車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2012年06月30日 イイね!
外食 カミさんが居ない夜は… お久しぶりのブログだか、クルマネタではなく『外食』ネタで失礼。

今夜、カミさんは、夏と言えば、この人達と言われるグループのライブに行ってしまい、さぁ!自炊するぞと意気込んだのだが…

結果、近所のファミレスのカレーの匂いに負けて、子供と外食ナウ!と相成ってしまった。

オーダーは勿論

『カレー』

まぁ、たまには、子供と二人きりの夕食も良いモンだと、ずぼらを堪能中。
Posted at 2012/06/30 18:43:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | 食べる | グルメ/料理
2012年06月28日 イイね!
透明 靴選びの強い味方! 靴を選ぶ時、必ず履いてみるというのが鉄則だが、自分の靴を選ぶのであれば、ある程度感覚が養われているので何とかなるが、事、小さな子供の場合には正直あやふやな場合が多いモンだ。

 特に学校で履く、上履きは、履いている時間が長いので意外に上履き選びは重要なのだが・・・


最近、そうした子供用の上履きを選ぶ際のツゥールとして、透明な試着用の靴が用意されている靴屋が増えている事をご存じだろうか?

 こうして透明だと、靴の中の様子がよく分かって、足が窮屈なのか?逆に遊んでいないかがよく分かって上履き選びに重宝するモンだ。


 いやぁ・・・この透明試着靴、大人だって重宝すると思うんだが如何だろうか?
Posted at 2012/06/30 20:47:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2012年06月27日 イイね!
異種 ランドセル STIバージョン 2012 を知っているか!?








 7月3日より、スバリストならずとも大いに注目したい 一品が リリースされる!

その名は
 ランドセル STIヴァージョン 2012 

あの STI から、誰もが想像できなかった ランドセル が売られるというのだから、「なぜ!?」という声と共に話題沸騰中なのだ。

 なぜ STI からランドセルかという問いかけには

「子供が人生で初めて所有する高価な製品」であり、「ほぼ毎日使う製品」であるため。ランドセルには安全性が求められ、絶対の安全性が求められる自動車メーカーとして価値観を共有できる製品であったこと。(Car Watch インタヴュー記事より転用)

だという。

 販売個数は 限定 50 個 で、カラーは 「ブラック」 と 「チェリーレッド」 の二色のみ。

価格は6万3000円 というから、ランドセル相場としては、高級品に部類に入る。

 限定品と言う事で、イニシャルプレートとシリアルナンバー 1/50 ~ 50/50 がそれぞれに刻まれる。

「耐久性」、「機能性」、「安全装備」を STI のアイデンティティと共に の自信に満ち溢れたキャッチコピーと共に 7月3日午前10時より予約販売が開始される。

 ランドセルのメーカーとは違った観点で、考えに考えられた STI のランドセル。

少々お値段は高いが、本物の価値観という選択眼を持った、多くのクルマ好き、いや親としての真贋で吟味して検討してみてはどうだろうか。

 久々に、面白い!と感じたニュースだと僕は感じたが、皆さんは如何思っただろうか。

ランドセル STI ヴァージョン 2012
http://www.sti.jp/sticollection/randoseru2012.html
Posted at 2012/06/27 12:57:54 | コメント(3) | トラックバック(1) | ニュース | 日記
2012年06月26日 イイね!
教宣 せっかく集まったのだから・・・ 先日、ディーゼル車の 黒煙 に付いてのブログを UP したが、ようやくここに来て 「ポスト新長期規制」 と、何より コモンレール式フェールポンプ の普及で国内でも、新しいディーゼルが普及するようになった。

 実はディーゼルに付いては、僕の世代でも一度大きな変革があって、列型噴射ポンプから 分配型噴射ポンプへの変革があって、その時もパワーや回転の伸び、黒煙の排出削減が大きく進んだ時期がった。

 それを大いに活用したのが、日産で、ガソリンエンヂン・ベースに LD28 や LD20 などというエンヂンを輩出して、大いにディーゼルへの注目度が盛り上がったモンだ。
なんたって、C210 スカイライン・ジャパン にも LD28 は搭載され、世界最速のディーゼル(市販車)なんて言って、サーキットを走らせたCMをやっていたっけ。

 そんなディーゼルも、まだまだ黒煙の問題は 100% クリアーできず、さらに、馬力が上がったとはいえ、ガソリン車に比べると燃料代以外に大きなアドヴァンテージがなく、新しい環境の規制もあって、国内からディーゼル乗用車の脈略が絶ってしまったのは記憶に新しいモンだ。

 そんなディーゼルも、エクストレイルから、再び 「ポスト新長期規制」 に適合したものが現れ、ジワジワとその勢力を伸ばそうとしているのだが・・・・

 そんな、新時代のディーゼルを後押ししようと、業界団体が集まって、ある協議会ができた事を皆さんはご存じだろうか?それが

クリーンディーゼル普及促進協議会
http://www.cleandiesel.gr.jp/

なんだが、正直、そうそうたるメーカーが集まっているのに、未だ、どのように教宣して良いのか、これから、どのように 新時代 のディーゼルを普及させるかが見えてこないのが実情だ。

 まぁ、今は 新しいディーゼルがどんなモノか?何が違うのかなどを HP で紹介しているのが精いっぱいという感じだ。

 ようやく、根付き始めた 「クリーン・ディーゼル」 。こうした集まりも効果的に活用して ディーゼル の未来を切り開いて欲しいと願って止まないのだが・・・・これからの活動に期待したいと思うのだ。
Posted at 2012/06/26 12:40:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2012年06月24日 イイね!
黒煙 迷惑黒煙の通報制度をご存じ !? まぁ色んな意見はあるが、ここ数年の都内の幹線道路の空気は随分と以前より良くなったと思う。

だいたい、あの都知事のペットボトルにディーゼルの 「煤煙」 を入れた会見をきっかけとした、ディーゼル車の規制による効果が大きいと思うのだが、それでも時たま、尋常ではない「黒煙」を上げて走行するディーゼル車を見るが、そうしたクルマの取り締まりはやっているのか?と思うように、取り締まりの場面を見ないような気がする。

 しかし、実際にはこんな制度があるのをご存じだろうか。

迷惑黒煙 通報制度
http://www.tenken-seibi.com/kokuen/tsuuhou/index.html

しかも、6月1日(金)から6月30日(土)までの一か月間は 「不正改造車排除強化月間」 となっており、さらにディーゼルについては 「ディーゼルクリーン・キャンペーン」 というモンもやっているのだが、相変わらず周知徹底には至らず、強化月間が終わろうとしている。

 せっかく、環境向上や不正燃料の撲滅の為の良いチャンスなのに、どうも、この手のお役所仕事は、綿密にスケジュールや謳い文句を作っておきながら、一般には知られずというのが多すぎる様に感じる。

 ディーゼル車の 迷惑黒煙 通報制度 は通年行われているので、これは、是非多くの人に知ってもらいたいと思うのだ。

 この制度は、尋常ではない 黒煙 を上げて走行している クルマ、トラック を見かけた場合、 「迷惑黒煙の通報連絡書」 へ ナンバープレート などを管轄する運輸支局整備課あてに FAX等で通報するというもの。

  通報を受けた、運輸支局整備課で、通報内容をチェックし車両等が特定された場合には、通報された使用者宛に「自主点検のお願い」を内容とするハガキで通知することにより、当該自動車の使用者に対し指導するというもの。

 通知されたから、直ちにどうだ!という事は無いが、流石に、そんな葉書が来たらある一定の抑止力にはなろうともうのだ。

 さらに、排出される黒煙の濃度を見極めるために、TOP画像の様な 黒煙チェックシート があるので、それも参考にして欲しいと。。。


 しかし、欧州に遅れに遅れたディーゼルの色々。

昔はディーゼルは、煙は出るし、音や振動がと言っていたが、現代のディーゼルは、まったくガソリン車と同じとまではゆかないが、排気については、よほど無理をしない限り 「黒煙」 なんて出ないモンになっている。

 売られている燃料も、ここにきて漸く 低硫黄化 が進んで、それもディーゼル車の環境負荷の低減に大きく役立っているのだが、それも余り知られていなくてねぇ。

 どうも、供給側にも一定した思想などが無く、そう言えば何時から無くなったか記憶が定かではないが、バブル期の最後の方に 「プレムアム軽油」 な~んていうモンもあった様に記憶しているが、あれはどうだったのだろうか?

 なにはさて置いても、整備不良、悪意のある改造、不正燃料を使用する事によって発生する、現代のディーゼル車の黒煙について、皆さんにももっと興味を持って頂きたいという事でブログした次第だ。

 文字がやたらと多いが、一読して頂ければ幸いだ。

.「ディーゼルクリーン・キャンペーン」   
Posted at 2012/06/25 02:44:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
プロフィール
「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2012/6 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
リンク・クリップ
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 
ファン
171 人のファンがいます
愛車一覧
日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.