• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2015年09月12日 イイね!

洋琴 ピアノとクルマ

洋琴 ピアノとクルマ 最近は、ミニヴァンばかりで「威厳」とか、可笑しな「高級感」をウリにするCMが多いが、以前は雰囲気を大事にするCMが実に多かったような気がする。

 そんな中でも、ピアノとクルマのCMは実に印象深いモノがあったような気がする。

僕が印象に残っている ピアノ との共演したクルマのCMと言えば、この2本だろう。

一つは、どうしてこうもカッコ悪くなったんだ・・・と旧来からの日産のファンさえもため息を付かせた、S14のシルヴィアのモノだ。

 途中から、このCMになったのだが、実に印象的だった。


まさにピアノの調べに合わせて、シルヴィアがワインティングを舞う様子は良かったが・・・

曲は 「マイケル・ナイマン」 の 「楽しみを希う心」 だ。

映画 「ピアノレッスン」 のテーマ曲なんだが、実に悲しげなメロディながら、流れるような旋律に、思わず目を閉じて聞き入ってしまう名曲だ。


とても重いテーマの映画だったが、そこに使われたピアノの旋律は甘美で、映画は観るだけではなく聴くものもあるんだと再認識させる。

 そして、僕の年代で、このCMのことを知らない連中はいないだろうと言わしめた


早春スケッチブックでの演技に僕は打ちのめされてしまい、それ以来のファンである山崎努の存在感が、このCMをさらに孤高のモノとした。

僕は大のトヨタ嫌いなんだが、そんな中でもいくつか気になるクルマがあるのだが、そのうちの一台である、初代のクレスタのCMだ。

クレスタの存在感もそうなんだが、なんといっても立っているだけでも絵になる雰囲気の山崎努に、このジョージ・ウインストン 「Longing/Love」(あこがれ/愛)」もメロディが一度見ただけでも忘れさせない印象を与える。


ジョージ・ウインストン 「Longing/Love」(邦題では「あこがれ/愛」)が一気に有名になるきっかけとなったCMだ。

 性能や勢いを画面で表現するCMも、クルマのCMの醍醐味なんだが、そのクルマが持つ雰囲気をピアノの旋律に表して観る者の気持ちをつかむ。

 そんな心情に響く、叙事詩的なCMって現代ではできないモノなのだろうか。

一見、FRで元気印のシルヴィアなんだが、本来のスペシャルティカーとしての流麗さと、FRならではの流れるような操縦性のイメージを、水が流れるようなピアノのメロディラインで表現したCMと、一方、クルマの動きを封印して、存在感を、名優、山崎努の姿とラップさせて、落ち着いた雰囲気をピアノのメロディと重ねる。

 考えてみれば、ピアノと言う楽器がなければ成立しないCMだったと、いま改めて感じるものだ。

クルマが良い時代だったから、あり得たCMだったのかもしれない。
Posted at 2015/09/13 10:24:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 広告 | クルマ
2015年09月09日 イイね!

隔世 スカイライン・ジャパンのセクスィポジションはここだったんだ。

隔世 スカイライン・ジャパンのセクスィポジションはここだったんだ。 小糸の企業CMを見ていると、パターンが二種類あるのだが、僕のお気に入りはもちろん「~安全を光に託して~」ヴァージョン。

 最初にV37スカイラインのアップから始まって、ハイライトはなんたってC210マイナー後のアップ。

ジャパンは、このアングルから見るとスッとノーズから、Cピラーに伸びるショルダーラインのシャープさが際立って美しいモノだ。

 C210で、このアングルが良いんだよなぁっていう、昔からのファンに多いお勧めが


リヤからフロントに流れるショルダーラインのシャープさ。2HTならではの緊張した面と線のしのぎあいがカッコいい。

リヤから眺めたアングル。

 今回の、小糸のCMのフロントからの眺めもなかなかセクスィだと感じた次第なのだ。

Posted at 2015/09/10 23:52:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 広告 | クルマ
2015年02月15日 イイね!

全込 デザインかコンフォートか、安全それともスポーティなのか。

全込 デザインかコンフォートか、安全それともスポーティなのか。
欧州車のメーカーのセンスって凄いって思わせるCM。

デザインか安全か、安らぎなのかスポーティなのか・・・そのすべてがというCM。

ところで、メルチェデスって彼らにとって「コンフォート」なのかぁ。

Posted at 2015/02/15 11:58:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 広告 | クルマ
2015年02月08日 イイね!

本質 マツダにあって、今の日産に無いモノ。

本質 マツダにあって、今の日産に無いモノ。 マツダには毎回やられる。

 クルマのデキ、デザイン、フィーリングなどなどで、色々な人が色々な思いをマツダにもっているだろうけど、悔しいかな彼らには見事な開き直りがある。

 他の大手と同じような事をやっていても、どうしようもない。だったら、他所に無いクルマ好きならクルマが好きだと心底叫ぶことができるクルマを造ろうって。

 そんな心から共感するクルマが今の日産にはあるのだろうか?ハイパワーで速いけど、多くの人は(僕も含めて)電子制御のクルマに操られているだけじゃあないのか?

 限界の特性は、もしかしたら日産が上手だろう。でも、そこに至る過渡特性はどうなんだどうか。

ユーザーを大事にしているとか、ユーザーの立場に立ったイヴェントをしているって言うけど、正直、盛り上がっているのは、1970年代の SU ツゥインキャブが華やかだった時代から、1980年代バブル期のモデルばかりじゃないか。

 思わず、マツダのこの動画を見て、頬を伝わるモノがあった、僕たちは何かを忘れては無いだろうか?

 そんな、小さな頃の自分のワクワクする気持ちを思い出させる動画だと僕は思うのだ。

理屈じゃない・・・・そんな動画だ。







Posted at 2015/02/08 21:47:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | 広告 | クルマ
2015年01月31日 イイね!

系譜 歴史と確固たるブランドイメージがあるからできるCM。

系譜 歴史と確固たるブランドイメージがあるからできるCM。 BMW 3シリーズ の CM。

メーカーとブランドに歴史があって、それをメーカー自身も確固たるアイデンティをもって開発リリースしているからこそできるCM。

 悔しいかな、どっかの、実質、本社がパリの 「ビアンクール」にある国内メーカーの今では絶対にできないCMだよね。

 いくら社員が一生懸命に、旧車を復活しても、いくら旧車の連中と連帯を持とうとしても、メーカーそのものがやっている事は、ブランドイメージや、そこに根差すフィロソフィを無視して、語呂がいいから的、懐かしい名前やグレード名を使いまわせば、共感を得るだろう的な、歴史観の無い車種やグレード展開をしている様では出来ないモノだ。

 そんなことを思いながら、このCMを見ていると腹が立って仕方ないモノだ。そして、羨ましくも悔しいと感じた次第なのだ。

Posted at 2015/01/31 12:59:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 広告 | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

ファン

169 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.