車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2010年05月31日 イイね!
無上 屋根無しコロナの秘密を知っている方居ますか?古今東西のクルマの画像や資料を、暇を見つけて集めているのだが、それはもちろん僕個人の趣味嗜好である事は疑うべくも無い事実なのだが、それ以上に、集めた資料や画像を色々な場面で、色々な方々と共有して、クルマ史やクルマ論の基点、機転になれば良いと思っているからだ。

まぁ個人の主観、主義主張があるので、他人の行為をどうのこうのは言いたくは無いが、良く、ブログなどに自分のコレクションを披露して、どうだ凄いだろう・・・的に風呂敷を広げただけのパターンをよく見るが、できうるなら、そこから時代背景や、その車種、イヴェントがどんなものだったか、それでどうなったかを付記すれば、一級の資料なのに。。。と思うモノが良くある。
もちろん、その広げた風呂敷を見て、あぁこんな資料もあるんだ、こんなクルマやそれに付随するモノがるんだという発見のキッカケになるという側面も見逃せないのだが、しかし、自慢話に終始するブログなどは、残念な事に、途中で息切れがして長続きしないという風評も聞かれる。ましてや、他人様の行動や言動についてヤイノヤイノというのを見るのは非常に辛いモノだ。

グリルを逆さに装着しようが、室内のLEDに凝ろうが、キャリパーに色を塗ろうが、それが走りに関係ない無駄な事だとご指摘される方もいらっしゃったが、大きなお世話と言わざる得ないだろう。

さてさて、愚痴はこの辺にしておいて、日本車の歴史に於いて、やはりブルーバードの存在は大きなウェートを占める事は疑うべくも無い事実だろう。
タクシーという法人需要ばかりではなく、個人所有という面を見据えて、車種展開してゆく過程での、デザインや機能機構の進歩などは、まさに日本車の進化と多くが一致していると言えるからだ。

そして、そのブルーバードの好敵手である「コロナ」も、現在のトヨタを形成する大きな一助となった偉大なブランドだと僕は思っている。

そのコロナの歴史の中で一番輝いているのが三代目コロナ、RT40/50系だろう。

それまでのコロナは、タクシー需要に媚びてしまい、良く言えば質実剛健に振り、丈夫だけど個人で持つにはねぇとか、そうした反動で、デザイン主体で美しいプロポーションを纏い、高度な足回りを採用しながら、細いピラーと開口部の大きなドアなどが災いして極端にボディ剛性が弱く、フロントグラスがちょっと悪路を走ると外れる・・・などといった現在から見れば信じられないようなクルマだったりと、なかなか、その意思が花開かなかった時代が長かったモンだ。

それが、突然「アローライン」と呼ばれるピシリとしたキャラクターラインをベースに、直線と平面を基調としながら、適度にエッヂを丸める事によって美しいエクステリアを纏い、数多くのヴァリエーションを展開してブルーバードをノックアウトしてしまったのがRT40/50系だったといえよう。

何たって、そのヴァリエーションときたら


これは代表的なヴァリエーション。これ以外にも恐ろしく存在し、こんなモノまでと驚く事間違い無い

私の記憶が正しければ、

1200cc、1350cc       ダブルピック・シングルピック
1200cc、1350cc、1500cc ライトヴァン、ライトヴァン4ドア
1200cc、1350cc、1500cc、1600cc セダン
1500cc、1600cc      H/T(ハードトップ)
1500cc            5ドア

が存在する筈である。。。

あまり数は出ていないが、RT46/47系と呼ばれるピックアップは


これが「ガテン系」のコロナ・ピックアップだ!!

その直線的なエクステリアから、なかなかスタイリッシュで格好が良かった。

そして僕が、このラインナップをして「筈」と書いているのが、実は良く分らないRT40/50系コロナがあるのだ。それがTOP画像の「TOYOPET CORONA CABRIO」だ。

モーターショウのモデルなのか?それと限定車なのか?勉強不足で正直皆目検討が付かないのだ。

十年一昔というが、いやはや、40年も前の事になると、まったく資料が少なく記憶も曖昧で困ったモンである。

直線的なショルダーラインの処理も際立って、このカブリオレはなかなかセクスィである。

多くの賢明な皆さんのお知恵を拝借して、ぜひ、このコロナの謎が解決できればと思うのだが・・・もしかすると、面白い日本車の歴史の一頁を開拓なんてなる事を期待しているのだが、果して・・・



Posted at 2010/05/31 00:52:29 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2010年05月30日 イイね!
御祭 商店街の祭りに遭遇しました。日曜日のお昼時、通りかかった商店街のある通りが「祭り」で通行止めとなっていた。

時間もあることだし・・・という事で、ちょっと先の、ガソリンスタンドが併設されているコンビニで、ガソリンを少々給油して、コンビニの駐車場をお借りして、祭りを散策した。

フリーマーケットも一緒にやっていて、懐かしい本や玩具があり、そして「祭り」と言えば「ヤキソバ」、「焼き鳥」などなどを所望した。
いやぁ結構食べたなぁ・・・と思っていたが、目の前に、もっと懐かしい「綿菓子」屋さんを発見!

いやぁ・・・今日、初めてやるもんで。。と少々、扁平な「綿菓子」と、オマケにと練習で作った小さな「綿菓子」をもらった。

懐かしい味がした。

そのウチに、商店街の通りが人であふれ出して、脱出の為に商店街から一本、路地に入ると・・・・実に気持ちの良さそうに猫が窓際に寝たいた。

今年は寒暖の差が大きくて、寒い日が多かったが、この日は曇り空ながらポカポカと暖かい陽気。

さぞかし、この猫も気持ち良いのだろうなぁ・・・とちょっぴり羨ましい気持ちで商店街を後にした。

偶然の遭遇だったが、久々にのんびりとした気持ちになった日曜の午後であった。
Posted at 2010/05/31 21:45:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2010年05月29日 イイね!
鉛筆 大人の塗り絵「マイクラC+C」編今日は珍しく休みとなったんだが、子供の参観日で半日が過ぎた。

小学生一年の授業とは、どんなモンだろうかと興味津々だったのだが、色々な意味で良い刺激となった。
ちなみに私は、中学と高校の「技術家庭」の教員になろうと教職課程を取っていたが、実習がイヤで結局授業は受けたが、免許までは取得しなかったのだが、教えると言う点では、小学生も中学、高校生も同じである。

それにしても現代の先生方の忙しい事と言ったら・・・・

ウチへ帰り、PCを覗いていると欧州から印象的な「マイクラC+C」の画像がやって来ていた。

う~ん、折角なので何かできなか?と考えたあげく、出来たのが TOP 画像の鉛筆画だ。

下のオリヂナルの画像をベースに、ぜひぜひ、イマジネーションを働かせて、オリヂナルの 「マイクラC+C」 を造って欲しい。いわば「大人のぬりえ」だ。

さて、どんな 「マイクラC+C」 ができるのか?楽しみだ。
Posted at 2010/05/29 22:27:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2010年05月28日 イイね!
色付 探せばスカGT-Rのぬり絵だってあるんだねぇ。。







先日、CADで作った塗り絵を紹介したが・・・

塗色 ADを塗って見よう。
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/18231695/

さらにネットで探すとこんなフリーの素材が・・

これはなかなか、塗り甲斐があるかもしれない。
Posted at 2010/05/28 12:58:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | スカイライン | クルマ
2010年05月26日 イイね!
堂々 海外の画像に、このクルマたちが!?いやぁ・・・眠い。。。此処の所仕事が多忙で少々お疲れ気味なんだが、それでも、ついつい溜めに溜まったヴィデオの編集に勤しんでいるのだが・・・

そうした過酷!?な作業の中でも、ひょんな事から真夜中だというのに、思わず感嘆の声を上げてしまう事が度々あるものだ。

一昨日も実は、海外から頂いたヴィデオテープ、サファリラリーのライブラリーなんだが、それを見ていて思わず声を上げてしまった!!

それがTOPの画像だ!!!

なんたって、懐かしいルーチェやら、まわりにも見たことのある様なクルマが多数写っていたりして・・・

そういえばルーチェはトミカの話題で最近チェックしたばかり・・・

再来 ルーチェ・レガートが帰ってくる!?
http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/17681312/

こうしてみると、如何に日本車が海外に進出しているんだなぁと再確認した次第だ。

他にも、たくさんの日本車が写り込んでいるので、ぜひぜひチェックしてみて欲しい。。。おかげで、ラリー車そっちのけで、ヴィデオを観はじめてしまったしまった事は内緒だ。(笑)



Posted at 2010/05/27 03:09:38 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
プロフィール
「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2010/5 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
リンク・クリップ
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 
ファン
171 人のファンがいます
愛車一覧
日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.