かに、ローレルなどに2.6Lや2.8Lはあったが、所詮5ナンバーボディにオーヴァー2Lエンヂンを積んだものだった。。。閑話休題)

 それが、ベースのY31、確かにコイツも、それまでのセドグロとは違ったパーソナルでスポーティなルックスで話題を振りまいたが、


ベースとなったY31もスポーティな出で立ちになったが、シーマはベース車とは明らかに見た目から違っていた。

 それをベースにしたとは思えない、滑らかで艶やかなボディスタイルで登場したものだから、世間では、セドグロとは、まったく違った、新しい時代の、新しい車種として「シーマ」を受け入れたのであった。

 ただし、日産はあくまで「シーマ」はセドグロの上級車種として位置づけ、「セドリック・シーマ」、「グロリア・シーマ」として売ったのだが、それは、正直ブランニューでは売れないのでは?という危惧と、中小企業の経営者が「シーマ」を購入する際に、新しい高価な高級車を買ったとなると、金融筋に良く思われないという事も鑑みて、あくまで「シーマ」はセドグロの一部であるかの如くにして売っていた・・という裏の事情もあったのだ。

 それから月日は流れて、バブルが弾けて、長い長い景気の低迷、そして何より日産の停滞が続き、「シーマ」の脈略は途絶えてしまったのだったが・・・

 それが、この五月に、再び蘇ったのだが、正直、どう見ても「フーガ」のデカイ版で、いくらパネルの継ぎ目を詰めようが、塗装を水研ぎして塗装を艶やかにしようが、ちょっと前の「プレジデント」の如く、一般の人には「フーガ」として見られていない様に思うのだが・・・

 そこで、他所であまりやっていない、「フーガ」と「シーマ」の比較をやってみたいと思う。


フロントの造形はグリルからバンパーまでシーマ専用となっている。インフィニティとも違っている。

 まずフロントの造詣だが、これはオリヂナルの「フーガ」でも、「インフィニティのM」とも違った、造詣が与えられている。
日本的な「威厳」とか、分かりやすい言葉で言えば「押し出しに強さ」と言った感じだろうか。
 フロントグリルには、太いメッキの取り巻きがあり、若干だが前へと押し出されている感じだ。さらに、そのフロントグリルを際立たせる為に、バンパーの形状も変えられており、よりフロントグリルが目立つような造詣となっている。

 一方のリヤなんだが、


リアは大きな変更が見られない。ナンバー周りの縁取りしか目立たない。

 こちらは、フロントと異なり、単純にナンバーの周りの縁取りくらいしか変化は見られない。
僕らの世代としては、昔のセドグロの様に、テールランプのターンとストップの配列を変えたり、ちょっとした変化付けをして、その違いを際立たせてくれたら・・・と感じたのだがどうだろうか。

 サイドを比べると、 


150 mm のストレッチが、全てリヤに回った事が分かる。リヤドアの長さの差に注目

 150 mm のストレッチが、BピラーからCピラーの間に費やされていることが、リヤドアの上枠と、ドア下部の長さを見ると一目で分かるだろう。

 みんカラの友達が言っていたが、実は、このデザインのオリヂナルはシーマで、フーガはそれを縮めたモノ・・・というコメントも、長い方の(シーマ)まとまり具合を見ると「強ち」と感じてしまうのだ。


 さてさて、次は室内などの違いを探してみようと思う。
Posted at 2012/05/28 05:12:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2012年05月26日 イイね!

二台 今月のカレ定は「藍」「紅」の揃い踏み

二台 今月のカレ定は「藍」「紅」の揃い踏み 随分と行っていなかった カレ定 に久々行ってみたのだが。。。

来ていたのは僕とお杉さん の二人のみ!!

ガラガラのカレスト第一駐車場に 「藍」 と 「紅」 の目出度い二色のそろい踏みとなった。

 これじゃ長い時間いてもねぇ・・・という事で、しばらく歓談したら散会しようかと思っていたが、そうだ!「シーマ」の展示会をやってるんだと思いだし、店内へと足を運んだ。


広い広いフロアーにポツン!と置かれた日産の新しいフラッグシップ「シーマ」。背後の垂れ幕が時代錯誤の感じ

 相変わらず、広いフロアーの隅に、ポツン!と「シーマ」は置かれていた。しかし、背後の垂れ幕が時代錯誤というか、取り敢えずあるモンで飾りました!という事で、新しい日産のフラッグシップはその存在感を如何無く発揮していた。。。


ぶっ太いメッキのグリルにメッキで華燭されたバンパー開口部

 フロントグリルは、太いメッキの縁取りがされ、グリルそのものの位置も前進している様に見える。なかなかの存在感と押し出し感だが・・


リヤ周りは弄りに弄っているが、どこから見ても「フーガ」だ

後ろへ回ってみると、色々と弄っているけどやっぱり「フーガ」。


広くなったと言われるリヤシート周りだが、これでようやく普通の広さになったと思う。

 この後、色々とドアを開けたり、トランクを開けて目が点になったりと、新しい「シーマ」の簡単なレポートをしてみたいと思う。。。
Posted at 2012/05/26 18:48:23 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.